今年8月に、愛媛県中島のトライアスロンに参加しました。2月初めに痛めた膝が癒えておらず、不安を抱えたままでした。案の定、バイク後半から痛み始め、どうなることやら、との思いで走っていました。ランは最初から歩きっ放し、それまでのレースの中で、一番辛いレースでした。本来、このような体調では参加すること自体、避けるべきなのでしょうが、この大会は第1回から今年の25回まで、連続出場している為、何としてでも参加はしたかったのです。それと、手前味噌になってしまいますが、レース途中で、ヨーコがもしかしたら優勝できるかかも知れない位置にいたので、妻が優勝して、旦那がDNFでは、話にならないなぁ、との思いで歩き続けました。

 中島は、松山市からフェリーで約1時間、広島県境に近い周囲凡そ30kmの、瀬戸内海に浮かぶ島です。年に1度のトライアスロンには島中の人たちが応援してくれます。参加者は皆、その応援に励まされゴールを目指します。ただ、私にとっては、今年は沿道からの応援は辛かったです。

 「頑張れ」。歩いている私に声援を下さるのですが、そう言われても、痛い膝が治るわけでもなく、自分なりには精一杯なのだけれど。ただ、沿道の方は熱く声を掛けてくれます。頑張れと言われることが、これほど辛いことは初めてでした。

 今回、大田原で見ていても、元気に走っている人に頑張れと言っても、走れない自分に対して「お前こそ頑張れ。」という声が自分自身の中で聞こえてきそうで。一方、疲れた人に頑張れと言うのも酷なような気がして、手を叩いてあげるくらいしか出来ませんでした。34km地点では、その先が追い風で下り坂になることを伝えてあげました。それが少しでも励みになるのかな、と。具体的な言葉を掛けてあげるのが良いのでしょうか。

 「頑張れ」以外に、何か良い励ましになる言葉はないものかな、と探しています。

大田原フルマラソン:ヨーコ 3時間27分00秒でのゴールでした。

  *************************

昨日はスイム練習。500m×2(8′00″、7′25″)、300m×2(4′30″、4′35″)でした。4日ぶりのスイムで、最後の2本は300mまでしか続きませんでした。ヨーコとは別時間帯でした。
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/13-5d7bbb11