人工甘味料

 なんとなく引っかかっていたことを言い表してくれる言葉と出会いました。梅崎流青さんの文章の中に出ていました。私が理解できる範囲では、「言葉」の力を信じる、というのは大切なことだが、ウケを狙ったような言葉、つまり『人工甘味料』にまみれた言葉は信じられない、ということでしょうか。梅崎さんは「作為なき言葉を信じる。」とも仰っておられます。
  
 ただ、言葉に作為を用いない、というのは私にとって簡単なことではないと思います。この程度のブログであったとしても、誰かに読まれるであろうことを想像(或いは期待)して書いています。嘘や出鱈目を書くことはありませんが、事実を曲げない範囲で恰好を付けた言葉や、目を引くような言葉を考えていることがあります。何らかの目的をもって言葉を選んでる時もあります。そんな言葉が、自分の体の中から湧き出てくる言葉と限らない場合もあります。

 それは日常の生活の中でも人が発する言葉の中に、それを感じることがあります。

 それに比べれば、津波から逃げ遅れた親友に対し、「ばかな奴だった。早く逃げればよかったのに。」という言葉は、私には親友を思う心から出た言葉のように感じられます。勿論、人によって同じ言葉でも受け取り方が違うので、誤解をされるような発言は慎まなければならないのは当然です。ただ同時に、この言葉を非難する人たちが普段発している言葉が、どれほど空虚なものか、と感じずにはいられません。

 人工甘味料の混じらない言葉で表現する。難しいけれど、努力していきたいのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR