4月30日(月・祝)。第24回横浜駅伝大会に参加しました。場所は港北区綱島近くの鶴見川ランニングコース。ここは私たちが普段ランや自転車の練習をしているコースでもあります。ですから、ここで毎年駅伝大会が開催されているのは知っていましたが、参加は今年が初めてです。昨年、キヨタと同郷同級生のいるチームの応援に行き、とても楽しそうな大会でしたので、参加してみたい、と思っていました。何が楽しいと言っても、仮装チームが多いということです。今年も多くの仮装、というか若しかしたらそれが本職?、という感じの人たちが沢山走っていました。脛毛の生えたセーラー服の女子高生?、筋肉質の脹脛のナースさん、スタイル抜群のラムちゃん、SF映画から飛び出してきたようなインベーダーなど。メイド姿位では目立ちません。もちろん、シリアスランナーも少なくありません。

 駅伝の距離は42.195㎞。区間配置は1区から7区まで、10㎞、3㎞、5㎞、8㎞、3㎞、5㎞、8.195㎞。今年のエントリーチーム数は662チーム。参加者と補欠や応援団を合わせれば5,000人は超えると思われます。コースは鶴見川河川敷にある樽町公園がスタート・ゴールで、河川敷ランニングコースを往復するものです。全区間ともランニングコースを走った後の中継点は樽町公園になりますので、中継地点は大混雑です。走り終わっても次走者が見つからないと言うケースも多くあります。中継点近くでゼッケン番号をアナウンスしてはくれますが、これだけのチーム数になると全てが伝わるわけではありません。中には、中継点500m位手前で、チームメイトが携帯電話で自チームのランナーが通過したことを、次のランナーへ伝え、ロスタイムを防ごうとしているチームもありました。

 さて、当日、キヨタは「多摩川クラブ潮風」チームで5区3㎞、ヨーコは「多摩川クラブ迅」チーム6区5㎞を担当しました。潮風チームの目標タイムは2時間50分。平均すればキロ4分。最短距離の3キロですと、11分そこそこで走らなければなりませんが、今のキヨタでは無理。最低目標14分30秒、できれば14分を少しでも切れればいいな、という感じなので、足を引っ張ること必定です。後は、普段ほとんどお会いするうことのない方々とタスキの受け渡しをするので、ロスタイムを出さないことに気をつけました。

 結果、キヨタは手元の計時で3㎞13分15秒くらい。ホームコースで500m毎にほぼ正確な距離の目安を持っていますから、ペースを掴むことは容易です。出だしの500m位はキロ2分15秒位のペース。その後700m位から先の1キロはキロ4分5秒で走りました。かなりオーバーペースかなとも思いましたが、無理なく体が動いていたことから、まあ兎に角行ける所まで、という感じでした。あわよくば12分台も狙えるかなと思ったのですが、ラスト700mからは全く足が動かず、何人かに抜かれました。それでもタスキもロスタイムなく繋ぐことはできました。半年前まで歩いても痛く、もうまともに走れないかなと言う膝痛の状況からすれば、よくここまで回復できたな、と言うのが実感です。ヨーコは5㎞を手元の時計で21分10秒位。ベストからすれば1分半は悪いですが、今の体調や練習からすれば相応の結果でしょう。

 二人ともレースとして駅伝にでるのはほぼ十年振りになりますが、一人で結果を負えるれーすとは異なり、やっぱりきつかったです。


 レース後は、多摩川クラブの打ち上げ会に参加。総勢40人ほどでした。一緒に練習させていただくようになってから日もないこともあり、ほとんどの方とお名前とお顔が一致しませんでしたが、楽しい時間を過ごさせていただきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/327-01325e71