世界の切手

 このところ、仕事にかまけてブログに書けるような出来事は起こっていません。また、物事を考えるということも怠けています。
 そこで、小学生から中学生の頃、集めていた切手を載せるカテゴリを作りました。
 日本国内だけでなく、海外の切っても数多くあります。父親が海運会社に勤めていたこともあり、仕事の関係で送ってこられた郵便の封筒から切り取った物もあります。ですから、どこの国の物か、何を表しているのか分からない切手もあります。
 本棚で眠らせていても勿体無いので、少しずつ載せて行きたいと思います(と言うのは言い訳で、ブログを書く作業をサボるのが口実です。

 第1回は強い印象のある切手です。写りが悪いのですが、こちらの腕も少しずつ上げていこうと思っています。

左上:モンゴルの1966年の子どもの日の記念切手。モンゴルにも子どもの日があるのですね。朝青龍や白鵬も子どもの頃から、こんな相撲をとって強くなったのでしょうか。

右上:中国人民政府発行。顔つきが如何にも中国らしいと思います。

真中:カタールの切手。誰か功績のあった人物のようですが、全く分かりません。

左下:発行当時の国名はDAHOMEY(ダオメー)。現在の国名はBenin。アフリカ西部にある国です。描かれている人の顔が、とても深い思いを醸し出しています。

右下:シンガポール。何かの象徴でしょうか。

20110904.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

小学生の頃からのコレクションてスゴイですね!しかもこんなに良い状態で保管してあるとは、さすがキヨタさん。
いろんな国の切手見せていただくの楽しみです。

No Title

Onchiさん、コメント2413ありがとうございます。
私の小学生時代は、ほんの10年程前です(!?)。
せっかく集めた物なので、少しは日の目を見させてあげたいと思っています。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR