鈍感って幸せ?

 先日、テレビ番組で芸人が言っていました。主旨は、「人によって敏感な人と鈍感な人がいて、敏感な人は周囲に対し反応が鋭く、鈍感な人は周囲に迷惑や不快を与えていても気づかない。敏感な人はそれに対して腹を立てるが、腹を立てたら負けだ。だから鈍感な方が幸せだ。」ということでした。
 私は、なるほど、と思いました。

 『鈍感力』というタイトルの本を見かけたことがあります。その主旨がどうなのか、こんど読んでみようと思っています。

 一人の人には五感、六感、その他いろいろな感覚や感情、考え方があり、一人の人の中ですらその全てが敏感で、全てが鈍感であることはありません。また鈍感から敏感の間は、不可区分です。
 まして、二人以上の人が集まれば(親子、夫婦であったとしても)、それぞれの敏感、鈍感に感じるところは異なってくるでしょう。私たち二人もそれが原因で、しばしば…。

 人の行為に腹を立てることもあれば、人が腹を立てていることに気づかないことも。それは私にもあります。鈍感な部分を直そうとは思うのですが、なかなか難しいです。

 腹を立てるより、鈍感だと思われていることにも気づかないくらい鈍感であれば幸せかもしれません。が、そこまで鈍感になれないところに苦痛もあります。

 「あなたのことを思い続けてきたのに気付かないなんて、鈍感ネ。」と言われるくらいが関の山?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

難しいなあー。鈍感とか 敏感であるとか突詰めて考えたことが無い。
 感という文字だねー。 私の中では頭という文字を使っているようだ。

なんぼ こころに感じていても上手く表現できる力(語彙とか)持ち合わせてなければ伝わらないか。

哀歓を表す身体表現を読む力も要るしなあー。 解らないよ。

亀田弘毅君(?)を先日テレビで観て思った。素敵な感性を持つ青年だ。
人間て二面どころか三面も四面も持っているんじゃないかな。私もそうだ。分からない処を生きて行く。

No title

>表現とは、自分の気持ちや思いを正確に伝えることが目的ではなく、 いかに相手に正確に理解してもらえるか、を考えなければならないと思います。
 人は一人ひとり様々な価値観や考えを持っていますし、自分には思いもよらないような人もいます。自分の思っていることだけを伝えても人は動きませんし、理解してもらえることはできないと感じています。相手にどれだけ正しく理解してもらえるか。それを考えならが、そして考えなくても伝えられるだけのレベルになる修業は積まなければならない、と思っています。」

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR