全日本大学野球選手権大会(愛媛大学VS福井工業大学)

 相手側応援席からの大声援が響き渡るスタンド下の通路を急ぐ。通路からはグランドの様子は見えない。既に1回の表に先取点を取られ1点をリードされているのは電車の中で知っている。試合開始予定は16時30分だったので、仕事帰りでも試合の中盤以降からは観戦できるだろうと思っていたが、予定より開始が遅れているようだ。時間的には3回表の相手側の攻撃中だろう。追加点を奪われたのだろうか。通路からスタンドに出る。グランドでは守り終えた選手が自軍のベンチに引き揚げてくるところだった。スコアボードを見あげる。追加点は取られていない。0対1のまま。試合はこれからだ。席に着いた途端、先頭打者が3ベースヒットで出塁。さぁ、反撃開始だ。

1606063.jpg

 神宮球場と東京ドームを舞台に開催された第65回全日本大学野球選手権大会。全国各地からリーグ戦や地区代表選を勝ち抜いた27校が参加している。その中で唯一の国公立大学の愛媛大学。四国代表だ。その1回戦は東京ドーム第4試合。対戦相手は福井工業大学。最近は高校野球でも甲子園で躍進している北陸地区の代表校だ。とは言え、例年、東京六大学や首都圏、そして関西地区の代表校が上位に進出する大会では、この組み合わせなら勝機もある、と期待している。私の出身校ではないが、愛媛からでは応援団も少ないだろうから枯れ木も山の賑わいだ。そう思い駆けつけた試合だ。

1606061.jpg

 応援団は思っていた以上に少ない。控えの選手が20人程、他にマネージャーの女学生数人が一塊で声をからしている。大太鼓が1つあるだけで、ブラスバンドなどない。後はOBと思われるような年代の方が十数人、スタンドの思い思いの場所に座っているだけ。もっとも人数だけなら相手側も同じようなもの。ただ向こうにはトランペット隊が数人いて、応援を盛り上げている。高校野球のような華やかさは全くない。その代り、ボールがバットに当たる音や、グラブに収める音が良く聞こえる。プロ野球の試合なら先ず手に入らないベンチ脇の前列でも、周囲を気にすることなく座ることができる。学生野球なので流石にビールを飲みながら、という気分にはなれないが、本来の野球観戦の醍醐味を味わうこともできる。接戦の試合の行方も楽しみだ。

IMG_2393[1]

1606062.jpg

1606064.jpg


 ノーアウト3塁のチャンス。空かさず次打者がタイムリーヒット。忽ち同点だ。さらにヒットが続きノーアウト1,2塁。畳み掛けるように手堅い送りバントが決まりワンアウト2,3塁。ここで3,4番に打順が回る。一気に逆転だ。応援団のボルテージも上がる。ところが後が続かず、同点止まり。試合の流れを掴みきれなかった。

 往々にして野球では、このような逸機の後にはピンチを迎える。不安は的中。直後の4回表に1点を勝ち越され、続く5回にも1点を積み重ねられてしまった。1点ずつ取られるは、結構ボディブローのように効いてくる。得点差以上にじりじりと追い詰められていく感じだ。6回から登板したリリーフ投手はピンチを迎えながらもなんとか無失点で抑えるが、攻撃陣は尻上がりに調子を上げる相手投手に内野安打1本(しかも直後に併殺打)と封じ込まれてしまっている。4回から8回まですべて3人ずつで攻撃を終了。得点差以上に重苦しい雰囲気が愛媛大学に圧し掛かったまま、1対3で迎えた9回表、福井工業大学の攻撃。セオリーなら3者凡退で抑え、リズムよく9回裏の逆転に向けての攻撃を迎えたい。ところが、それまでこの試合では無失策だった守備陣に二つの悪送球が続き、ダメ押しとも思われる1点を無駄に献上してしまう。こうなってしまうと万事窮す。9回裏も2アウト、ランナーなしまで追い込まれ、最後は見逃しの三振でゲームセット。結果論ではあるが、3回裏のチャンスを逃してしまったのが敗因か。改めて、野球の試合での流れの重さを感じさせられた。

1606065.jpg


 今回は健闘及ばなかったものの、縁あって愛媛で学び、鍛えている学生さんたち。4年生は残り少ない学生生活を、下級生は来年、再来年に向け愛媛で貴重な青春時代を過ごしてほしいものです。



にほんブログ村


にほんブログ村

高校野球雑感(今治市内4高、親善野球大会)

 キヨタが高校在学当時、今治市内で野球部のある高校は4校でした。その4校が集まり、毎年、親善野球大会が開催されていました。5月だったと思います。新入生(新入部員)が入り7月の夏の甲子園の県予選が始まる前でした。毎年、対戦校を変えて2試合行われていました。ここまででしたら、何処にでもある部活動の一環としての近隣校による練習試合のようなものでしょう。ところが今治で行われたのは単に野球部同士だけの親善試合ではなく、各校とも学校行事として行われました。全校生徒が応援に駆け付け、市営球場に集ったのです。勿論、平日。授業を休んでの行事で、各校生徒の親善を野球を通して行うという意義があったようです。愛媛県内の他の市でも行われていたのかどうかは分かりませんが、私が大学や社会人になった時に県外の知人友人に尋ねてみても、少なくとも知人友人の住んでいた他の都道府県でこのように学校行事として親善野球試合が行われている所はありませんでした。
 実家の近所には甲子園に出る選手の家に幟が立てられる年も多く、子供心にも高校野球選手への憧れはありました。ただ小学校の野球部にも入部テストがあり、野球選手になりたくてもなれず他のスポーツに行かざるを得なかった子もいました。私もその一人です。
 また、夏の甲子園大会の県予選も1回戦から全校応援。当時の松山市営球場で試合がある時は学校前から貸し切りバスを連ねて行きました。私の在学していた高校は当時、県予選でもせいぜい3回戦止まり、3年生の時は1回戦敗退。そんな野球弱小校でも当たり前の応援風景でした。私が今住んでいる神奈川県も愛媛県に劣らない(むしろ近年では神奈川の方が優れているかな)高校野球のレベルと熱の高い所ですが、全校応援になるのは準決勝以降くらい。普通の公立高校の1、2回戦では野球部員の友達十数名、先生数名、後は部員の父母だけという応援席も珍しくありません。これにブラスバンド部員とチアリーダーが数名いればかなり目立った応援団になります。校旗も掲げられず、応援団長もおらず試合前後のエールの交換もなされない、という試合も少なくありません。それに比べますと、やはり今治は野球の街だった(過去形?)と、改めて感じます。今でも、親善野球大会は行われているのでしょうか。


にほんブログ村

高校野球雑感 (3時代制覇を目指して)

1604021.jpg

 今年、最初のプロ野球観戦は、昨年同様、神宮球場開幕試合でもある阪神対ヤクルト戦。阪神先発は今年も藤浪。昨年は初回に阪神が3点先取しながら、逆転負けでした。今年も阪神が先行。調子が上がらない藤浪に心配していましたが、何とか粘り逃げ切りました。

 そのプロ野球開幕に先立ち開催された第88回回選抜高校野球大会は、高松商業が準優勝で幕を閉じました。四国の公立高校の活躍には心弾みます。しかも伝統校ですからね。キヨタと同年代の知り合いには、甲子園で高松商を応援したくて鳥取県から高松商に進学した人もいるくらいです。それでも決勝戦前、高松商に勝ってほしい気持ちが4分、勝たなくても良い気持ち6分の割合でした。それは、高校(中等学校)野球の記録に関わることだったからです。

 高校野球の前身である旧制中学の野球全国大会が初めて開催されたのは大正4年(1915年)でした。それから昭和を経て平成まで三つの時代に亘り続いています。その間、春と夏の大会に全国から多くの学校が参加し、強豪校が優勝の栄冠に輝いてきました。その中で、大正、昭和、平成とそれぞれの三つの時代に優勝を果たしている学校は、今のところ、ただ一校しかありません。
さて、それはどこでしょうか。答えはCMの後で?
 
 その資格を持つ大前提は、何と言っても大正時代に優勝した学校に限られます。そこから絞って行きますと、大正時代に優勝したのは12校。更にその中で、昭和でも優勝したとなると5校に絞られます。その一つが高松商。ただ、高松商は平成になってはまだ甲子園では優勝していませんから外れます。とは言え、第1回選抜大会優勝の高松商は翌年の夏の大会でも優勝し、春と夏の大会でそれぞれ優勝した初めての学校、しかも一度だけ昭和2年に開催されたその年の春と夏の大会で優勝した学校同士の対戦(言わば、その年のナンバー1を決める決戦試合)で、夏に優勝した高松商は春優勝の和歌山中(現在の桐蔭高校)を破って日本一になっています。それ程の実績を持つ高松商でも、平成ではまだ優勝できず今回はその最大のチャンスでもありました。
 
 そして残った候補の4校とは。桐蔭高、関西学院高、広島商、そして松山商です。高松商も含め何れも瀬戸内海に面した県にある学校ばかりです。さらに4校から絞って行きますと、桐蔭は昭和2年、関西学院は昭和3年が最後の優勝です。そして広島商の一番最近の優勝は昭和63年。そして残ったのは野球王国愛媛の松山商。唯一、大正、昭和、平成の時代で優勝を果たした学校です。

 松山商の初優勝は大正14年の春、昭和7年に二度目の優勝。その後、昭和で4度優勝するも、暫く低迷しました。四国全体のレベルも高く、特に夏の大会は、愛媛と香川両県で北四国代表として1校しか出られない時期も長かったのも原因でしょう。それでも平成8年の夏、「奇跡のバックホーム」として語り継がれる熊本工との死闘を制し3時代での優勝を果たしました。通算優勝回数や勝利数などが話題にはなりますが、これも立派な記録だと思います。この先、優勝回数や勝利数を伸ばすことは全ての学校にチャンスはありますが、過去のからの記録は変えられませんから。ですから、今大会、高松商が決勝に進出した時、松山商の記録に並ばれる可能性があることに、愛媛出身者として、そして四国出身者として複雑な気持ちが湧いたのです。

 平成が長く続いて、残り4校の中から史上2校目の3時代制覇の学校がでるのでしょうか。そして20年優勝から遠ざかっている松山商が次の時代に向かって駆けて行くのでしょうか。楽しみです。


にほんブログ村

子規さんや 球春の宵の 酔いも良い

1504121.jpg

今年もやって来ました、球春。一足先に甲子園では選抜高校野球が開催され正岡子規の母校の松山東高の善戦も話題の一つになりました。同校は昨夏から愛媛県内では安定した戦績を残していましたから、甲子園でも立派な戦いぶりを披露してくれました。ただ愛媛も最近はサッカーチームも複数誕生するなど、少子化の中で選手確保も難しくなるのでしょうか。キヨタは野球部に入れなくてしかたなく駆けっこを始めたのですが。

さておき、今シーズンのプロ野球初観戦は昨年に続き神宮球場でのプロ野球「阪神対ヤクルト戦」。神宮球場でのオープニングゲームということで、試合開始前のセレモニーから盛り上がりました。始球式にはなんと、さだまさしが登場。キヨタが高校生の頃からのファンでしたが、生さだまさしを初めて見ました。白い羽織袴姿で見事ストライク投球。

1504122.jpg

1504123.jpg

 試合は1回表に阪神が3点を先取。スタンドを吹き抜ける春風はやや肌寒いものの幸先の良いスタートで、しかも阪神の先発投手はヨーコが大ファンの能見。今日はビールが美味しいぞ、と余裕の観戦態勢でした。ところが追加点を奪えないままにジリジリと追い上げられ、終わってみれば逆転負け。野球にある幾つかの負けパターンの典型。試合終了と同時に足早に球場を後にしました。


 ところで、この神宮球場のスタンドから見える風景。昨年までと変ったところがりました。昨年まではレフトスタンドの向こうに国立競技場が見えていました。その競技場、2020年東京オリンピックに向けて建て替えのための取り壊しが進んでいました。高校3年のインターハイの舞台が国立競技場。後にも先にも1度だけ走った競技場も、春の夜の夢の如く解体されて行きます。また別の舞台を探しましょうかね。

1504124.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

3→6→1

1410131.jpg

10月。高校野球は来春の選抜大会出場に向けて重要な地方大会の季節。既に県大会で敗れたチームは来夏に向けて始動。私達が神奈川県内で応援している高校。夏の大会ではずっと1回戦コールド負けが続いていますが、この秋、神奈川県内をいくつかの地区に分けて行われた地区大会で2勝1敗ながら県大会出場権を獲得。その県大会の1回戦では9回逆転勝ち。なんと2回戦に進出しました。
 2回戦は甲子園出場経験のある学校で、敢え無くコールド負けをしました。そして試合終了後の挨拶の写真。左側が応援している学校ですが、ご覧のとおり相手チームと比べて選手の列が少ないです。部員数は12人しかいません。春に新入部員が入ってくるまで実戦形式の練習は難しいかも知れませんが、夏の大会初勝利に向け弾みの付く秋だったかもしれません。

1410132.jpg

プロ野球では日本シリーズ進出をかけて、クライマックスシリーズ開催中。一方でキヨタの故郷、愛媛県出身の選手の内の何人もが、戦力外通告を受けたり引退したりしました。残った選手の多くも、来季の成績次第ではどうなるか、と思われます。関東地区のどこかの球場で活躍する選手を応援したいものです。

さてタイトルの3→6→1。野球ファンの方でしたらお分かりでしょうか。
場面は1アウト満塁。打球は1塁線への痛烈なゴロ。横っ飛びで捕球した一塁手。すぐさま立ち上がって2塁ベースカバーの遊撃手に送球。2塁フォースアウトの後、併殺を狙って送球した1塁のベースカバーには投手が。そしてスリーアウトチェンジ。
今では高校野球も打力が重要になってきていますが、かつての愛媛の他、守りを重視した頃の高校野球の好プレーです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR