今年も中島トライアスロン大会の要項が届きました。8月19日開催です。中島は、愛媛県松山市にあり、松山市の三津浜港からフェリーで約1時間、広島県境に近い瀬戸内海に浮かぶ周囲約30キロの島で、ミカンの産地として有名です。第1回が1986年7月に開催され今年で27回目で、キヨタは連続出場中です。参加者137人で始まった大会も今年の定員は500人。それでも参加希望者が多く、審議・抽選によって参加許可が得られます。インターネットや郵送による機械的な先着順でなく、審議によって選ばれる可能性がありますので、参加申し込みに当たっては、どれだけ大会に出たいか、という強い熱意を書いて添えます。

 キヨタがトライアスロンを始めた1985年頃の大会への参加許可は、実績のある人が優先されていたため初心者はいつになったらレースに出られるのか、不安を抱えたまま練習していました。宮古島や皆生という人気大会からは参加許可はいただけませんでした。ですから、愛媛県今治市出身のキヨタとしては、第1回大会が中島で開催されることを知って、便箋5枚くらいの嘆願書を書いて送った記憶があります。運よく参加許可を得られ、中島を何度か完走し実績を作って漸く、皆生や佐渡Aへの参加に繋がりました。
 
 この大会はこれまで、島が台風の被害を受けたり、サメ騒動があったり、何度か開催が危ぶまれた年もありましたが、島の方のご尽力もあり1度も途切れることなく続いています。トライアスロン大会では、特にスイムの場合、当日の天候によってはスイムが中止になったり距離が短縮されたりすることもありますが、中島は全ての年、3種目とも予定通りに開催されています。

 そのような経緯もあり、中島には強い愛着があります。ただ、この大会も一昨年からスイムでウェットスーツ着用が義務になってしまったのは残念なことです。キヨタやヨーコにとって、トライアスロンの魅力は水着ひとつで海を泳ぐことなのですが。

 今年も参加許可をいただけますように。
 


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/325-9c1dcc1c