東京にある愛媛

 通勤で使用している東京都と神奈川県を結んでいる鉄道会社のタオル。今治タオルです。図柄はその鉄道会社のキャラクターです。

1609222.jpg

 サラリーマンの街、新橋にある「せとうち旬采館」。愛媛県と香川県共同のアンテナショップです。1階では両県の物産品が販売され、2階には観光案内所と地元料理中心の飲食店があります。開設以来、来店者が600万人を超えたようです。新橋は通勤途上にあるため、時々利用しています。今夏は熱中症対策で伯方の塩あめを買いました。

1609225.jpg

1609226.jpg

1609221.jpg

1609228.jpg

 同じく新橋駅近くにあるショットバー。今治出身の方が経営されています。

1609227.jpg


 勤務先の最寄りの地下鉄の駅にある看板。愛媛県内に本店がある企業の東京支店の看板です。毎朝、通勤時に横を通っては元気をもらっています。

1609223.jpg

 地下鉄の出口を出て見上げる。東京の空は狭いねぇ。

1609224.jpg


にほんブログ村

京都鉄道博物館

16091813.jpg

2016年4月に開館された「京都鉄道博物館」。展示面積では現在、日本最大だそうです。館内には往年の車両を始め、鉄道に関する資料やジオラマ(鉄道模型)が所狭しと展示されていました。訪ねたのが夏休みだったため、館内は多くの家族連れが詰めかけ、なかなか落ち着いて観覧することはできませんでした。また、展示されている車両が作られた感があり(城郭に例えれば、コンクリートで再建された天守閣のような物)、実際に走っていた車両の感じがしなかったのは残念でした。それでも40年ほど前に乗った寝台特急の車内が再現されていたり、写真でしか見たことのなかった車両に触れることができるなど、アラカンのおじさんでも十分楽しめる施設でした。


1609189.jpg
雷鳥は関西と北陸を結ぶ特急でした。いまはサンダーバードと言う愛称になっています。
こだまは言わずと知れた名特急。

1609188.jpg

くろしおは大阪と南紀間の特急。いまでもその愛称は残っています。車体はこだまに似ていますが、飛び出した鼻が特徴です。こだまが優等生なら、くろしおは腕白小僧という印象です。

16091814.jpg

16091810.jpg

20~30歳の頃、帰省や出張で乗ったブルートレインの模型。
1609182.jpg

ブルートレインの食堂車輌がレストランとして利用されています(但し、外観だけの造りものですが)
16091817.jpg

16091818.jpg

16091819.jpg

16091816.jpg

1609186.jpg

客車式B寝台車(3段式)。こんな狭いベッドですが、憧れの空間でもありました。東京~宇野間の「瀬戸」、東京~広島~博多間の「あさかぜ」はしばしば利用しました。30年前、仲間と初めて皆生トライアスロンに参加するため乗り込んだ「出雲」で語り明かしたのもこの座席でした。
1609185.jpg


「伝言板」。今は見かけません。 
16091815.jpg

昭和の駄菓子屋を再現した展示もありました。

1609187.jpg

どうしても外せない新幹線0系の先頭車両。夢の超特急。
16091811.jpg

大きなジオラマ。車輌が運行為されるのは1時間に1回。順番待ちで入れませんでした(運行されていない時間帯は自由に見学できます)。
1609183.jpg

1609181.jpg

博物館のテラスの間近を新幹線や東海道線が走ります。遠くに見える東寺。こちらもワクワクさせてくれる光景です。
1609184.jpg


にほんブログ村

「つい癖で 同窓会でも サバを読み」

 先日の母高同窓会で交わされていた大先輩の方々(女性)の会話2題。

その1
Aさん「あんたぁ、今年でなんぼになったん?」
Bさん「○○歳よ。」
Cさん「何で?あんた、私が3年の時に1年じゃったろ。
    そんなに若い訳、なかろ。」
Bさん「ほうじゃった。どこ行っても、その歳で通しとるけん。
    いっつもの癖で、サバ読んでしもたわい。」
Cさん「同窓会でサバ読んでも、しょうがなかろ。」

その2
Dさん「今、住んどるとこの近くに腕のええ写真屋さんがあってね。
    近所でも評判なんよ。」
Eさん「ほうね。記念写真なんかも撮ってくれるん?」
Dさん「奥さんが上手に化粧してくれるし、貸衣装もあるんよ。」
Eさん「そりゃ、ええねぇ。」
Dさん「そやけん、こないだ、私も遺影を撮ってもらいに行ったんよ。」
Fさん「遺影?まだ早よかろ。」
Dさん「ちょっとでも若いうちに撮ってもろた方が良かろ。」
Eさん「出来は良かったん?」
Dさん「良すぎてねぇ。遺影にするんが勿体ないけん、お見合い写真にしょうか思いよんよ。」

それに引き替え、まだまだ、この境地には至らない若造です。


にほんブログ村

北桜会東京支部総会

1609041.jpg

 今治市にあるキヨタの母高の同窓会関東支部の総会が都内であり、年代を越えた180人が集まりました。母高の前身は旧制の県立女学校だったこともあり、出席者の多くは私より年上のお姉さん(否、大先輩)。アラカンの私ですら、駆け出しの域を出ません。
 
 同席になったのは私より10期上の方が7人、一方、20期下の方がお一人、と言う顔ぶれ。初対面の方ばかりでしたが、そこは同じ高校出身。開式してものの10分ほどで打ち解け、2時間半は瞬く間に過ぎてしまいました。

 その諸先輩方に「若い人も付き合いなさい。」と言われ、その気になって2次会へ。そして3次会は10期上の方が経営しておられるショットバーへ。12時30分から始まった同窓会も、帰宅は午前様になってしまいました。

 私より10期以上年上ということは、高校を卒業されたのは1960年代半ば。前回の東京五輪直前ですね。その頃に、特に女性が(差別と言う意味ではなく)、今治から東京へ出るには相応の強い思いと言うか覚悟をもっておられたのでしょう。

 勿論、人数は少ないとはいえ、若い人たちも活躍しています。同席した20期下の女性はソプラノ歌手として、そして別席ではありましたが、地元でしまなみ海道を盛り上げる「しまなみカメラ女子旅」を企画している方もおられました。

1609045.jpg

1609044.jpg

1609043_20160904220349017.jpg

1609042_20160904220347dbd.jpg


 関東支部の総会は2年に一度の開催ですが、その年は創立120年に重なります。これを機会に、もっと多くの後輩たちにも参加していただきたいです。




にほんブログ村
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR