上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
180657.jpg

『O toi la vie(邦題 おお 我が人生)』。シャンソンの名曲の中の一つです。
「いつの日か 小さくても 薫り高く素晴らしい夢を
 いつの日か 見つけたときは この両手に しっかり抱いて」
これは、金子由香里さんが歌う歌詞の中の一節です(私はフランス語の原詩は理解できませんが、訳詩家によって異なっているようです)。この詩で想うのは、夢にも「薫り」がある、と言う表現。

 日本にも古来より「香道」と呼ばれる芸道があり、日本人の生活には香り(薫り)は身近にあったようです。香木は、日本書紀によれば、推古天皇の御世(595年)に淡路島に流れ着いたらしいです。もともとは仏教と共に香木が焚かれるようになったそうです。仏様に供えるのはお花と燈明、そしてお香。お香は死者の魂を呼び戻すために焚かれた「反魂香(はんごんこう)」が起源のようです。平安時代になると宗教的な意味合いを離れ、香そのものを楽しむ「薫物合わせ(たきものあわせ)」として宮中に広まり武士の世になっても引き継がれ「香道」が確立されてきたようです。「香道」には「聞香(もんこう」と「組香」の二つがあり、その一つの「聞香」は香木の香を聞き鑑賞するものですが、「香を嗅ぐ」ではなく「香を聞く」と表現するのは興味深いです。香を通じてあらゆるものが語りかけてくるのを「聞き取る」との考えによるものだそうです。中西進氏によると「かおり」は「か」と「をる」からできていて、「か」は「気」、「をる」はお酒を醸造することで、気を醸し出されることが語源だそうです。香は鼻で聞くものですが、物事の真実を見極められることを「鼻がきく」というのもその辺りから来ているのでしょうか。香を聞くのは人にとって五感の中でも大切なことでしょう。と、日光の三猿を見ながら考えました。

 三猿。それは日光東照宮の神厩舎の周囲に彫られた16匹の猿の像の中の一つ。「見ざる、言わざる、聞かざる」として知られています。これらは、人間の一生を猿になぞらえており、三猿はその幼少期の象徴です。両手で目や耳、そして口を押えています。何でも吸収する幼少期に、悪いことは、見せない、言わせない、聞かせない、との教えを表しているそうです。大人の側に立っても、人の悪い所ばかり見ない、敢えて聞かない、そして悪口は言わない、との戒めのようです。

ところが鼻を押さえている猿がいません。それは香からの情報は塞ぐ必要がないからでしょうか。常に鼻だけはきかせて物事の善悪や真偽の香りを聞き分けるように、との教えでしょうか。

いつでも、どこでも、だれから聞き分けられても良いような香しい人でありたい。

これは、子の将来を見守る親猿。
180656将来

左側の二匹は、挫折して落ち込む猿を慰め元気づける猿。友情の大切さを現しているしそうです。
そして右側は挫折を乗り越えて行こうとする猿。
180659友情挫折

真ん中は青年期。空を仰いでいる猿です。
180652.jpg

左下は、これからの人生を考え独り立ちして行こうとする猿。
180651.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ
2018.06.09 丸亀点描
井上通女(イノウエ ツウジョ)の像
160844.jpg

井上通女は1660年に丸亀藩士の娘として生まれ、子供の頃から詩歌に才能を発揮していたそうです。21歳で江戸に出る時の道中記『東海紀行』、江戸滞在中の『江戸日記』、そしての江戸から帰る途上のの『帰家日記』が残されています。帰郷後、丸亀藩士と結婚し三男一女をもうけ、夫の死後は著述に専念し『和歌往時集』が残されています。

『和歌往時集』に収められている、夫の墓前で詠んだ一首 
「いづくにか あまがけるらん夢にだに 見ること難き魂(たま)のゆくすゑ」

丸亀は団扇の産地でもあります。その生産量は全国の凡そ9割を占めるそうです。
180641_20180609170205474.jpg

お城のふもとにある観光協会では団扇作りの実演が行われています。
180642_201806091702049be.jpg

城内に昭和の頃の道具や看板が展示されています。
180643_20180609170202807.jpg

丸亀駅から北にある丸亀城への途中にある商店街。地方都市のご多分に漏れずシャッターが閉まったままの店も目立ちます。
地方都市へ行った時は、全国チェーンの店やコンビニではなく地元の方が営んでいるお店で買い物をします。お店にとって何の足しになるほどでもないのですが…。

和菓子のお店。名物の「福福餅」は売り切れでした。名前も良いので食べてみたかった。
180626.jpg

メロンパン専門店を見つけました。何故、丸亀でメロン?数日前に、FB友達のトライアスリートが川崎から京都まで自転車で帰る途中で食べたメロンパンの投稿を読んでいましたので、ふと気になって立ち寄ってみました。
180627.jpg

180625.jpg

これは別のパン屋さん。
180621.jpg

市内で面白看板を見つけました。
これは、一目瞭然のタバコ屋さん。
180628.jpg

フィリピン風バーベキューのお店。フィリピン○○は知っていますが(名前を知っているだけで、入ったことはありません。念の為)
バーベキューとは? 通りがかった時は開店前でしたので中をのぞくこともできず、謎のまま。
180622.jpg

こちらは何のお店か全く分かりません。ビートルズの「ジョン レノン」を準えてはいるのでしょう。
180629.jpg

丸亀は「骨付き鳥」で売り出そうとしているのでしょうか。至る所で見かけました。でも、焼き鳥は今治が一番ですね。
180630.jpg

こちらは丸亀駅から西へ二駅。JR予讃線の多度津駅。
蒸気機関車が走っていた頃の名残の給水塔と給炭塔。
180624.jpg

そのわきにある『構内食堂』
180623_20180609125021472.jpg

これに対し、JR四国最新の丸顔特急の先頭車両。
180645.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
日照山海禅寺。今治市にある小さなお寺。臨済宗妙心寺派で京都の妙心寺が本山です。江戸時代前期に今治藩主から免許状を拝領し、同藩の家老のお墓もあります。
実家から徒歩3分、境内は子供の頃の遊び場、毎夏にあった地元の盆踊りは懐かしい思い出です。
副住職は、「キッサコ」というフォークグループで音楽活動を行っています。
今、この裏山に父が眠っています。酒好きだった父も桜を愛でながらほろ酔い加減でしょう。

180446.jpg
180452_2018042321482136e.jpg
180491.jpg
180497.jpg
180450_20180423214534b33.jpg
180449.jpg
180451_20180423231518dc6.jpg

さて2018年の桜巡りもいよいよ最後。全国各地に桜の名所は数々あれど、誰が何と言おうがキヨタにとって最高の桜はここ。校章にも桜があしらわれ、校歌にも「校庭今や飛花多し 春よ盛りは幾時ぞ」と謳われています。

180492.jpg
180493.jpg
180494.jpg
180482.jpg

学校の裏手にある、氏神様『姫坂神社』。生徒にとってパワースポットならぬデートスポット?
180481.jpg


にほんブログ村
180465.jpg
今治市大島のカレイ山頂(標高232m)から北の宮窪瀬戸を見下ろしています。向かいは伯方島。今年は9月1日に開催される今治伯方島トライアスロン大会の会場です。
「カレイ」の名の由来は、水の涸れやすい場所=枯井からきたそうです。麓から北側と南側からそれぞれ2.5㎞程の登山道があります。一応、舗装はされていますが路面状態はあまり良くありませんので自転車で登るには注意が必要です。特に北側からの道はかなり荒れていますのでお勧めできません。それでも山頂からのこの眺めは汗を掻いて上る価値は十分にあります。

180468.jpg
山頂には「遠見茶屋」があり、こことの魚介を使ったカレイ山のカレーライスの評判は聞いていましたので、眺めと共に楽しみにしていたのですが、営業期間は4月1日~11月30日。訪ねたのが3月31日だったため、こちらの楽しみは次回に取っておくことにしました。

180466.jpg
山頂から少し北東へ目を転じますと能島(ノシマ)が見えます。周囲720mの小さな島ですが、中世には村上水軍の一族、能島水軍が城を築きこの海域の制海権を持っていました。写真からもお分かりいただけるかと思いますが、狭い海峡の潮の流れは速く、天然要害の様を呈していますが、瀬戸内海運の要衝で通過する船から水先案内料(帆別銭)を取っていました。
戦国時代は、毛利氏の厳島合戦勝利にも貢献し、日本一の水軍とも評されました。しかし1585年、豊臣秀吉の四国攻めを受け島全体が炎上してしまいまいた。

180467.jpg
遠目で見ますと、通船の難しさが思い量られます。

180442.jpg
海水面から見ますと、川の流れのような潮の急流です。

180461.jpg
伯方島側から大島を見ています。写真左端がカレイ山。

180463.jpg
大島南端のしまなみ海道サイクリング路への取り付け道路から見る来島海峡大橋。私はここからの眺めが好きです。

180460.jpg
今治の糸山公園からの小島。ここには日露戦争に備えて築かれた要塞跡が残っています。

180444.jpg


にほんブログ村
180439.jpg

桜を追う旅。普通は南から北へ向かいますが、私は東から西へ。京都の次は、いよいよしまなみ海道へ。
ここは、今治市伯方島にある開山(ヒラキヤマ)。標高149m。麓からは舗装道路で上れます。訪ねた時は桜満開の土曜日。山頂の駐車場は満杯状態で登り口で車両は停められ入場制限がされていました。そのおかげで車を気にせず、山頂からどのような景色が見えるのかを楽しみに自転車で登って行きました。地元の方によりますと、例年は麓近くから専用バスが運行されているそうですが今年はいつもより1週間ほど早く満開になったのと、この日は年度最終日のため既に予算を使い果たしてバスが用意できなかったのではないか、とのことでした。
180435.jpg

開山山頂付近から桜越しに見えるのは大三島(右)と伯方島を結ぶ橋。
180438.jpg

180437.jpg

山頂付近は坂一面に桜が咲き誇っています。
180436.jpg

こちらは広島県生口島と愛媛県大三島を結ぶ「多々羅(タタラ)大橋。
180440.jpg

ここは伯方島北東部にある「ふるさと歴史公園」から北に見える「積善(セキゼン)山」。愛媛県上島町岩城島にあります。ここの山頂も桜の名所です。
180441.jpg

今治に生まれましたが、ここは観光案内でしか知りませんでした。


にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。