いつも走っていた道

高校生の頃、専門種目は400m、800mでしたが、長い距離を走るのも好きだったので、シーズンオフや気分転換に、学校から海岸沿いを通って約10kmのロードワークも時々やっていました。
先日の同窓会の翌日、そのコースを何十年ぶりでしょうか、走ってみました。もっとも二日酔いと蒸し暑さの中で途中からバスに乗りましたが…。
仕事や体調から、なかなか思うようにトレーニングが出来ないこの頃ですが、久しぶりに懐かしいコースを走って、少し元気になりました。

学校前の川を下流に2kmほど走ると小さな漁港に出ます。このコースの前半は海沿いなので、ところどころにこのような漁港があります。
PA0_0054.jpg  PA0_0053.jpg

向かいは大島、中を取り持つ来島大橋(しまなみ海道)。高校生の頃は、ここに橋が架かるとは、夢にも思っていませんでした。来島海峡の激流にもまれる白身魚は、とても美味しいです。鯛に限らずオコゼ、アコウは絶品です。
PA0_0051.jpg

こんな海沿いの道を走っていました。
PA0_0052.jpg

コース上にある造船所。今治はタオルと造船の町です。当時に比べると寂しくなっていますが、造船所のたくさんのクレーンがキリン群れのように見えていました。
PA0_0050.jpg  PA0_0049.jpg

造船所が5km手前。そこから10~15%くらいの傾斜の坂が500mほど続きます。ここが最大の頑張りどころ。その坂を上るとこんな景色が疲れた体を癒してくれます。手前に見えるのが馬島と言います。奥が大島。鳴門の渦潮ほど有名ではないですが、ここの急流も迫力がありますよ。


****************************
このところの練習内容は、スイムを相変わらず、500mのインターバルを主体に行っています。私は週に3,4度、1,500~2,000mくらいしか泳いでいません。500mがどうしても8分切れなくなっています。ヨーコはかなり戻ってきたようで、連日3,000m以上泳いでいます。昨日は500m7分03秒。かなり調子は戻ってきています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR