2017.02.19 1978年2月19日
1702196_201702191634371bc.jpg

 今から39年前の2月19日。キヨタはロシア(当時のソビエト連邦)の首都モスクワで朝を迎えました。2月14日に横浜からナホトカ行きの船に乗り、ハバロフスク経由で18日にモスクワに到着しました。
 
 
 海外渡航が自由化されたのが1964年。その3年後に発表された五木寛之の『青年は荒野をめざす』に触発された多くの若者が、この小説のルートを伝って横浜~ナホトカ~ハバロフスク~モスクワへ向かい、さらにヨーロッパへと旅立っていきました。

 小説の主人公と同年になった20歳の私もまたナホトカ航路の線上にいました。海外渡航が自由化されて僅か14年後でしたが、父が外国航路の船乗りだったこともあり、私にとって「異国の地」はそれほど遠いものではありませんでした。

1702193.jpg

1702192.jpg

 小説の主人公のような波乱に富んだ旅ではありませんでしたが、機会があればまた辿ってみたい旅路です。ただ、残念ながら、横浜~ナホトカ航路は既に廃止され、船で渡るとすれば新潟港から目指すことになります。そして、20歳だったからできたことが、この歳になるとできなくなっていることもあるかも知れません。

17021910.jpg

1702199.jpg

1702191.jpg

1702194.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 鎌倉の稲村ケ崎から、相模湾と江の島越しの富士山を見たくて往復約100㎞のサイクリングに出かけました。 

1612183.jpg

『真白き富士の根 緑の江の島』。この詩の通りの景色を期待していましたが、生憎の曇り空。それでも何とか雲の合間から冠雪した富士の山頂を見ることができました。ところで、この歌をご存知の方はかなりのご高齢でしょうか。

1612184.jpg

1612185.jpg

1930年(明治43年)1月23日。鎌倉市の稲村ケ崎沖で、旧制「逗子開成中学」の生徒11人と小学生1人が乗ったボートが転覆し全員が命を落としました。それを追悼して作られた歌です。6番まであり若くて帰らぬ人となった子どもたちへの哀歌になっています。しかし、この事故の原因。不良生徒が学校所有のボートを無断で持ち出したうえ、天候の急変を恐れた地元の漁師さんの制止も聞かず漕ぎだしたことだそうです。

1612186.jpg

 この稲村ケ崎に纏わる歌がもう一つ、あります。これもまた、ある程度の年齢以上の方でなければご存じないかも知れません。
『七里ヶ浜の 磯伝い
 稲村ケ崎の 名将の
 剣投ぜし 古戦場』

ボート遭難事故からさらに遡ること600年。鎌倉時代末期の1333年(元弘3年)5月21日、後醍醐天皇の綸旨を受けた新田義貞が討幕のため鎌倉を攻めました。しかし鎌倉は東・北・西の三方を山に囲まれ、南は相模湾が広がる難攻不落の場所。義貞は鎌倉の相模湾に面す七里ヶ浜の西端にある稲村ケ崎から攻撃を仕掛けました。しかし、海岸までせり出した小高い岬を越えての進撃は難航します。そこで義貞は相模湾に剣を投げ龍神に祈願したところ潮が引き岬伝いに干潟ができました。その干潟を伝って鎌倉に攻め込み、また相模湾に浮かべられていた幕府方の船も引き潮のため沖に流されたこともあり幕府を倒すことに成功しました。恐らく義貞は潮の干満を予め知っていたうえでの大芝居だったのかも知れません。

平氏から源氏、そして北条氏へと目まぐるしく移り変わった武士政権。後醍醐天皇の勅命を受け建武新政の中心を担った義貞も、その後、足利尊氏と対立し最期は越前の国で戦死してしまいます。

鎌倉側から見た稲村ケ崎。小さいながらも海にせり出した小高い丘になっており、向こう側から攻めるには大きな壁になっていることが分かります。

16121810.jpg


この地に立ちますと、人生の儚さも感じさせられます。

江の島の向こうに見えるのは伊豆の山々です。

1612187.jpg

今日の相模湾は、そのような過酷な歴史の面影も感じさせないような穏やかさでした。

1612188.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
ヨーコの実家近くにある小さな神社。藤の花に誘われて訪ねてみました。境内には咲き誇る藤の花の脇に公家装束を纏った少女が佇んでいました。知らずと立ち寄ったのですが、4月29日の午後6時から、この神社で平安時代から続く「藤花祭」が催されることになっているそうです。

1605052.jpg

16050610.jpg

1605069.jpg

1605068.jpg

16050518.jpg

16050516.jpg

1605061.jpg

16050512.jpg

春日神社は平安時代の810年頃に淳和天皇が建てられた離宮「南池院」が始まりのようです。そして833年に譲位された後「淳和院」と改称され崩御されるまでの凡そ8年間、この地で詩歌管弦の宴を催されたそうです。その淳和院の礎石が残されています。

1605059.jpg

藤花祭は淳和天皇が境内で催した「藤花の宴」を催された故事に因み古式のままに行われます。「藤花の宴」は『源氏物語』にも出てくる宮中で行われていた藤の花見の宴です。佇んでいた少女は祭の中では「供進役」「斎女」と呼ばれ、神社に参拝します。 

境内には恩賜の藤や、由緒ある氏の名の入った藤が咲き誇っていました。

16050513.jpg

16050510.jpg

藤花祭当日に限り授けられる「藤かずら守り」は延命長寿、家内安全のお守りで境内の藤で作られるそうです。

1605066.jpg

一回りしても5分と掛からないこの神社の由緒は藤だけではありません。他にも多く古を偲ぶものがあります。

これは江戸時代の仁孝天皇の御胞衣(おえな)塚。胞衣とは出産時に新生児を包んでいる胎盤のこと。1800年にお産まれになった仁孝天皇の御胞衣がここに埋蔵されています。御胞衣は安産は子守のご利益とされ、ここ数が神社では「子安石」を奉納する風習が残っています。他の神社の絵馬に相当するのでしょう。様々な思いの書かれた小石が納められています。

16050515.jpg

16050511.jpg

そしてこちらは、「わらじ奉納」。こちらも古くから伝わる風習で、旅行安全や帰還御礼にわらじが奉納されています。

1605064.jpg

1605065.jpg

所用があり、お祭りの始まるまでいられなかったのが残念です。


にほんブログ村
 
「桜まじ とびイチ いまイチ しさとイチ」
その1=○○イチと言えば?

 自転車愛好者で、○○イチと言えば、『○○(地名)を一周する』と言う意味。関西地方なら、ビワイチ=琵琶湖一周=約200㎞(琵琶湖大橋より北側だけなら約160㎞)が定番のようです。トライアスリートもトレーニングコースとして多く利用しておられるようです。琵琶湖周囲には平安時代から戦国時代を経て現代に至るまでの歴史の流れを実感できる町並みや、湖東、湖北、湖西それぞれの地域ごとに異なる風景を楽しむことができます。
またビワイチでは、コース上に設置されたチェックポイントの内4か所以上でチェックし申請すると、「びわ湖一周サイクリング認定証」とステッカーが貰えるそうです。スポーツバイクのレンタサイクルや、サイクリング中に起きたパンクなどのトラブルに対応してくれる「びわ湖サイクルレスキュー」という有料サービスもあります。

私たちは横浜在住ですが、何故か琵琶湖に本拠地を置くトライアスロンチーム『Big Lake』に所属しています。メンバーの多くが滋賀県在住ですが、北海道から沖縄まで、全国各地にチームメイトがいます。「離れていても心は一つ」が合言葉とのチームです。
BigLake1_20150521093958800.jpg

ビワイチコース上には距離表示は案内板が多く設置されています。

1505216.jpg

1505217.jpg

1505218.jpg


琵琶湖を眺めなら感じました。穏やかな湖面や、湖面越しに見える山並みは瀬戸内海で見える島影と変わりません。けれど瀬戸内海とは何か違う琵琶湖。それは船。瀬戸内海は漁船だけでなく大型タンカーやコンテナ船、フェリーが頻繁に行き来します。琵琶湖ではプレジャーボートが数隻見えるだけ。それ以外、ゆったりとした時を感じられるのは同じでした。

1505215.jpg

1505214.jpg

1505213.jpg

1505212.jpg

1505211.jpg


他にも、全国各地には、淡路島を一周するアワイチを始め多くの○○イチがあるようです。自転車には、人それぞれ、いろいろな目的や楽しみ方がありますが、何かを一周するというのは、ワンウェイコースを往服するよりも達成感を味わえるかもしれません。

しまなみ海道を中心に自転車で地域を盛り上げようとしている愛媛今治を起点としても瀬戸内を巡る魅力的な○○イチのコースが作れそうです。来年(気が早すぎる?)の桜まじが吹く頃に走ってみたいと思います。

桜まじ=桜の花の咲く頃に、南から吹いてくる暖かい風のことです。「まじ」とは偏南風のことで、瀬戸内海や広島県で多く使われていた季節感を表す言葉です。瀬戸内には季節を感じさせる風雅な言葉がたくさん残っています(今は余り使われていないようで残念です)。
                           (『とびイチ』へ続く)
宜しければ1ポチお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村a>
にほんブログ村   
「春潮に 神代も霞む 熊野灘」
東京~徳島フェリー乗船記の2

 大台ケ原(オオダイガハラ)。三重県と奈良県境、紀伊半島の南東部にある標高1,400~1,600mの山々が連なる東西約5㎞の台地です。ここは南東に20㎞弱しか離れていない太平洋の熊野灘から急峻な台地の斜面を吹き上げる湿った風の影響で、年間降雨量は本州では最多と言われています。

2015041907032760e.jpg
かなり霞んでいますから、写真では見づらいと思いますが、奥にある薄青く横に広がった台地が大台ケ原です。

深田久弥により日本百名山の一つに挙げられていますが、名前だけしか知らなかった大台ケ原を初めて望んだのは20年ほど前。大台ケ原の北を走るJR関西本線の車窓からでした。遥か遠くからではありましたが、夕日に浮かび上がった広大な台地を神々しく感じたものでした。高天原に擬せられる場所は全国に多数ありますが、大和(飛鳥)からも遠くはないこの台地もその一つかな。古代から崇められていたのでしょうか。江戸時代末期には既存の霊場にはない手つかずの森を求めていた行者達が、新たな修行の場として訪れていたとの記録も残っているそうです。
 ところが、その台地も1億年前は海底だったそうです。太平洋にある海底プレートが、日本列島側のユーラシアプレートの下に潜り込むことでユーラシアプレートが押し上げ千数百万年前に陸地になった、とのことです。そしてこの大台ケ原のある紀伊半島は200万年前から現在にかけ1,000m以上隆起したとされています。紀伊半島と言うと多湿温暖な印象もありますが、2万年ほど前の氷河期ではツンドラ地域であったとも推測されています。氷河期が終わると台地で生育していた針葉樹も標高の高い所へ移動しその後消えてしまったそうです。現在残っている樹林は大台ケ原の氷河期から現在にかけての気候変動の生き証人でもあります。そして大台ケ原の成り立ちを知ることで日本列島の変遷を覗うこともできそうです。飛鳥人はどのような思いで見上げていたのでしょうか。そのような厳しい自然環境の中で生成された大台ケ原は古来「魔の山」「迷いの山」として恐れていましたが、近年はドライブウェイの開通などで手軽に訪れる人が増えることによる弊害や大規模造林などにより様相が大きく変わりつつあるようです。日本国内に限らず、世界遺産や自然遺産に指定された場所が安易な観光地となり、本来残されるべき姿やあるべき姿が失われてしまうことは哀しいものです。

 その大台ケ原を、フェリーから眺めることができました。「朝ぼらけ 有明の月と みるまでに …」との和歌もありますが、有明埠頭を出航し一夜明けた太平洋。天気晴朗なれど霞深し。遠く薄青く霞んでしまった大台ケ原は、残念ながら初めて目にした時ほどの畏怖は感じられませんでした。それでも今ここから眺める台地の大きさには圧倒されました。 

 その後、フェリーは台風情報でしばしば見聞きする潮岬を回ります。ここも20年ほど前に出張で立ち寄った場所で、街中の至る所で「本州最南端の○○店(屋)」と言う看板を見かけた記憶があります。民謡『串本節』では「ここは串本 向かいは大島 中をとりもつ巡航船」と謡われていますが、今は串本と大島は白い大きなアーチ状の橋が結んでいます。

1504262.jpg
左側の白い塔が潮岬の灯台。

20150419070508498.jpg
低い台地上に広がっているのが潮岬。昔は独立した島だったような印象です。

その岬を回ると瀬戸内海の入口。ここから見る和歌山の山並みは、瀬戸内海から見る四国山地と異なり随分たおやかな印象です。四国の石鎚山系ほどの高さもなく、また海岸線からの斜面も緩やかです。穏やかな気候風土を感じられ、愛媛や静岡と並ぶ蜜柑の産地であることも納得。潮風に吹かれながら時も経ち、徳島の眉山(ビザン)も大きくみえるようになりました。人の眉の形に似ているところから名づけられた小高い山。徳島のシンボルの一つです。

1504263.jpg
紀伊半島の山々。

20150419070529e9d.jpg
写真中央から右側に広がっている一番奥の山が眉山。

そして前夜19時30分に出航したフェリーは予定通り14時30分に徳島港に着岸。「退屈するかな」と思っていましたが、やはり島国日本、海上から眺める景色は陸上移動や飛行機から見る景色とは異なる美しさがあり、のんびりした船旅を満喫することができました。上陸後は徳島から今治まで、四国を横断する2時間半ほどのドライブです。

徳島市から四国中央にかけては吉野川沿いに高速道路が走っています。30年近く前に吉野川を下る10㎞の遠泳大会があり2度目のチャレンジで完泳できたことがありました。今では泳ぐことのできる川も殆どなくなりました。この川も残しておきたい自然の一つです。
                                                                      (終)

ポチ1回、お願いします。
  ↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ