1978年2月19日

1702196_201702191634371bc.jpg

 今から39年前の2月19日。キヨタはロシア(当時のソビエト連邦)の首都モスクワで朝を迎えました。2月14日に横浜からナホトカ行きの船に乗り、ハバロフスク経由で18日にモスクワに到着しました。
 
 
 海外渡航が自由化されたのが1964年。その3年後に発表された五木寛之の『青年は荒野をめざす』に触発された多くの若者が、この小説のルートを伝って横浜~ナホトカ~ハバロフスク~モスクワへ向かい、さらにヨーロッパへと旅立っていきました。

 小説の主人公と同年になった20歳の私もまたナホトカ航路の線上にいました。海外渡航が自由化されて僅か14年後でしたが、父が外国航路の船乗りだったこともあり、私にとって「異国の地」はそれほど遠いものではありませんでした。

1702193.jpg

1702192.jpg

 小説の主人公のような波乱に富んだ旅ではありませんでしたが、機会があればまた辿ってみたい旅路です。ただ、残念ながら、横浜~ナホトカ航路は既に廃止され、船で渡るとすれば新潟港から目指すことになります。そして、20歳だったからできたことが、この歳になるとできなくなっていることもあるかも知れません。

17021910.jpg

1702199.jpg

1702191.jpg

1702194.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

早春の出会いと再会(愛媛県人会関東支部新年会と大学同期との語らい)

 立春を過ぎたとは言え、まだまだ寒い日が続きます。それでも梅一輪は春が遠くないことを知らせてくれます。そんな早春の東京で楽しい出会いと嬉しい再会がありました。
 新しい出会いは2月11日夜、東京の新宿で「愛媛県人関東支部」の新年会に参加しました。 県人会関東支部の集まりに参加するのは初めてでしたから、お会いする方々も初対面ばかり。会場に着くまでは幾ばくかの不安も抱えてはいました。それでも、そこは同県人同士、開宴間もなく打ち解けさせていただきました。
 県内全域から30人余りが参加、20代から50代前半の方々が大半だったでしょうか、見た目、キヨタは上から2番目くらいだったかもしれません。故郷を離れ、各方面で活躍されている若い人たちの姿はおじさんにも活力を与えてくれますね。19時から始まった会、2次会にも参加し、終電ギリギリで帰宅。

新年会場近くの「花園稲荷神社」境内の梅。

1702123.jpg

こちらは横浜の自宅近くの梅。

1702122.jpg

  翌12日は、一転して凡そ30年ぶりに大学のゼミで一緒だった学友2人と再会。学内でもかなり真面目に勉強する20人余りいたゼミ員の中でも、特に真剣に取り組んで(!?)何故か気の合った4人組。卒業後も何度か飲みに行ったり、泊りがけで遊びに行ったりの交友がつづいていましたが、30歳ころから会う機会が有りませんでした。その内の2人とは年賀状のやり取りは続いていて「今年こそ会おうね」と書きつつ実現できなかったのですが、還暦を迎えるに当たり漸く、3人で会うことができました。勿論この再会、30年の時空を超えるには時間はかかりませんでした。昼間の12時前から19時過ぎまで、互いに覚えていたこと、忘れていたこと、懐かしいこと、そして今のことの話が続きました。仕草や表情も当時のままでした。キヨタの卒業した大学創設者の理念は「大学は学問を通じての人間形成の場」ということでしたが、改めてあの4年間で作られた人間性、そしてそこで得た友の重さを感じました。

 カウントダウンの始まりが近くなる年齢になりますが、いつまでも出会いと再会は大切に繋ぎ留めておきたいと感じます。

 節分の豆を60個も食べると流石にお腹が張りますね。

1702121.jpg

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR