「春潮に 神代も霞む 熊野灘」
東京~徳島フェリー乗船記の2

 大台ケ原(オオダイガハラ)。三重県と奈良県境、紀伊半島の南東部にある標高1,400~1,600mの山々が連なる東西約5㎞の台地です。ここは南東に20㎞弱しか離れていない太平洋の熊野灘から急峻な台地の斜面を吹き上げる湿った風の影響で、年間降雨量は本州では最多と言われています。

2015041907032760e.jpg
かなり霞んでいますから、写真では見づらいと思いますが、奥にある薄青く横に広がった台地が大台ケ原です。

深田久弥により日本百名山の一つに挙げられていますが、名前だけしか知らなかった大台ケ原を初めて望んだのは20年ほど前。大台ケ原の北を走るJR関西本線の車窓からでした。遥か遠くからではありましたが、夕日に浮かび上がった広大な台地を神々しく感じたものでした。高天原に擬せられる場所は全国に多数ありますが、大和(飛鳥)からも遠くはないこの台地もその一つかな。古代から崇められていたのでしょうか。江戸時代末期には既存の霊場にはない手つかずの森を求めていた行者達が、新たな修行の場として訪れていたとの記録も残っているそうです。
 ところが、その台地も1億年前は海底だったそうです。太平洋にある海底プレートが、日本列島側のユーラシアプレートの下に潜り込むことでユーラシアプレートが押し上げ千数百万年前に陸地になった、とのことです。そしてこの大台ケ原のある紀伊半島は200万年前から現在にかけ1,000m以上隆起したとされています。紀伊半島と言うと多湿温暖な印象もありますが、2万年ほど前の氷河期ではツンドラ地域であったとも推測されています。氷河期が終わると台地で生育していた針葉樹も標高の高い所へ移動しその後消えてしまったそうです。現在残っている樹林は大台ケ原の氷河期から現在にかけての気候変動の生き証人でもあります。そして大台ケ原の成り立ちを知ることで日本列島の変遷を覗うこともできそうです。飛鳥人はどのような思いで見上げていたのでしょうか。そのような厳しい自然環境の中で生成された大台ケ原は古来「魔の山」「迷いの山」として恐れていましたが、近年はドライブウェイの開通などで手軽に訪れる人が増えることによる弊害や大規模造林などにより様相が大きく変わりつつあるようです。日本国内に限らず、世界遺産や自然遺産に指定された場所が安易な観光地となり、本来残されるべき姿やあるべき姿が失われてしまうことは哀しいものです。

 その大台ケ原を、フェリーから眺めることができました。「朝ぼらけ 有明の月と みるまでに …」との和歌もありますが、有明埠頭を出航し一夜明けた太平洋。天気晴朗なれど霞深し。遠く薄青く霞んでしまった大台ケ原は、残念ながら初めて目にした時ほどの畏怖は感じられませんでした。それでも今ここから眺める台地の大きさには圧倒されました。 

 その後、フェリーは台風情報でしばしば見聞きする潮岬を回ります。ここも20年ほど前に出張で立ち寄った場所で、街中の至る所で「本州最南端の○○店(屋)」と言う看板を見かけた記憶があります。民謡『串本節』では「ここは串本 向かいは大島 中をとりもつ巡航船」と謡われていますが、今は串本と大島は白い大きなアーチ状の橋が結んでいます。

1504262.jpg
左側の白い塔が潮岬の灯台。

20150419070508498.jpg
低い台地上に広がっているのが潮岬。昔は独立した島だったような印象です。

その岬を回ると瀬戸内海の入口。ここから見る和歌山の山並みは、瀬戸内海から見る四国山地と異なり随分たおやかな印象です。四国の石鎚山系ほどの高さもなく、また海岸線からの斜面も緩やかです。穏やかな気候風土を感じられ、愛媛や静岡と並ぶ蜜柑の産地であることも納得。潮風に吹かれながら時も経ち、徳島の眉山(ビザン)も大きくみえるようになりました。人の眉の形に似ているところから名づけられた小高い山。徳島のシンボルの一つです。

1504263.jpg
紀伊半島の山々。

20150419070529e9d.jpg
写真中央から右側に広がっている一番奥の山が眉山。

そして前夜19時30分に出航したフェリーは予定通り14時30分に徳島港に着岸。「退屈するかな」と思っていましたが、やはり島国日本、海上から眺める景色は陸上移動や飛行機から見る景色とは異なる美しさがあり、のんびりした船旅を満喫することができました。上陸後は徳島から今治まで、四国を横断する2時間半ほどのドライブです。

徳島市から四国中央にかけては吉野川沿いに高速道路が走っています。30年近く前に吉野川を下る10㎞の遠泳大会があり2度目のチャレンジで完泳できたことがありました。今では泳ぐことのできる川も殆どなくなりました。この川も残しておきたい自然の一つです。
                                                                      (終)

ポチ1回、お願いします。
  ↓
  にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
 
「黒髪を 梳く油風に 頬染まる」 
東京~徳島フェリー乗船記 その1

 父の3回忌でのプチ帰郷。今回のルートは、東京港有明埠頭から徳島経由北九州行きフェリーを利用しました。19時30分に出航、徳島には翌日14時30分着です。時間はかかりますが、閑散期の割引料金で4m未満の車両+運転手+同乗者1人の運賃合計は丁度20,000円。ガソリン代と徳島を降りて今治までの高速代、そして夕朝昼3食を入れてもほぼ3万円。以前、仕事で使っていた車を実家に保管するための移動も兼ねての船旅でした。

20150419065703b36.jpg

20150419065803167.jpg


 航路は有明港を出港後、2012年に開通した東京ゲートブリッジを潜り東京湾から太平洋へ出た後、相模湾、駿河湾、更に伊勢湾沖へと東海地方の南岸を経て紀伊半島を回り紀伊水道から徳島へ向かいます(因みに徳島から終着の北九州へは、瀬戸内海航路ではなく太平洋へ戻り高知沖から四国と九州の間の豊後水道を経て行きます)。
 有明埠頭出航直後は東京都内の湾岸部の夜景が見渡せ、東京スカイツリーと東京タワーも同時に眺められます。この航路には複数の船舶が交互に運航されており、今回私たちが乗船したフェリーは少し小型で客室は寝台のみ。幸い海側に窓のある二人部屋が取れました。他に椅子とテーブルが並べられているオーシャンホールやカーペット敷きの和室(スカイルーム)といった共用スペースがあります。また展望風呂もあり航海中は常に利用できます(浴槽は5人程が同時に入れます)。レストランはありませんが、多くの自販機があり電子レンジもあり不自由はありません。しかも飲食物は、通常の街中にある自販機と同じ価格で売られていました。ただフェリーであるためアルコール類はありませんから、乗船前に購入しておくと良いでしょう。暇つぶしには甲板で50m走もできます。東京湾を航海中に入浴と夕食を済ませた頃には、船窓から伊豆大島の街の灯りが見えました。1か月の新島トライアスロンに参加の時には寄港する予定です。デッキに出てビールを飲むにまだ少し肌寒い夜でした。

20150419070038ccb.jpg

201504190701522b2.jpg


 翌朝、太平洋から昇る朝日を見ることができるかな、と期待し早起き。しかし水平線近くにだけ雲がかかっていたためお日様が丸い姿を現したのは日の出から5分後くらいでした。今日も良い日になりますように、と願掛けしました。出航翌日の太平洋沿岸航路も穏やかな良い天気になりそうです。

20150419065919814.jpg


※油風(あぶらかぜ)
 4月頃の晴天の日に吹く穏やかな南風のことです。東海から近畿、瀬戸内一帯の舟人が使う風の呼び名だそうです。
 デッキに立つ乙女の黒髪が風に揺れ、白いうなじが見え隠れ。恥じらいが頬を染めました。

  ↓宜しければ、ポチお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
1504121.jpg

今年もやって来ました、球春。一足先に甲子園では選抜高校野球が開催され正岡子規の母校の松山東高の善戦も話題の一つになりました。同校は昨夏から愛媛県内では安定した戦績を残していましたから、甲子園でも立派な戦いぶりを披露してくれました。ただ愛媛も最近はサッカーチームも複数誕生するなど、少子化の中で選手確保も難しくなるのでしょうか。キヨタは野球部に入れなくてしかたなく駆けっこを始めたのですが。

さておき、今シーズンのプロ野球初観戦は昨年に続き神宮球場でのプロ野球「阪神対ヤクルト戦」。神宮球場でのオープニングゲームということで、試合開始前のセレモニーから盛り上がりました。始球式にはなんと、さだまさしが登場。キヨタが高校生の頃からのファンでしたが、生さだまさしを初めて見ました。白い羽織袴姿で見事ストライク投球。

1504122.jpg

1504123.jpg

 試合は1回表に阪神が3点を先取。スタンドを吹き抜ける春風はやや肌寒いものの幸先の良いスタートで、しかも阪神の先発投手はヨーコが大ファンの能見。今日はビールが美味しいぞ、と余裕の観戦態勢でした。ところが追加点を奪えないままにジリジリと追い上げられ、終わってみれば逆転負け。野球にある幾つかの負けパターンの典型。試合終了と同時に足早に球場を後にしました。


 ところで、この神宮球場のスタンドから見える風景。昨年までと変ったところがりました。昨年まではレフトスタンドの向こうに国立競技場が見えていました。その競技場、2020年東京オリンピックに向けて建て替えのための取り壊しが進んでいました。高校3年のインターハイの舞台が国立競技場。後にも先にも1度だけ走った競技場も、春の夜の夢の如く解体されて行きます。また別の舞台を探しましょうかね。

1504124.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
1503044.jpg

 今年の桜は短かったなぁ。7,8分咲になったと思ったのも束の間、花見酒を楽しむ間もなく散り始めました。それにもかかわらず、桜の花の下で満面の笑みを湛えているのは布袋様。横浜市港北区の綱島駅近くにある小さな禅寺の境内でお花見を楽しんでいるようでした。一応、趣味でトライアスロンをやっている私達には、その体型を真似ることはできませんが、いつも笑みを絶やさず心穏やかに過ごしていきたいものだと思います。

1503045.jpg

 私たちのトレーニングコースの鶴見川沿いの桜も短いものでした。

1503043.jpg

1503042.jpg

1503041.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村