1710151.jpg

 英語のアルファベットを並べるフレーズはあまり好きではないのですが、毎度、これが届くと感じざるを得ない「SMARTモデル」がいない、と。容姿端麗、性格柔和な人のことではありません。

S=Specific →具体的であること
M=Measurable   →計測可能であること
A=Attainable   →達成可能であること
R=Relevant    →適切であること
T=Time Phased  →期限付きであること

 これは、新しい目標を立てる時や、問題を改善するための指針です。

 今、選挙を前にメディアを通じて、そして街頭で、最近ではSNSで、多くの候補者の方々が様々な政見を述べられています。ただ、SMARTモデルに欠けるものばかりしか目にも耳にも入って来ません。

 今回もまた、SMARTな候補者を見つけるのに苦労します。       


にほんブログ村
1710131.jpg


 高校の社会科(歴史)の恩師からの情報。今年は慶応3年(西暦1867年)の大政奉還から150年。それを機に全国龍馬会から18人が高知から京都まで歩かれるそうです。四国山地では標高1,015mの笹ヶ峰を越えられるとか。
 
 龍馬は歴史上の人物という印象が強いです。そして維新以来の移り変わりは激しく、「明治は古くなりにけり」は既に古語となり、昨今では昭和の時代でさえ懐かしく思われる世になりました。しかし暫し考えてみますと、キヨタが生まれたのは大政奉還から90年後、そこから60年生きてきているのですから、存外、明治維新は身近にあったのかも知れません。

 もしも明治時代に生まれていたなら、子規や漱石と出会えていたのでしょうか、それとも二百三高地で露と消えていたのでしょうか。

 そうそう、大政奉還の日は10月14日だったそうです。鉄道記念日の陰に隠れていましたね。

 
にほんブログ村
17101122.jpg

横浜市の中南部にある横浜市電保存館。横浜市にもかつて市電が縦横に走っていましたが、今は皆無。その廃止になった市電に関する展示館です。

17101109.jpg

17101110.jpg

日本初の鉄道が開業されたのが1872年10月14日。新橋と横浜(現在の桜木町)間を53分で結んでいました。今でも東海道線の電車で30分弱ですから、思っていた以上に速かったようです。これは、その当時の蒸気機関車と車両の模型。

17101118.jpg

市電の模型も展示されています。

17101121.jpg

17101119.jpg

実際に使われていた車両も置かれ、立ち入ることもできます。

17101123.jpg

17101125.jpg

17101116.jpg

17101124.jpg

こちらも実際に使用されていた女性の車掌の制服。

17101120.jpg

それぞれの時代の市電運賃と物価の比較表。

17101101.jpg

横浜市の歴史も掲示されています。

17101117.jpg

横浜も太平洋戦争での空襲で大きな被害を受けましたが、その復興のシンボルとして市電が希望の灯を点しました。

17101111.jpg

昨今の自然災害からの復興にも鉄道は大きな役割を担っています。

17101112.jpg

館内には、国内外を問わず、様々な鉄道車両の模型が展示されています。多すぎて少し散漫になってしまう気もしますが、一つ一つを見ていると旅情を誘われます。

17101115.jpg

17101105.jpg

四国育ちにとっては、この特急用気動車は、子供の頃の憧れの車両でした。

17101114.jpg

保存館の一番の目玉は、ジオラマ。大小3つあり、大きなジオラマは一番奥にありますのでお見逃しの無いよう。なお、運行時間は決められていますので、予め調べて訪ねてください。

17101103.jpg

17101108_201710112044112ab.jpg

17101107.jpg

運転のシュミレーションもできます。

17101106.jpg

1904年に開業した横浜市電は、1972年に廃止されました。省エネに向けて、もう一度見直されてもよいかも知れませんね。

17101102.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
山下公園前の銀杏並木は秋の気配よりまだ夏の名残りを強く感じます。

17100815.jpg

 元町。横浜市内人気の商店街なのです。一番の久しぶりに訪ねてみましたが、あまりわくわくした思いが起こりません。ショッピングが目的ではなかったこともさることながら、物欲がなくなったためでしょうか。老舗もありますが、ディスカウント系のお店が増えてきているように感じました。

17100812.jpg

17100817.jpg

17100814.jpg

17100805.jpg

17100813.jpg

 霧笛楼。商店街のメインストリートから一本奥の通りにあります。フランス料理店ですが隣接して洋菓子販売店もあります。

17100818.jpg

17100819.jpg

 今治浴巾のお店(事務所?)もありました。

17100810.jpg

 商店街の入り口から2,3分の所に横浜市の中心地近くとは思えない、釣り船店が軒を並べています。

17100807.jpg

17100808.jpg


 その後、本牧へ向かいました。元町を感じるには少し天気が良すぎたようです。

17100801.jpg

17100816.jpg

 『本牧館』。人気のパン屋さんです。バス通りに面しています。

17100809.jpg

 銭湯は営業中のようです。

17100802.jpg

 この後、『横浜市市電保存館』へ向かいました。    続く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
1512192_20170930190034243.jpg

これは、高校3年の時、インターハイに出場した時、国立競技場のスタンドに掛けた母高の部旗。

 日が暮れると虫の音も聞こえるようになり、早くも9月が終わりました。中島のトライアスロン大会が終わりトレーニングもサボり気味。僅か1ヶ月で体重が3㎏も増えてしまいました。そんな9月ですが、後半には、様々なイベントや出来事がありました。

 9月16日、今治でキヨタの母高の同学年会がありました。卒業して42年、皆、還暦を迎えました。この日、四国地方は台風の直撃を受け、会の始まる時刻には丁度、今治市に最接近していました。山沿いの地域には避難警報が出たり、川の決壊が懸念されたりした中、80人程が集まりました。当時、1学年は400人弱でしたので、その中でも在校時から行いの悪かった者だけ集まったのでしょうか。それでも会が終わる頃には台風も通り過ぎ、市内では大きな被害はでなかったようです。今回は生徒達だけの集まりでしたが、いつかまた、恩師も交えて集いたいものです。

 恒例の還暦衣装(写っているのは私ではありません)。地元だけでなく、東京などでも活躍している同級生には励まされます。

1709301.jpg

 高校の卒業式当日の写真です。一緒に生徒会活動をしていた仲間ですが、今回は誰とも会えず残念でした。

1709305.jpg

 翌朝、実家の木の枝が折れていましたが、幸い家屋や車両が直撃されることはありませんでした。

1709308.jpg

 翌17 日、横浜へ帰ろうとしたら、JR予讃線(四国の瀬戸内海沿いに走る路線)の一部が台風の影響で不通になり代替バスを乗り継がなければならなくなっていました。出発直前の夕刻に今治駅に着いて知ったのですが、これでは予約していた岡山からの新幹線には間に合わないどころか、その日の内に横浜へ着けるかどうか分かりません。急いでしまなみ海道の高速バスで福山へ向かい、新幹線に乗車、その日の内に横浜へ着くことができました。

 バスの車窓から見える瀬戸内は穏やかな台風一過でした。

1709306.jpg

1709307.jpg

 なお、学年会前日は、今治に帰った時に寄っている「もんじゃ居酒屋だんだん」でお店の方からギターのお話をお伺いしました。学生の頃はいつもギターを弾いていたのですが、弦を抑えると指先が痛くなり暫く弾いていません。弦にもいくつか種類があることを教えていただきました。次回、実家で眠っているギターを持って行って修理をしていただくことにしました。

 その翌日の18日は、東京で旧知のトライアスリートの集いに参加しました。メインは
世界選手権の年代別で8位になったエース君。皆さん、トライアスロンやマラソンに熱心に取り組んでいる方ばかりです。多くの方とは初対面でしたが、共通の話題で盛り上がりました

1709302.jpg

1709300.jpg

 会場は渋谷駅近く。ここに降り立ったのも何十年ぶりでしょうか。危うく都会の真ん中で迷子になりそうでした。

1709309.jpg

 23日は、人生初のアメリカンフットボールの生観戦。アメフトはテレビのスポーツニュースで見る程度の関心しかなかったのですが、目の前で見ますと、選手の動きだけでなく、ヘルメットがぶつかり合う音の迫力には圧倒されました。ルールを知って、もっと面白く観られるようになりたい、と思いました。

1709303.jpg

 29日。世間ではプレミアムフライデーと言われる毎月最終金曜日ですが、取引先や顧客やとの繋がりの中では、夕方早くに仕事を終えることは難しいです。しかも今月は殆どの企業が期末を迎える9月の最終営業日でした。プレミアムフライデーを見直そうとの動きもあるようですが、当然でしょうね。
 それでも定時には仕事を終え少し寄り道をして、暫くご無沙汰していたお店に軽く飲みに出かけました。場所は西麻布。店主はキヨタより1歳下。鳥取県出身で、この地にお店を出して30年ほどになります。当時は頻繁に通っていたのですが、転勤などで足が遠のき、今回、ほぼ15年ぶりに訪ねてみました。予め連絡はしていなかったので、まだ続いているかどうか多少の不安はありました。周囲の環境はかなり変わっていましたが、お店は通いなれた場所にありました。店内に入ると調理場には15年前と全く変わらない店主の顔と体型で迎えてくれました。込み合っていましたので、ゆっくり話をすることはできませんでしたが、懐かしい味を堪能することができました。

1709304.jpg

 再会と出会いの多い2週間でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村