高校野球その後

 神奈川大会の4回戦、私立日大高と公立の戸塚高。日大高は日本大学の付属高校で、校舎が私の家から歩いて10分弱、グランドは歩いて2分の所にあります。全面人工芝で、合宿もできるクラブハウスもグランド敷地内にあります。恵まれた環境です。ただ、他の強豪私立校のように公式戦でもできるような広さはありません。せいぜい両翼80m位です。しかも野球部専用ではなく、サッカー部や陸上部も共有のようで、毎日高校生が汗を流しています。ナイター設備があるため、多くの野球部員も夜9時頃まで練習しています。それでも神奈川県で優勝候補にも上げられていません。家から一番近い所にある高校なので親近感はあるのですが、相手が公立高校となると、どうしても相手を応援してしまいます。ただ、戸塚高も公立の中では実力のある学校のようで、春の県大会では選抜優勝の東海大相模にも勝ったそうです。試合前の予想では戸塚が勝つのでは、との声が多かったようです。結果は3対0で日大高の勝ち。セオリーどおり、肝心な所で四球とタイムリーエラーの出た戸塚高が負けました。もしも…、が許されるなら、もう一度対戦できれば違った結果になるかもしれないくらいの実力は伯仲していました。

 私立優位の中でも、公立高校の選手、特に投手には、私立からの誘いを断りあえて公立に進んだ選手も少なくないようです。理由、動機はいろいろあるのでしょうが、勝ち抜くとなると、どうしても選手層の厚い私立には叶いそうにありません。神奈川は1回戦から出場すると優勝するには7試合勝たなければなりません。公立は優れた投手がいても、その一人に頼らざるを得ないため、1回戦から全力投球が求められます。なかなか、4試合、5試合続けて実力を発揮し続けるのは難しいです。一方、私立は控え選手も強力な為、エースは3,4回戦辺りから肩慣らし程度に出てくればよいので、決勝戦まで余力を残しながら戦えます。
 
 先日、スタンドで選手のお母さん同士で会話が交わされていました。
「相手は何でエースを出して来ないの。いくらこちらが弱くても、全力でぶつかってくるがスポーツマンシップじゃないの。」
「そうだよね。失礼よね。いくらこの次の試合を考えてと言ってもね。息子もあのピッチャーと対戦できるのを楽しみにしていたのよ。」
 確かに、お母さんの気持ちは十分分かります。けれど、それほど簡単な話でもないと思います。

 スポーツには不測の事態も起こりえる。チームスポーツではレギュラーに万一のことがあってもそれを補えるだけの控え選手も必要。そのためにも控え選手を試合に出せる時は出しておく。
 また、今年だけでなく、来年、再来年のチーム作りも考えなければならない。そのためには下級生にも実戦経験を積ませておく。
 また、普段から一所懸命練習に取り組んでいる選手であれば、一度は試合に出させてあげたい。
 相手チームの監督さんにもいろいろな思いがあるでしょう。その戦略を、一概にスポーツマンシップに反するとは思えません。
 後は、相手のエースを引きずり出すくらい自分達が力をつけることしかないのでしょう。

 今夜(22日)から、プロ野球のオールスター戦。プールが休みなので、早めに仕事を終えてテレビ観戦しよう。

 *************************:
21日の練習
 ラン:鶴見川11km
     アップ1km
     jog10km56分32秒
     台風余波のためか、今日はこの季節にしては何時もと逆の川風。
     往きが追い風、帰りが向かい。
     その状況で往きは28分17秒、
          帰りが28分15秒。
     特に、帰りの4kmは向かい風の中でほぼキロ5分30秒を維持できた。
     走り終わった後肌寒いくらい涼しかったのが良かった。
     膝の具合は、まぁまぁ、と言うところ。

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

嬉しいコメント有り難うございました。
こんなに自分を頑張らせてる人がいるんだなぁと思って、たまに見せて頂いておりました。
kiyo & yoko さんのブログを、私の方でもリンクさせて頂いてよろしいでしょうか?
いろんな方に見てほしいので、ぜひ宜しくお願いします。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR