1602087_201602211533368c3.jpg

 今治市内には幾つもの古墳があります。その一つが市の中西部の大西町にある『妙見山古墳』。1966年に調査が開始され前方後円墳であることが判明しました。 長さは56m。幅33mの台形の前方部と直径39mの円形の後円部が連なった形状で、 教科書に出てくる『仁徳天皇陵(大仙古墳)』と同じ形状です。古墳時代の初期、3世紀から4世紀に移る頃に造られたそうです。卑弥呼の時代から50~100年ほど後の頃です。

 妙見山古墳の特徴の一つは、高さ80mの小高い丘の上に築かれていることです。仁徳天皇陵は平地部に石組みや盛り土をして作り上げられているのに対し、妙見山古墳は丘の上の花崗岩の岩盤を削り出して造られています。ですから長さや規模では遥かに及ばないものの、高さ36m弱の仁徳天皇陵よりは遠くからも見えたのではないでしょうか。

 仁徳天皇陵は大阪府堺市にありますが、当時、浪速の海に面してこのような墳墓が築かれた目的の一つとして、中国からの渡航者も含め、瀬戸内海を渡って大和に入って来る人たちに対する示威であったとも言われています。大きな古墳を築く勢力と財力、技術力があることを誇示するランドマークだったのかも知れません。その観点からしますと、妙見山古墳も九州から豊後海道を渡り、四国北岸沿いに大和に向かう人々にも、日に輝く花崗岩の墳墓は大きな感慨を与えたのではないでしょうか。

妙見山古墳の遠景。今でこそ樹木で覆われて普通の丘と見間違いますが、造られた当時は花崗岩が剥き出しだった筈です。
1602082_201602211533316d8.jpg

登った先にはどのような光景が広がっているのでしょうか・
1602089.jpg

古墳の頂が見えてきました。
16020810.jpg

後円部から見た前方部。
16020813_2016022115333728b.jpg

古墳の周囲には複製の土器が並べられています。
1602084.jpg

1602083_20160221153333936.jpg

古墳の南端から望む瀬戸内海(斎灘=いつきなだ)。きっと海を行き来する古代人からも墳墓がはっきり見えたでしょう。
16020812.jpg

前方部の石棺が納められていた場所です。
1602085.jpg

古墳裏の道。木陰から古代人が飛び出してきそう?
1602086_2016022115265167e.jpg


にほんブログ村
1602192.jpg

1602197.jpg


1975年3月、横浜港へクィーンエリザベスⅡ世号が停泊。3日間で凡そ40万人の見物客が押し寄せたとか。その3年後、今からちょうど38年前の2月、20歳のキヨタは横浜からナホトカ行きの船に乗り、シベリア鉄道とヨーロッパ横断鉄道、そしてオランダから北海の鉄道連絡船を乗り継ぎイギリスへ渡りました。大桟橋はその当時とはすっかり様相が変わってしまいました。そして、その時の鉄道旅の写真?ではありません。

1602191.jpg

16021913.jpg


横浜駅から徒歩10分弱、『原鉄道模型博物館』に展示されている入場料1,000円で楽しめる鉄道ジオラマです。このジオラマの特徴の一つは、レールの上に架線が張られていることです。普通、特に一般家庭の鉄道のジオラマで架線を張ることはなく、動力となる電気はレールから流れてきます。ですから、模型電車を走らせるとパンタグラフはあるけれど架線がないという微妙な感じになってしまいます。しかし、ここでは架線がり、実際に電力を架線から得ています。ですから電車の走る風景がリアルです。それと、列車の走行音やレールの継ぎ目で響く車輪の音がとても忠実に再現されています。このヨーロッパ風ジオラマの隣室には横浜をモデルにしたジオラマもあり、その他、世界各国の鉄道模型や鉄道に関する資料が展示されています。大人でも、というより大人だからこそ楽しめる施設です。

16021914.jpg

16021912.jpg

16021911.jpg

16021910.jpg

1602199.jpg

1602198.jpg

1602196.jpg

1602195.jpg

1602193.jpg

1602194.jpg




にほんブログ村 
1602152.jpg

 Triathlon TEAM Big Lake の4周年を記念する総会兼新年会が2月13日に滋賀県草津市で開催され、私たちも参加してきました。このチームの本拠地は滋賀県。チーム名は琵琶湖が由来です。メンバーは北海道から沖縄まで凡そ130人。流石に全員が一堂に会する機会はありませんが、FacebookやHPやブログなどを通じ『離れていても心は一つ』を合言葉に絆を深めています。関東地区にも10人余りのメンバーがいます。この総会の第1回に私たちも参加しましたが、例年1月上旬に開催されるため、ちょうど私たちが自転車で伴走ボランティアをする港北駅伝大会と重なる年が2年続いていました。けれど今年は2月開催になったため思い立って参加させていただきました。「横浜から?」と思われるかもしれませんが、なかなかお会いできる機会のないメンバーとの語らいを楽しみに出かけました。
 
 今回集まったのは20人程。愛知や三重から来られた方もおられました。新年会では豪華景品を巡ってのジャンケン大会やクジ引きが行われ、私たちは決戦用の自転車のタイヤと、チーム代表の「こうたん」さんが提供した下さったアイアンマンバッグを手にすることができました。これだけでも横浜から来た甲斐がありました。1次会、2次会を通じ4時間余り、楽しい時間を過ごすことができ、また今シーズンに向けてのモチベーションアップにも繋がりました。

1602151.jpg

1602155.jpg

1602154.jpg

1602153.jpg



にほんブログ村


にほんブログ村