月の魔女の着替え

 12月10日夜、日比谷公園近くで肩を寄せ合って皆既月食を見ていました。と言うと多少ロマンチックなイメージ? でも、見ていたのは私たちを含め40歳~60歳代の男女9人。しかも忘年会後でかなりのご機嫌状態で。交差点の向こう側の交番には警察官が数名。騒ぎすぎには注意しましょう。

 そんな仲間の一人が、月食が何故起こるのか、の知識を披露してくれました。それは…。

 その回答の前に、この日は私たちにとって、とても寂しい日でもありました。長年、所属していたあるクラブを退会することを表しました。旦那の私が言うのも変ですが、ヨーコは人とのつながりを作るのが上手です。それは意識してやることではなく、彼女の自然な姿でそれができています。人と接することが好きなのでしょうし、性格もそのようです。ヨーコと一緒にいることで私も助けられて人との繋がりが出来ているとこともあります。そんな彼女に、折角できた人との繋がりは、損得抜きに大切にしていかなければならないよ、とかねがね言っていました。そんな私が、今回は自分の方から繋がりを切ってしまいました。中には20数年来お付き合いのあった方もいます。生涯を通じてお付き合いしようと思っていた方もいます。ただ、このままではいい思い出も消えてしまったり、これから先も自然体で接しられないと思っての決断でした。
 そんな日の夜に、別の仲間の人たちと時間を過ごすことができました。ランニングを通じて知り合った30年来の仲間です。その仲間の教えてくれた回答とは。

 月にはとても美しい魔女がいます。その魔女はとても恥ずかしがり屋さんで(そんな魔女がいるのか?とは突っ込まないでください)、ある夜、自分の着替えているところを地球に住む人から見られているのに気づきました。そのため、自分の姿を見られたくなくて着替えている間は月が地上から見えないようにカーテンを閉めるようになりました。それが月食の始まりとか。
 そして着替え終わると自分の美しい姿を見て欲しくて再びカーテンを開けるのだそうです。ですから、カーテンが閉まっているところを地上から見ていると、魔女は自分の着替えをのぞき見されているような気がして見ている人に呪いをかけてしまうのだそうです。なので、月食中は月を見ていてはいけないのだそうです。さて、私たち9人にどんな呪いがかけられてしまったのでしょうか。
 そんな話をできる仲間が、私たちの周りにいてくれる、とても嬉しいことです。その魔女がこの次着替えるのは3年後とのこと。きっとまた皆で楽しく魔女の着替えをのぞき見していることでしょう。

これから魔女の着替えが始まります
201112102.jpg

日比谷公園近くの有楽町のイルミネーション。

201112101.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No Title

 チョットだけ シュンとなり私の鼻っ柱がクシュンした。 そんな口上も
ありましたが、人の世の”別れと出会い”また何とロマンチックなお方との
出会いの よろしき哉。

 友人から聞かされた話。娘さんが、キミと同時代の北高卒業生。
「北高の優秀な生徒会長として、知らない者はいない」と言ってたよ。と。

 明日は、松山行き。 こころを奮い立たせて参ろうゾ。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR