原発、政治、円高ドル安、高校野球…。いろいろなニュースが飛び交う中で、ひっそりと、何時の間にか、それでもとても重要な出来事が始まっていました。2011年8月8日、72年ぶりにコメの先物市場が復活したことです。

 お米の価格は政府が決めたり、JAが主体になっていたのを、先物取引を通じて、活性化したり明確化しようというのが狙いのようです。それだけを考えれば、消費者にとって好ましいことではあるでしょう。
 しかし反面、お米が金儲けの材料にされかねない、という懸念もあります。
 取引初日は、基準値を大きく上回る買い注文が入り、取引は成立しなかったそうです。放射能汚染や水害の影響で今年の供給が減ることが予想されることが原因で、投資家や販売業者が高値での買い付けようとしているのでしょう。一部の資本家によって、私たちの食生活が脅かされないこともありえます。小さな扱いの割には、大きな問題です。

 かって、「お金を儲けることは悪いことですか。」と言い放った経営者がいました。お金を儲けること自体は悪いことではありませんが、儲け方や儲けたお金をどうするか、という視点がなかったように思います。

 バカと鋏は使いよう、と言われていましたが、お金も使いよう次第です。もっとも使えるほどのお金のない私には縁のないことですが。

 *************************
 8月8日の練習
  バイク 40km (鶴見川5kmコース×4往復=サイクリング程度)
  ラン  2.5km (スイム往路)
  スイム 1,500m (500m×2=7′55″、8′02″ + その他)
  ラン  2.5km (スイム復路)
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/182-30512f91