具体的に何をすべき

 社会人向けの通信教育の添削をしていて、いくつかの講座を担当しています。この通信教育は○×式の解答を求める設問だけでなく、記述式での回答を求める設問も多くあります。結構、採点には苦労します。○×ならそれこそ正解・不正解の判断も明白ですが、記述式となりますと多少、主観の入る余地もあり同じような回答に対しても採点が僅かながらも異なる時があります。他の設問に対する解答も含め全体の回答の流れの中で判断しているので適切かどうかを判断しているのが主な理由です。それが解答と回答の違いのように感じています。

 それはさておき、その記述式の設問には、現状での職務上の課題とその克服に向けてどのように取り組むかと言う回答を求めるものがいくつかあります。講座の内容は新入社員から管理職まで、個人に関することから組織全体にわたることまで、幅広くあり、皆さんから回答を寄せられます。そんな多くの方々の回答の中で、共通していつも気になっている傾向があります。

 設問の中で、職務上での現在の問題点や課題を挙げ、その改善や克服に向けどうすべきか、という解答を求めるものがあります。それに対し、ここが問題で、解決に向けて、ああしたい、こうすべきだ、とそれぞれの回答が寄せられます。皆さん、熱心に回答してこられるのですが、その殆どの解決策が抽象的はレベルで終わってしまっています。方向性としては極めて適切なことを回答しておられるのですが、残念ながらその解決策を実行するためにどうするか、と言う具体策まで書かれていません。

 「具体的、計測可能、達成可能、適切、期限付き」。これは問題点を解決し、ステップアップしていくための視点として重要なことと言われています。裏を返せば、抽象的で、計測不能。達成できるかどうか分からず、必ずしも適切とは限らない。そしていつ実現できるか分からない。こんなお題目を唱えても、問題は解決しないということです。因みにこの5項目はビジネスだけに限らず、私生活の向上策やスポーツトレーニングにも当てはまることです。

 ところが回答の多くは、抽象的で、達成できるかどうか分からないことが書かれれています。良く見かけるのは、「論理的思考力を身につけたい」、「周りから信頼されるようになりたい」、「冷静に対応できるようになりたい」等。ただそのために、具体的に何をすべきかまで書かれていません。添削採点者としては、そのような回答に対して、「何を、いつまでに、どのような方法で実践するかを表してください。」とコメントしています。時には机上論的な回答に対して「一般論や理想論でなく、あなたが本当に実現できることを書いてください。」とコメントすることもあります。


 16日に向けて、街頭やマスメディアから随分、威勢のいい言葉ばかりが聞こえてきます。どれもこれも、問題解決に向けての取り組み方に対する反面教師としては最適な言葉ばかりです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

人為的ミス

  オスプレイについて、今年海外で起きた2件の墜落事故の原因について日本政府も、「人的要因で、機体のシステムによるものではない」との見解を発表、国内での飛行を認める安全宣言を出しました。これで10月中に普天間飛行場で本格運用が始まる見通しとなりました。

 オスプレイの物理的な構造やその安全性に関しての知識はないが、立て続けに起こる事故を、人的ミスだけで片づけて良いものかどうか、との疑問は残ります。

 オスプレイに限らず、日常のシステムや制度、機材の運用上、ミスが続く時、単にそれを運用、操作する人にのみ原因があるとは考えにくいのです。人にはミスはつきもので、どれ程優れたシステムであってもミスは起ります。ただ、オスプレイの様に、複数の操縦者が、複数の場所で事故を繰り返すのは、オスプレイに人の能力が付いて行っていないように思えます。人が事故を繰り返すのは、人の責任だけでなくオスプレイそのものに事故を誘発しやすい欠陥や未整備の所があると疑われます。人が安全に操作できないシステムは、操作できない人に原因があるのではなく、安全に操作できないシステムが未完成であると思います。

 会社の中でも社員はミスを犯します。その時、単に社員を責めるだけでなく、手順や仕組み、組織全体の中で、人がミスを犯しやすいところがないかどうか、見直してみることも大切だ、と感じました。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

ジョハリの窓

 今、キヨタは生き甲斐に近い趣味としてトライアスロンを続けています。トライアスロンを始めてから今年で28年目になります。得た物は少なくありません。ただ、トライアスロンと言うスポーツは、キヨタにとって必ずしも適性のある「競技」ではないと自覚しています。
 先日も書きましたが、トライアスロンと言っても様々な競技形態があります。代表的なのはスイム3.9㎞、バイク(自転車)180㎞、そしてランニング42.195㎞。アイアンマン(鉄人)レースと言われます。一方、スプリントと言われスイム750m、バイク20㎞、ラン5㎞のレース、あるいは初心者やファミリー向けのもっと短い距離のレースもあります。ただ、スプリントと言っても、アイアンマンレースから比べればかなり短いだけで、一つ一つ、そして3種目を合わせれば、十分に耐久レースです。ヒラメ系筋肉質のキヨタにとってはあまり得意とは言えない分野です。スポーツ競技としては、他に得意な種目もないわけではありません。ただ、海で泳ぐことができ走るのが好き、という点では、向いているスポーツではあります。スポーツや趣味に限らず、本業の仕事においても、自分の性格や得意分野、能力などを考えた時、何に向いているのか、不向きなのか、自分自身でも分からないことは多くあると思います。ただ、自分自身にとって最適な場所で最適な時間を過ごすことは、とても幸せなことかもしれません。では、自分にとって何が最適か。

 ジョハリの窓。これは自分の中には2側面の自分があるということを示す考え方です。自分の中には大きく分けて2側面×2。つまり四つの窓があるという考え方です。
 四つの窓。それは、
① 開かれた窓
   自分も知っていて他人も知っている。
② 隠された窓
   自分は知っていても他人は知らない。
③ 気づかない窓
   自分では気づかないが他人は気づいている。
④ 閉ざされた窓
  自分も気づかず他人も知らない。
というものです。

 一般的に、良好な人間関係を築くには開かれた窓を大きくした方が良いといわれます。
 そして開かれた窓を大きくするためには、
・自己表現の強化
  隠れた部分を公開していく。
・自己覚知の強化
  気づかない部分に気づく。
ことが大切だと言われます。
 
 これは、あくまでも「一般的」にといいうことで、キヨタは必ずしも、そのようには思いません。特に自己表現の強化と言っても、敢えて他人に知られたくない(知らせたくない)自分があってもいいはずです。また①、②、③は本人であれ他人であれ、誰かが気づいているのですから、その部分を伸ばしたり方向修正することは比較的容易にできるとおもいます。
 ただ④に関してはそうではありません。その人にとって、とてつもなく凄い能力や適性が、本人自身も含め、気づかれることなく閉ざされているかもしれません。本人も他人も知らない能力。それは誰にもあるはずですし、それを見つけて伸ばして行けば…。そのためには、いろいろなことに興味を持って挑戦してみることが必要でしょうが、限られた時間や環境の中で、どれだけ見つけることができるか。その為には、自分に不向きと思われることに使う時間や労力を削ることも必要かもしれません。そして自分にとって不向きは事は③の窓に多くあるに思います。

 ビジネス社会や教育現場、家庭の中でも、その人その人の④の窓に閉ざされている物を見つけ大きくしてあげること(自分自身で大きくすること)は心がけたいと思います。しかし④の窓を開くには時間と労力が必要ですし、それにもまして運(指導者との出会いや、機会等)にも大きく左右されるように思います。短期間で結果だけを求められるような環境ではなかなか④の窓を開けることは難しいかもしれません。それでもそのの人にとって、より良い時間をより良い場所で過ごしていくためには大切なことと思います。

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コンコルド症候群

  一度始め出したら途中でそれが失敗だったり誤った方向だと気づいても、始めたことに対するメンツにこだわったり、始めてからの経済的・人的・時間的・精神的投資を惜しみ、引くに引けなくなった状態を指すのだそうです(指す野田総理、ではありません)。

 超音速旅客機コンコルドの失敗から生まれた言葉だそうです。英仏で開発され、1969年の初飛行で実用化されたました。キヨタの何となくですが、当時は夢のような飛行機ができたと記憶しています。
 ただその後は、騒音や燃費問題などで赤字運行が続いていました。しかし運行していたエールフランスと英国航空は開発国のメンツにもかけ運行を止めるわけにはいかなかったそうです。そしてその状況が改善されないとわかっていながらも運行を続けました。それを揶揄して生まれた言葉が「コンコルド症候群」たそうです。
 結局、そのコンコルドも2000年の墜落事故や航空業界全体の不況など影響を受け、2003年に運行を終了しました。
 
 使い道の決まらないまま消費税が増税されることになりそうです。福祉目的と謳われても、お金に色がない以上は削られるべき所が手つかずのままでは、本来上げなくても済む税金が上がることになりかねません。政治生命をかけて(=懸けて?賭けて?)突き進んだ総理。コンコルド症候群でなければ良いのですが。

 ただ、コンコルド症候群。私自身も他山の石とすべきかも。

 けれども、問題は今日の雨…(BY 井上 陽水 さん)。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

 

人は間違いを犯すもの

 「○○大学教授が逮捕された。」あるテレビ局の番組の中で流れたテロップです(実際の放送では○○が実際に存在する大学名でした)。実はこれは誤った情報で、テレビ局員が練習のために作成したテロップが誤って本番で流れてしまったそうです。本番中にアナウンサーが訂正とお詫びのコメントをし、○○大学へへはテレビ局の責任者が謝罪に行ったとのことでした。

 ここで思うのは、テロップが誤って流されたことではなく、例え練習用とは言え、何故このような文章を練習用で作ったのか、ということです。他にいくらでも文言はあったはずです。

 ビジネスでは、人は間違いを犯すもの、との前提で物事を組み立て実践することが重要だと思っています。勿論、過ちを犯さないことが理想ですが、なかなかそうは行きません。ですから間違いを犯してもそれをカバーできること、被害(影響)を最小限にできること、行き詰ってもバイパスを作っておくこと、を考えています。それでも思わぬ出来事が起こります。

 今回は、万に一つでも、テロップが誤って流れてしまうかもしれない、ということも考えておかなければならなかった、と思います。それに備えていれば、このような不適切な文言を練習用として作ることはなかったでしょう。他にいくらでも文言はあったでしょうに。

 他山の石としては貴重でした。

**********************************
 2月18日午前中の練習
  多摩川ラン  
    アップ  2㎞
    ウィンドスプリント  100m×2
    ペース走 ヨーコ キロ5分 12㎞
              タイム 59分10秒
           キヨタ キロ5分30秒 10㎞                  
              タイム 54分14秒
    ジョグ  2㎞


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR