スイムのストローク数

 このところ左肩が痛いので(年中、あっちが痛い、こっちが痛いという年齢になりましたが)、右手片手のクロールで泳いでいます。キックはドルフィンを入れています。普通に泳ぐ時は25m(その内5m位は蹴伸び状態)で、22~23ストロークですが、片手ドルフィンだと15ストロークで泳げてしまいます。片手プルブイでも18ストロークくらいです。なんで片手の方がストローク数が少なくなるのか、不思議です。普通に泳ぐ時、キックはバランスを取る程度しか動かしていないので、ドルフィンで推進力があるために少なくなるのでしょか。プルブイを着けると下半身が浮くので抵抗が少なく、1ストロークごとに進む距離が少しでも伸びているのでしょうか。ヨーコに言わせると、片手の時の方がキャッチした後の伸びが良く取れていると言われます。いくら自分で意識しても、周りで見てアドバイスを貰えること以上の上達方法はないのでしょう。

 私はヨーコからは普段のストローク数が多い、と言われています。ただ、キックを打たないとストローク数を減らすと下半身が沈んでいきます。腕のピッチで推進力を得て泳いでいる感じです。ランニングにもストライド走法とピッチ走法があるので、スイムにも、人それぞれストローク泳法?とピッチ泳法?があっても良いのではないか、と勝手に考えています。特に、長距離を泳ぐときは、ランニングでも歩幅を短くするように、ストロークごとの負担を軽くするためにはピッチの方が良いような気がしています。本格的に水泳をしていた人には、どう足掻いてもかなわないので、スイマーと同じようなフォームや泳ぎ方を、そのまま真似ても上手くいきそうにありません。取りあえず、早く肩を直すことが先決です。たぶん後1週間くらいかな。

 12月に開催される全国高校駅伝の都道府県予選も大詰めになりました。昨日、愛媛県予選が行われましたが、母校は男女とも代表になれませんでした。今のところ、男子は、仙台育英がダントツの速さです。全国大会当日の気象条件次第では、42.195㎞を2時間00分台も夢ではないかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR