年末恒例の日本漢字検定協会の今年2011年を表す漢字一字として選ばれたのは「絆」。それに倣って私たちも自身の今年を表す漢字を選んでみました。結果…。

 ヨーコは「卒」。「卒」は、広辞苑によると「雑兵、足軽」の意味だそうです。所謂一兵卒の卒ですね。勿論、ヨーコの卒はこの意味の卒ではありません。3月に大学を卒業、6月に教育実習を終了(これで教員養成課程を卒業)、そして12月に横浜鉄人クラブを卒業、の卒です。そしてここから次のステップに向けてスタートする機会としての卒です。
 
 私は「重」。練習不足による体重オーバーの意味もありますが、私が考えているのは言葉の「重み」。綸言如汗が死語になりつつある現代でも、やはり言葉の重さを疎かにすることはできません。言葉の重さは発信する側にも受け取る側にもあります。発言する側は、簡単に前言を翻したり、二転三転させることは慎まなければならないでしょう。受け取る側も相手の言葉を簡単に聞き流すこともするべきではないでしょう。
改めてそれを感じた今年一年でした。

 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/257-5689808d