矜持、声色、成りすまし

 このブログの読者の方から川柳の同人誌が送られてきました。『川柳葦群』。主宰者の梅崎流清さんの巻頭言の中に出てきた言葉です。

 引用させていただくと、「経済や情報の発達はあらゆるものに平準化を促した。本来その地方が守り伝えていく風俗や文化とて例外ではない。雪が美しいとしか見ることができぬ旅行者が、雪に呻吟する人の「声色」を真似ていいのだろうか。」(中略)「作品から作者の見えぬ「成りすまし」などどいう言葉は」(後略)。川柳に関しての言葉のようです。しかし…。

 この言葉が書かれたのは昨年の10月1日号なので、今回の東日本大震災の前です。しかし、この震災以後の世の中の反応を見ていると、「声色」や「成りすまし」という言葉が当てはまる行為もあるのではないか、と思ってしまいます。

 それだけでなく、日頃の生活の中にも、このようなことが、意識無意識の内に、自分自身でも表面化させていることがある、と省みました。

 また、同氏は、声色を上手に使い分ける年上の川柳家に「貴方には人間が持たなねばならぬ矜持があるのか。」と言ったそうです。これもまた、日頃の生活に流れていると、忘れてしまわなければならないことも、ないわけではありません。

 成りすまさない、声色を使わない、矜持を保ち続ける。おいそれとできることではありませんが、意識し続けなければならない、と思っています。

 「存分に咲いてさくらの葉桜に」
01.jpg
 同人誌を送ってくださった方の川柳です。私の出身高校の校章には桜があしらわれています。存分に生きている、とは言えません。桜に恥じぬよう。

 CoC=ココの二人はスペイン国境近くまで進んだようです。

 ********************
 26日の練習:スイム3,200m

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

こんばんは!成りすましてないhoneyです。(^^ゞ
明日の横浜駅伝は 10時スタートです。
今年は600組ほどの参加だそうで、迷子にならないようにがんばります?!
honeyのブログでお返事書かなくてごめんなさい。
ちょっと・・仕事が長引いちゃって・・お返事、さぼりました(..)
では、明日♪

ありがとうございました

今、川柳葦群はHPからブログに移行中です。その作業の中でたまたま貴兄のコメントに触れました。大震災後川柳家の中には被災者の「声色」で川柳を作る人が増えています。この18号にはどうしても作りたかったら吟行をかねて現地に行くべし、との提言をかきました。励ましのコメントありがとうございました。

梅崎様。

ご訪問いただき、また、コメントを頂き、こちらこそ、ありがとうございます。私の母がいつも投稿しているようで、母から送られてきました。滅多にないことです。多分、母の作った句は私には理解できないだろう、と思われているようです。これからも楽しみに拝読させていただきたいと思っております。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR