2014ke1.jpg

 2014年1月12日(日)、横浜国際総合競技場(通称日産スタジアム)をスタート・中継点・ゴールとする第29回港北駅伝大会が開催されました。横浜市港北区の在住・在学・在勤者によるチーム、港北区内の町内連合会、更に横浜市・川崎市内にある中学・高校のチーム合わせて220チーム1382人が参加しました。現役の陸上部員やエリート市民ランナーばかりではなく、小学生1年生から平均年齢70歳のチーム、中にはもう何年も走ったことはないけれど人数不足を埋めるために参加した人もいました。高校女子の部には全校高校駅伝の神奈川県代表も毎年参加してくれています。また町内連合会のチームは応援団も多く、中には定期的に練習会をしたり選考会までしているチームもあるようです。会場には町内会ごとにテントが張られ温かい料理や飲み物なども提供されており、年始の恒例行事として定着しています。

 私たちは6年前からこ自転車で先導・後尾役を務めています。以前、港北区民マラソンに参加した時、大会役員の方にトライアスロンをやっていますと言ったところ、「それでしたら自転車に乗れますよね。」と言う話になり、それが切っ掛けでこの役が回ってきました。この時期、自転車での伴走は結構寒いのですが、この様な機会は滅多にありませんので、緊張しつつも走っている人たち以上に楽しんでもいます。今年の大会は生憎、私たちが所属しているトライアスロンチームBig Lake の総会・新年会と日にちが重なってしまって、この日ばかりは体が二つあれば、との思いでしたが、年に一度、地元にほんの細やかながらもお役にたてるであろうこの役を優先させていただきました。

2014ke5.jpg 2014ke6.jpg

 例年はスタジアムに隣接する陸上競技場がメイン会場になり競技場のある公園内を周回するのですが、今年は陸上競技場が改修工事中のため、日産スタジアムがメイン会場となり、コースもスタジアムの外周周回コースに変更されました。

 ここで突然ですが、陸上競技場マニア(って、いるのかな?)の方へのクイズです。ご存知の通り、日本陸上競技連盟から公認されている陸上競技場は、その規模や設備によって第1種から第5種まで分けられています。それぞれによって開催できる大会が決まっています。日本選手権や国体、国際的な競技会は第1種競技場で行われます。第5種では学校内の競技会やクラブ対抗の競技会しか開催できません。今回のメイン会場となった日産スタジアムは、日韓共同開催となったワールドカップの会場として、またJ1の横浜マリノスのホームグランドとしてサッカー場としての方が知られているかもしれませんが、立派な第1種公認陸上競技場でもあります。ただこの日産スタジアム、第1種陸上競技場には普通はあっていいはずの物がありません(但し、これは必ずしもなくても、第1種競技場としては問題はありません)。さて、そのない物は何でしょうか?この文や写真の中にヒントがあるかも?

 さて、本題に戻り、駅伝大会。午前9時に、男子一般の部87チーム、高校男子の部21チーム、一般・高校女子の部19チームがスタート。全部で6区間、14.2㎞です。先に書いた事情で今年はコースが変更・短縮されたため、駅伝と言うより中距離リレーのような感じです。1区のランナーは全天候舗装で9レーンある400mトラックを1周と4分の1走った後、マラソンゲートから競技場の周回通路に出て戻って来てトラックを4分の3周する2.7㎞。2区から最終6区のランナートラックを1周せずそのままマラソンゲートから出て戻って来る2,3㎞です。ですから全ランナーはマラソンゲートを潜ります。恐らく、この日産スタジアムのマラソンゲートを潜ったことのある人は余り多くないのではないでしょうから貴重な体験かも知れません。今では市民マラソン大会も陸上競技場をスタートしてマラソンゲートから一般道路へ出るレースも少なくありませんが、横浜ではこのスタジアムをスタート(またはゴール)するマラソン大会はありません。横浜国際女子マラソンも、横浜マラソン(ハーフ、10㎞)も山下公園がスタート・ゴールになっています。ですから、このマラソンゲートが開く日は年に何度もありません。
2014ke4.jpg
2014ke3.jpg
 レース展開は高校男子の3チームほどが先頭争い繰り広げていました。何れも現役の陸上部のチームですから一般の男子よりは速いです。その中に私たちが野球部を応援しているご近所高校の陸上部チームがいて終始集団を引っ張っていて心密かに応援ましたが、アンカー勝負に負けて3位に終わりました。女子の部は高校駅伝県代表校が実力通り優勝しました。勿論、一般の部では和気藹々で楽しく走る(中には歩く)参加者も多く、繰り上げスタートもなく無事全チームゴールしました。

 その後、11時から、中学男子の部45チーム、中学女子の部25チーム、町内連合会の部23チームがスタートしました。中学の部は先に終わった部門と同じ、6区間14.2㎞です。町内連合会の部は9区間17.1㎞で区間によって走る人の年齢や性別が決められています。6~9区は小学生1.3㎞です。町内連合会の部はご近所同士の応援が賑やかです。特に小学生の区間では親御さんの応援が凄まじいです。この駅伝に力を入れている町内会があり、毎年上位争いをしている町内会はほぼ決まっています。そこはユニフォームも揃えていて、コース途中にはコーチ役と思われる人がタイムを計測しています。それを見るだけでも力の入れようが分かります。一方で、兎に角『楽しく』がモットーの町内会もあり、短い距離の周回コースだった今回は、2区が終わるころには既に先頭にラップされるチームも幾つもありました。4~5区辺りになりますと、もうどこが先頭で順位がどうなのかも分からなくなります。先導役のキヨタも一時、トップのチームを見失い2位のチームに付いて走ってたくらいです。それでも全チーム、無事完走しました。

 来年は30回の記念大会。例年以上に華やかな大会になるでしょう。私たちも引き続き先導・後尾役を務められるよう自転車のトレーニングに励みます!?

 下の写真は、日産スタジアムに隣接する陸上競技場(小机フィールドと呼ばれています)。港北駅伝大会はいつもはこちらの競技場を発着点として、公園内がコースになっています。なお、第1種の公認競技場になるためには、メインの競技場の他に、全天候で直走路が8レーン(曲走路は6レーン以上)の補助競技場がなければなりません。小机フィールドはその補助競技場の規定を満たしています。
2014ke2.jpg
ということで、上のクイズの答えです。エリートのマラソン大会や駅伝だけでなく、市民レベルの大会でも、陸上競技場を発着点とするレースが多くあります。いずれもそれぞれの陸上競技場に付設された公認コースが利用されます。ところが、この日産スタジアムには公認のマラソンコースが付設されていません。ですから、先の通り、横浜国際女子マラソンでもこのスタジアムは利用されていません。このスタジアムの近隣の道路は横浜市内の幹線道路ばかりなので、なかなかここを封鎖してのマラソン大会の開催(コース設定)は難しいかも知れません。日本陸連の規定によると、第1種競技場でも「公認長距離競走路(マラソンコース)は近くにあることが望ましい。」ということになっていますから、必ずなければならない物ではありません。
 因みに、今、話題になっています2020年東京オリンピックの陸上競技場として巨額の費用をかけて新しい国立競技場が計画されています。しかし今の計画に対し日本陸連の規定を厳密に適用すれば、この新国立競技場は第1種どころか加盟団体等の対抗競技会しか開催できない第3種になってしまうと思うのですが、これはまた何れ改めて。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

20130524 (36)


2006年 106人
2007年 117人
2008年 107人
2009年 170人
2010年 242人
2011年 222人
2012年 369人
2013年 368人

2006年に比べ、6年後の2012年で3.48倍に増えています。さて、これは何の人数でしょうか。

答えは、毎年5月に伊豆七島の新島で開催されているトライアスロン大会の完走者数です(そんなに早く答えを出すなって?)。2009年から増え始め2010年、そして2012年に一気に増加しました。完走しなかった人やエントリーしたけれど参加しなかった人もいるでしょうが、参加申し込みした人数の推移は概ね完走者数に比例して増えているはずです。しかも、かつては大会の2週間くらい前まで募集されていたのに対し2014年は募集開始から僅か2日足らずで400人の定員に達してしまったことを思いますと、参加したかったけれど申し込みもできなかった人がどれ程おられるのか、と思います。それでも他のトライアスロンに限らずマラソン大会等も合わせましても、定員に達するのに2日弱というのはまだ緩やかな方かも知れません。この大会の申し込みは先着順で、WEB(インターネット)を通じる方法と申込書をFAX(郵送)する方法とがありますが、WEB受付は翌日には締め切られ、私たちはFAXでギリギリ間に合いました。

私たちがこの大会に初めて参加したのは2005年。参加者も多くなく長閑な雰囲気は好きでした。そして新島は自然、特に海が綺麗で、横浜からも比較的手軽に行けることから2008年を除いて参加しています。近年では少なくなったスイムでのウェットスーツの着用義務がないこともお気に入りの理由の一つです。この大会を通じで沢山の人とも知り合え、2012年からはBig Lakeの仲間と一緒に参加しています。レースの距離は、スイム1.5㎞、バイク(自転車)40㎞、ラン10㎞。金曜日の夜に横浜を出航して、土曜日の午後のレース。その後の反省会と日曜日の夕方横浜に戻るまでの帰りの船中。どんな時間を迎えるのか、楽しみです。

20130524 (22)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村


日にちは遡りまして2013年12月30日午後6時過ぎ。その年最後の仕事を終えJR新宿駅から四国今治を目指して最初の乗り換え地、国府津(こうづ)行きの快速電車に乗りました。その日は青春18切符で東海道線を乗り継ぎ浜松まで。そこから夜行バスに乗り換え翌朝京都に5時到着。そこから再び18切符で東海道、山陽、予讃線を乗り継ぎ、今治到着予定は後2時過ぎ。凡そ20時間の旅です。
14011120.jpg

2013年12月20日に予讃線は開通100年を迎えました。予讃線とは伊予(愛媛県)と讃岐(香川県)を結ぶ路線ですが、当初は香川県内の多度津(たどつ)と観音寺(かんおんじ)間で愛媛県までは通じてなかったのですね。
14011123.jpg

14011117.jpg

記念の入場券セットが発売されていました。上から順に、高瀬駅、本山駅、観音寺駅。
14011124.jpg

多度津駅脇には鉄道遺産とも呼べるような建物や静態保存された蒸気機関車があります。
14011115.jpg

14011116.jpg

かつて蒸気機関車が使っていた給水塔が残されています。
14011122.jpg

給水塔の脇に「構内食堂」があります。鉄道員や地元の方が利用されるそうです。ここでお昼を食べたくて時間調整していたのですが、生憎の休業日。お楽しみは次の機会にとっておきます。
14011121.jpg


予讃線の車窓から。多度津からさらに西へ。短い区間ですが、線路は瀬戸内海沿いを走ってます。大晦日の瀬戸内は穏やかな天気でした。
14011118.jpg


観音寺で最後乗換。観音寺は毎夏、日本学生トライアスロン選手権が開催されており、全国の予選を勝ち抜いた大学生トライアスリートが集います。応援で4回来たことある思い出の地です。
14011111_20140111165449c24.jpg

なお、タイトルの「ほうじゃ、四国へ行ってこうわい。」とは、「そうだ、四国へ行ってきます。」の意味です。
今年の四国は、以前ご紹介しました、四国遍路開創1,200年です。また3月~10月まで、広島県と愛媛県の間の島々を舞台に「瀬戸内しま博覧会「瀬戸内しまのわ2014年」が開催され様々なイベントが企画されています。是非、お越しください。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
140117_20140108231451d4c.jpg
  ↑ 愛媛県と広島県境にある岡村大橋です。こちら側が愛媛県、向かいは広島県です。

広島県と愛媛県の間の瀬戸内海の島々を結ぶ橋としては「しまなみ海道」が知られています。今回、ママチャリサイクリングを楽しんできたのは、しまなみ海道の西側にある「とびしま海道」です。2014年1月2日の瀬戸内海は冬晴れでした。

とびしま海道は、広島県呉市と愛媛県今治市の岡村島の間の大小七つの島を結んでいる橋と道路です。本州の呉市から出発するとその終点になるのが岡村島です。従いまして岡村島は行政区域上は四国愛媛県今治市ではありますが、本州とは車で行き来できますが、今治市からは船を利用することになります。

船便は小さな旅客船とこんなかわいいフェリーとがあります。
140101_20140108231412cb3.jpg

今治港を出港した船は、来島海峡の急流の中、凡そ1時間で岡村島に到着します。
140125.jpg

しまなみ海道の来島海峡大橋の下を潜ります。
140122_20140108231456f7e.jpg

来島海峡の海の中に建つ灯台。まるで波をかき分け灯台が進んでいるように見えませんか(そんな馬鹿な)。それほど来島海峡の潮の流れは速いのです。
140119_2014010823145424a.jpg

これも船のたてる波ではありません。潮流です。
140123.jpg

岡村島から岡村島大橋を望みます。
140124.jpg

岡村島の向かいにあるのは大崎下島(おおさきしもじま)。その中心地にほど近い御手洗(みたらい)地区は古くから水運の要所で潮待ちをする船で賑わっていたそうです。御手洗と言う地名は、神功皇后が出兵の途中で立ち寄って手を洗ったからとか、菅原道真が大宰府に左遷される途中で立ち寄り手を洗ったから、と言う説があります。地区の中には江戸時代の面影を残す風致地区や船宿、港の脇には高灯篭があります。
140115_201401082314180d2.jpg
140118_20140108231453bd4.jpg

大崎下島と豊島を結ぶ橋です。とびしま海道は更に続いて行きます。このとびしま海道を使って、オレンジライドと呼ばれる最長100㎞のサイクリング大会も開催されています。今回も何人かのサイクリストと出会いました。ロードレーサーに乗っておられましたが、のんびりした瀬戸内の島や、風致地区を回るにはママチャリでゆっくり回る方が似合っているような気もしました。
140116_20140108231450e5f.jpg

大崎下島を一周して岡村島へ戻ってきました。ママチャリ40㎞のサイクリングでした。ずっと海沿いの道で向かい風がきつく予定時刻をはるかにオーバー、本来の目的地だった岡村島の隅々を回ることができませんでした。
 サイクリングの後、岡村島の最高地点?標高125mのナガタニ展望台まで1㎞の坂道ランニングダッシュ。眼下には新春の日差したっぷりの瀬戸内海と芸予諸島の島が望めました。
140110_201401082314140e7.jpg

岡村島はみかんの産地。写真の撮り方が下手なのですが、収穫を待つみかんが島中に黄金色に輝いて稔っていました。
140111_20140108231415cce.jpg

岡村島のホームページです。
  ↓
岡村島ホームページ

泳いで、漕いで、走って、魚食べて、呑んで…。その5種目が(勿論、どれか一種目でも)大好きな方、是非一度、訪ねて見られてくださいね。
因みに本州からは、福山からしまなみ海道で大三島へ渡り、そこからフェリーという移動方法もあります。

今回は十分にご紹介できませんでしたが、8月には港区SC.RCの仲間と訪ねる予定です。その時には、もっと魅力的な島の模様をお伝えしたいと思っています。また島の方々との交流もできれば良いな、と思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
2014.01.05 初詣ラン
 キヨタの実家のある、愛媛県今治市内には四国八十八カ所霊場の内、54番から59番の六ケ所の寺院があります。ここ数年、元旦の恒例行事として初詣も兼ね六ケ所を走って回っています。本当は54番から順に廻るべきなのでしょうが、キヨタの実家の位置から54、56、57、58、59と廻り、そこからは電車(またはバス)で移動し最後に55番の順になります。ランニングの距離はほぼ21km、ハーフマラソンと同じくらいです。
 
 2014年は四国八十八ヵ所霊場が開創されて1200年目の年になるそうです。これを記念して各寺院では2015年5月31日まで記念スタンプや記念御影が用意されているそうです。その年明けの日、今治地方は好天に恵まれました。西からの風はやや強く、前半は向かい風となりましたが日差しがあったので寒さはさほど感じることなく、何時も通り実家をスタートしました。一年の計は元日にありではないですが、この日の調子しだいでその年を通しての体調なども何となく分かります。気持ちよく走れる時はそれだけ練習も上手くいっているからでしょう。

服装は何色かある Big Lake チームウェアの中から白を選びました。 
140121.jpg

54番札所『延命寺』(えんめいじ)
 今治市の南西部にあります。伝えによると、元々は8世紀前半に今治市の北西部にある標高244mの近見山山頂一帯に七堂伽藍の藍が連ねられていたのを、9世紀になり弘法大師が再興したそうです。その後、火災などで堂宇が消失し1727年に現在地に移されたとのことです。
140110.jpg

56番札所『泰山寺』(たいさんじ)
 延命時から南南東にあります。今治市中心部の東部に「蒼社川」(そうじゃがわ)という河口近くでは川幅100m余りの川が流れています。毎年、梅雨の時期になると氾濫し人々を苦しめていたのを、この地を訪れた弘法大師が村人たちと堤防を築き治水したとの謂われがあります。
140109.jpg

へんろ道の至る所に標識やお接待の場所が設けられています。また市街地を離れると、田園地帯の中にへんろ道が続きます。
140108.jpg

140107.jpg

140106.jpg

57番札所『栄福寺』(えいふくじ)
 瀬戸内沿岸では海難事故が絶えなかったため、弘法大師が海神供養を修したことから、海陸安全、福寿増長の祈願寺として古くから信仰されています。
140105.jpg

 ここで六ヶ所の内、半分の三ヵ所を終わりましたが、此処まではまだウォーミングアップ。次の札所は写真左の山の山頂近く。この後の行程を思いますと、山を登った時に余力が無いと行けません。
140103.jpg

 こんな道を登って行きます。
140102.jpg

58番札所『仙遊寺』(せんゆうじ)
 作礼山(されいさん)山頂近くの標高300mの高台にあります。阿坊仙人という僧が40年にわたり籠り七堂伽藍を整えたことが寺名の由来になっているそうです。その後弘法大師が病に苦しむ人の為に井戸を掘り再興しました。その井戸は「お加持の井戸」として諸病を救ったと伝えられています。
140101.jpg

境内からは今治市内、そして瀬戸内海が見渡せます。
140114.jpg

ここから次の国分寺までが、キヨタの一番苦手な道です。最初は急な石段や坂道を下るのでかなり太ももに負担が来ます。ここはトレッキングコースにもなっています。その後5km程は何の変哲もない田園地帯になるため目を楽しませてくれる景色はありません。ひたすら走るだけの道です。
140113.jpg

140111.jpg

140112.jpg

59番札所『国分寺』(こくぶんじ)
 今治市の東部にあります。その名の通り、此処にはかつて伊予の国の国府が置かれていました。遺跡からは高さ60m程の七重の塔も建っていたと推測されています。境内には「弘法大師のつぼ」が置かれ、頭から足まで身体の何カ所かの身体の名が刻まれ佳くなりたい所を擦ると良いそうです。
140119.jpg

140118.jpg


 ここから今治市の中心部に戻ります。距離は7,8kmですが、今年は練習不足で、バスで移動することとしました。

55番札所『南光坊』(なんこうぼう)
 JR今治駅から1km程の市の中心部近くにあります。四国霊場の内『坊』が付くのはこのお寺だけです。しまなみ海道の真ん中の大三島にある『大山祇神社』(おおやまずみじんじゃ)と深くかかわる歴史があるそうです。島にある神社を海を渡って参拝することが不便なため神社の別当寺をこの地に移してきたそうです。

140117.jpg

140116.jpg

今年もまた、より良い年にするため張り切って生きます。
※ 各霊場の紹介文は「四国八十八カ所霊場会」の公式ホームページを参考にさせていただきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村