いよいよ明後日23日は大田原マラソン。膝の故障が癒えない私は10km、ヨーコはフルに出ます。事前情報ですと、フルの参加者は3,500人。制限時間4時間の大会にしてこの人数です。つい3,4年前までは700人そこそこの参加者で、スタート時の混雑もなく、記録を狙うには絶好の大会だったのです。
 それが年を追うごとに参加人数が急増し続け、私が最後にフルに出た一昨年、私のような後方グループが走る頃にはゼネラルテーブルには全く水がない状態で、皆、苦労しました。中には前のランナーが道端に捨てていった紙コップやパックを拾って、中に僅かに残った水を啜る人も少なくありませんでした。今年は更に人数が増えているので心配です。
 35k過ぎには、沿道の方の私設のエイドステーションがあり、かなり助けられていたのですが、今年からコースが変わり、どうなるのでしょうか。こういった、沿道の方の応援や支援は本当に嬉しく思います。

 因みに、この大会は5年前、35キロ地点で制限時間をオーバーし失格となり、生まれて初めて『収容車』に乗ったレースです。この時は、練習不足でしたから、スタート前から、かなりヤバイ、というか、途中棄権はある程度、確信犯的に予測していました。ですから、関門を示すラインを通過した時に白い旗を振り下ろされえ失格を告げられて時も、あまりショックはありませんでした。
 
 ただ、辛かったのは、失格になった中では比較的速い方だったので、収容車が出発するまでにかなり時間がかかったことでした。バスの中で、ランシャツ・ランパン姿でじっと座っている状態は、心身ともに本当に寒かったです。以来、収容車には絶対に乗らない、と決めました。ですから、昨年の横浜マラソンの16キロ地点でタイムオーバーで失格になった時は、係員からバスに乗ることを進められたのですが、丁重にお断りしました。ゼッケンを外し、そのまま歩道を走って帰りました。制限時間をクリアーしたランナーを何人も追い越しながら……。
 
 横浜鉄人クラブからも過去最多の17人が参加します。記録狙い、完走目的と皆それぞれの目標を持っていますが、今大会での楽しみの一つは、レース終了後、温泉に入り宇都宮餃子をタラフク食べる、というものです。朝5時過ぎに家を出ての、帰宅は夜11時過ぎ、という長い一日になります。今年は、どのような一日になるのやら、楽しみであるような、怖いような。

 こんなことばかり、書いていますと、もっとまじめに練習しろ、とお叱りを受けそうです。漸く膝の調子が良くなりつつありますので、来年は復活します(もう、来年の話をしても、鬼は笑わない時期ですよね)。

    ***********************************************
昨日の練習:スイム2,400m。いつもどおり500m中心。
本日の練習:スイム1.800m。500×3(平均7′50″)。ヨーコのベストは久しぶりに7′07″。
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/10-7d9dcbc2