Jazz Bar で バーボン

 桜は開花したものの、冬に戻ったような一日の夕暮れ迫る午後5時。雑居ビルの外階段から地下へ降り木製の重い扉を開けると、街角の喧騒とはかけ離れたい空間があった。カウンターとテーブル、20人も入れば歩くのも困難になる程度の広さ。奥にはグランドピアノが置かれ壁にはギターとテナーサックスが立てかけられ、隅にはドラム。2mそこそこの高さしかない天井には小さなライトがアルファベットの「O」と数字の「6」を組み合わせたような形に並べられている。
 東京都港区青山。知り合いが主催するジャズコンサートが開催されるので足を運んだものの、普段の生活では縁のない街。たった30分前までいた場所が遥か遠い世界の様に感じられる。

 レフトスタンドではトランペットによる「六甲颪」が高らかに鳴り渡り、阪神ファンの大声援が神宮の杜にこだましてる。1回の裏にヤクルトスワローズに1点を先制されたものの、それ以降は投手が踏ん張り追加点は取られていなかった。普通、1回に1点を取った後追に加点を取れないと、その1点を取った側にとっては「隅1(スミイチ)」といって好ましくない状態なのだけれど、阪神タイガースも相手先発投手の好投の前に手も足も出ず、6回を終わり僅か1安打に抑えられ、0対1のこう着状態のまま終盤に入り、そのたった1点がとても重くのしかかっている。そして迎えたラッキーセブンもむなしく終わり、ついに最終回。2アウトになり漸く先発投手を引きずり降ろすも時すでに遅し。結局、阪神がそのままのスコアで完封負けしたのが午後4時35分。そこから足早にジャズバーへと向かった。

 バーの中では演奏が続いている。軽やかに奏でられるビアノ、女性ボーカルのハスキーボイスとテナーサックスが、3杯目のバーボンのオンザロックの酔いを心地良くさせてくれる。野球の応援からジャズへ。半日の内に全く違う空間を楽しんだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

2013年球春その2

 3月23日から、神奈川県高校野球春季大会の地区予選が開催されています。神奈川県内をいくつかの地域に分け、更にその中でいくつかのブロックに分かれ勝ち抜いた学校が県大会に出場でるそうです。各ブロック4校ずつの総当たりリーグ戦を行い、ブロック最上位校が県大会に出られるようです。夏の甲子園に繋がる大会ではありませんが、勝ち続けば自信にもなるでしょうし、夏の県予選でのシード権もえられる重要な大会には違いありません。

 23、24日はご近所高校のグランドで試合が行われましたので、ご近所高校の応援に行ってきました。高校生の試合なので、過去の実績だけでは判断できませんし、先日の練習試合ではあまり打撃が振るわなかったところが心配ですが、油断さえしなければこのブロックでは最上位にはなれるだろうと思っています。

 ところが23日の初戦は見ていて少しだけ焦りました。先発投手はエース。ご近所高校は後攻めでしたが、2回裏のチャンスを逃した直後の3回表に2点を先行されてしまいました。それでむしろ目が覚めたのか、その裏に3点を取って逆転。4回裏に店、更に5回裏には満塁ホームランも飛び出し5点。この時点で12対2と10点差が付いた為、あっけなくコールド勝ちとなりました。多分テレビではなく球場で観戦していて満塁ホームランを目の前で見たのは初めてではないか、と思います。

 24日の試合はご近所高校が先取点を取り、相手に多少反撃されつつも追加点を重ね10対3で7回コールド勝ちしました。この日の投手は背番号10のサウスポーでした。ただ観ていて、24日の試合は相手の走攻守にわたるミスによって助けられたところもないわけではなかったように感じました。

 このブロックの最終戦は26日に予定されていて、平日のため応援には行けませんが、今までの対戦校より強いとの噂は聞きました。健闘を祈っています。

 因みにヨーコの教え子たちは苦戦しているようです。

ご近所高校のエースです。
1303242.jpg

満開の桜の下で、高校球児たちは直向きにボールを追いかけていました。
12303241.jpg

 一方で、甲子園では選抜大会が開催されています。テレビの音声を通じてアルプススタンドの応援、特にブラスバンドの演奏が聞こえてきますが、不思議なことに、応援に用いられている曲の殆どが昭和の時代の曲です。今の高校生は当然のことながら皆、平成生まれにもかかわらず、今どきの曲は聞かれません。野球の応援にはもってこいのアップテンポの曲も数多くあるはずなのに。伝統校なら受け継がれてきた応援スタイルがあって昔の曲がそのまま使われていてもおかしくはないのでしょうが、新興の学校でも昭和の時代の、しかも定番の曲ばかりです。
 そんな昭和の曲も、学校によっては地域性や学校の特色によって定番とは違う曲も聞かれました。北海道の遠軽高校は同じ北海道出身(在住)の松山千春さんの北の大地と大空をテーマにした曲、岩手県のいわき海星高校は遠洋漁業の実習もある学校だそうで、香山雄三さんの「海よ」、墨田区に学校がある安田学園は隅田川の春を唄った「花」などは新鮮でした。
 それと蛇足ながら、応援風景でもう一つ気になっているのは、近頃スタンドで校名などを入れたタオルが用いられていることです。身びいきかも知れませんが、このタオルを使った応援は、タオルの全国一の産地にあるキヨタの母校が2006年の選抜大会に初出場した時に用いてから流行り始めたのではないか、と勝手に思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

スイム1,500mタイムトライアル

 キヨタの泳ぎ方はヨーコに言わせると「でんでん太鼓みたい」だそうです。自分で自分泳ぎは見れないので良く分かりませんが、左右にブレて伸びがないことから、そう表現するのだそうです。確かに自分でも、疲れてくるとバタバタしてくるのは感じています。そのような時は、私の息継ぎは右側なので、左手を入水した後、息継ぎまでにほんの少しの間を入れることを意識するだけでも多少は違うのですが、なかなか続けられません。あと最近意識しているのは、水中の腕(掌)の動きです。キャッチしてから真っ直ぐ顔の下に引き寄せ脇を通って後ろにプッシュすることを心がけています。スイミングスクールのコーチなどからはS字の方が水中で長く水を掻くことができると教わっていたのですが、水の中で掌をこねくり回す癖もあったのでしょうが、直線的にプッシュすることで一掻き毎の力強さは増すようで、25mプールでのストローク数も減ることはありません。またS字に動かすことで体のブレが出てしまうような気がします。それと、プッシュの、特に水中から上げる最後の時に、掌がななめでも上を向いてしまうと反作用として下半身が沈んでしまうはずなので、真っ直ぐ後ろ、というのも強く意識しています。それでもなかなか、2年前の自分でも驚くような楽に早く泳げる状態までは、もう戻れないかも知れない、と言う不安も増してはいます。

 そんな状態の中、3月21日、今年初めてのスイム1,500mタイムトライアルを行いました。結果は25分47秒。練習用水着で、現状ではこの程度かな? 最近のタイムトライアルでは、3月10日は1,000m16分47秒、3月14日は400m6分27秒だったので、何とか25分切りを目指しました。500mを8分20秒、丁度目標タイムで通過。その後少しバテはしたもののの、何とか粘り1,000mは16分43秒で目標よりマイナス3秒。ただ最後の500mは半分溺れかけで9分4秒もかかってしまいました。

 今後は、1回当たりの距離を伸ばすことと、適度に短距離のスピード練習を入れること。当たり前と言えば、余りにも当たり前のことですが、それが課題です。5月の新島大会までには最低でも25分切りまでには回復しなければなりません。

 ヨーコは相変わらず、500m7分前後を維持しています。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

球春到来

 3月17日。午前中は月例よこはまマラソンに参加。今回は二人とも5㎞と10㎞の2種目計15㎞を完走。鶴見川沿いの風はまだ冷たかったものの、桜の蕾は今にもほころびそうなくらいまで膨らんでいました。晴れたり曇ったりの天候で、花粉に悩まされることなく、気持ちよく走り切ることができました。

 午後は、今年初めての野球観戦。「春なのに」と言えども、やはり春は春。『球春』と言う言葉には胸躍らされるものがあります。ただ今日は、野球観戦と言ってもご近所の私立高校のグランドで行われた練習試合でした。最近は学生野球でもプロ野球でも、応援席の鳴り物や声援がうるさすぎると感じているのですが、応援団のいない練習試合では、ベンチの控えも含め、選手たちの大きな声や、ボールがミットに収まる音が響き渡り、これぞ野球観戦という感じで、球児の一投一打に集中して見ることができました。

 この私立高校は、私たちがフィットネスクラブで知り合った一日6食の球児が所属する高校です。彼らは午前中の試合に投げたようで、午後の試合には補助に回っていました。私たちはバックネット裏でキャッチャーから10m程しか離れていない席で観戦しましたが、間近で見る高校球児の躍動に元気をもらいました。この試合の対戦相手は静岡県の公立高校で甲子園には馴染みのない学校でしたが、多彩な変化球を操るサウスポー投手には期待が持てそうでした。少し気が早いですが、夏の大会の静岡県予選の経過も新聞で追いかけてみようと思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

人類の進歩と調和

1970年3月14日。『人類の進歩と調和』をテーマに大阪で日本万国博覧会が開催されました。キヨタは小学校を卒業した直後の春休み、両親と妹の家族4人で行きました。時代は高度成長の過程。展示物よりも会場での物凄い人の多さに驚きました。アメリカやソ連などの人気のパビリオンには長蛇の列でした。それに対し小国は余り列はできておらず、数を多く回るために訪ねて行った記憶があります。

それを記念して発行された切手です。
左:地球に会場をモチーフしたものです。
中:酒井泡一『夏秋草図」
右:会場と秋田の竿灯が描かれています。
(1)

左:地球桜の花
中:尾形光琳「かきつばた」
右:博覧会場風景
13031602 (2)

地球と博覧会のシンボルマークが描かれています。+5と言うのは通常の郵便切手代にプラス5円分の寄付金が乗せられています。当時は普通郵便が15円、葉書が7円だったのでしょう。
13031602 (1)

海外でも記念切手が発行されています。
左にトルコ、右にパキスタンの国旗と国名が印刷されています。真ん中の国は判明しませんが、国名文字からすれば中東のどこかの国だったはずです。今では緊張の続く地域ですが、当時は共同で切手を発行したくらいですから、国交関係は良好だったはずです。
13031610.jpg

あれから40数年。人類はどこに向かって進歩し、何と調和を図って来たのでしょうか。

時事ネタに関し、眠っていた切手を見つけました。ローマ法王の描かれた切手です。
ピウス9世とピウス11世が描かれています。1958年発行のようですからキヨタ1歳の時です。
モナコ王国の発行です。モナコといえば自動車ラリーよりグレースケリーが嫁いだ国と言う印象の方が強いです。「真昼の決闘」。何度も見ています。

13031603 (3)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

横浜市「関家住宅」

関家(セキケ)住宅
13030901 (11) 13030901 (9)

 横浜市の北部、都筑区勝田町(ツヅキク カチタチョウ)にある古民家です。勝田と言う地名は、鎌倉時代の1209年の古文書にも既に残されており、1594年の豊臣秀吉の太閤検知の折りにも勝田郷として記されているそうです。太閤検地はせいぜい東海地方位までかと思っていたのですが、この地域も秀吉の勢力圏だったことには改めで驚きました。

 関家はここの代々の名主で、この住宅は関東地方でも最古級の住居で17世紀に建築されたとされています。敷地は中原街道に面しています。中原街道は現在の東京都港区虎ノ門と神奈川県平塚市中原とを結ぶ街道で、東海道より整備されていた頃もあるそうです。また、この周辺は江戸時代には鷹狩の場所として知られ、この住宅にも将軍家が休息のため立ち寄っていたとのことです。現在は大型マンション団地も近接しておりその名残を感じられることも少ないです。

 この住宅には今も関家の人が居住していて、年に1度ほど、内部が公開されているそうです。敷地は一周しても5分もかからない広さですが、住居の他、蔵や納屋、池があります。仕事で時折通りかかっていて、その佇まいが気にはなっていたのですが、立ち寄ってみたことはありませんでした。3月8日、梅が見事に咲いていましたので訪ねてみました。

13030901 (10) 13030901 (4)

13030901 (5) 13030901 (2)

13030901 (6)

相変わらず花粉症には苦しんでいますが、スイムの調子は戻りつつあります。プルブイ付ながら500m7分53秒。久しぶりの8分切り。プルブイなしでこのタイムで泳げるようになれば、6月の日産カップのスプリントの部にエントリーしてみようと思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

「春なのに」

 マスクは冬の季語でしょうか、春の季語でしょうか。旧暦での春は、今の1~3月らしく、それなら春の季語でもいいのでしょうが、現代はもっと現実的に春のマスクも珍しくはなくなりました。
 
 2月28日の横浜地方は穏やかな陽気でしたが、気のせいか吸い込む空気が生ぬるいというか、なんか妙なにおいがするように感じました。春霞と言う長閑な空ではなく、黄ばんで見えたのも気のせいでしょうか。
 3月1日は月も変わり春一番が吹き荒れました。朝から砂埃混じりの強い風で前日とは異なった空気の汚れを感じました。そしてキヨタの花粉症も本格的に発症しました。鼻はグズグズ、目頭は痛痒く、くしゃみも止まらず、まさに花粉症のデパートのような感じでした。こんな風なら、鶴見川ランニングコースの寒風の方がまだ、ましです。
 
 「春なのに」という、中島みゆきさんが作詞・作曲され、柏原芳枝さんが歌った曲があります。1983年に発表されました。今でもこの季節になると懐かしのメロディなどで時々耳にすることがあります。卒業がテーマです。その歌のテーマとは全く違いますが、キヨタの悩みも「春なのに…。」です。早く梅雨が明けて夏が来ないかな。

 3月2日は港区SCランニングクラブの仲間と、観梅ジョグ&綱島温泉を楽しみました。梅の名所「大倉山公園」から鶴見川、そして綱島公園を回り凡そ10㎞を走りました。その後は、恒例の綱島温泉で体を温めた後、宴会。温泉には電気風呂があります。若いころは電気風呂には高齢者の方が入る者と思っていましたが、入ってみるととても気持ちが良かったです。そんな年になったのかなぁ。肩の痛みも取れました。

 3月3日は鶴見川ラン練習12㎞。二日酔いもなく、冬の風の中、気持ちよく走りました。
 
大倉山公園の梅は見ごろでした。
1303035.jpg
1303034.jpg
1303031.jpg

綱島公園の桜の蕾はまだ固い。
1303032.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR