琉球郵便

 2012年5月15日、沖縄が日本に復帰して40周年。
 私は1971年、復帰直前の沖縄に行きました。海洋少年団と言う団体に所属しており、その研修旅行でした。パスポートを取り検疫を受けての渡航でした。今治から一度大阪へ行きフェリーを乗り換えて行きました。観光やトライアスロンのレースなどで沖縄へ行かれたご経験のある方も多くおられると思いますが、「外国」としての沖縄へ行かれた方は少ないのではないでしょうか。

 研修と言っても、まだ小学生でしたから、記憶が定かではありません。ひめゆりの塔や守礼の門を訪ねたり、地元の少年団の方々とも交流をしたはずなのですが。ただ一つ覚えているのは観光バスのガイドさんが、「沖縄は、町の中に基地があるのではなく、基地の中に町があるのです。」と言う言葉。基地の防御フェンスのネズミ返しの向きがそうなっているのだそうです。

 沖縄が返還された当時の報道の記憶では、車両通行が右側から左側へ変更されることへの戸惑いくいらいしかありません。基地のことはどの程度報道されていたか、覚えがありません。今年3月頃に、新聞の投書欄で福島ご在住の女性が、小学生の娘さんから「なんで沖縄で産んでくれなかったの。」と言われたという投稿がありました。福島も震災で被害を受け原発問題も含め大変な状況は続いています。それでも沖縄にもまた、大きな負担が残されていると思います。

 
沖縄へ行ったときに買ってきた切手です。「琉球」と言う文字と金額の単位が象徴的です。

SN3R0722.jpg SN3R0721.jpg

日本国立ではなく、琉球政府立の博物館の記念切手です。
SN3R0720.jpg 

仲宗根豊見親は15~16世紀にかけて、宮古島平良を拠点とした、豪族であり英雄だったそうです。
SN3R0719.jpg

SN3R0725.jpg SN3R0726.jpg

SN3R0723.jpg SN3R0724.jpg

SN3R0729.jpg

SN3R0727.jpg SN3R0728.jpg

追記:
なんと無知!今日、時間があったので過去の画像のファイルを整理するつもりで、既にブログにアップ済みの写真をファイルから削除しました。そうしたところ、過去のブログ上の多くの写真も消えてしまいました。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR