2010.12.26 計画はSMARTに
 人のために何か新しいことを考えたり、何かを人に呼びかける時。自己満足で終わらせない為には、相手に反応してもらい易い状況を作らなければなりません。
 
Specific・・・・・・・具体的であること
Measurable・・・・計測化のであること
Attainable・・・・・達成可能であること
Relevant・・・・・・・適切であること
Time Phased・・・期限付きであること

 それぞれの頭文字をとってSMARTモデルと呼ばれています。それを周囲に伝えて、理解してもらえなければ、自分の意図することは達成できません。これらのことを理解してもらえなければ、いくら働きかけても、誰も動いてはくれません。周囲に働きかけると言うのは、なかなか難しいです。伝える手段は言葉、写真、絵画その他ありますが、一番重要なのは言葉だろうと思います。
 
 近頃『語感』という言葉をよく見かけますが、語感というのはやっかいで、同じ言葉でも、その言葉に対する感覚が自分と他者とでは違う場合が少なくありません。意思を伝える為に言葉で表現する時は、自分の気持ちにあった言葉や表現を選ぶより、相手がどのように受け取るかということを考えなければ、誤解を招いたり、喧嘩になったりしかねません。

 人に働きかけ、理解してもらうと言うのは、簡単なことではありません。けれど、それだけに、言葉や表現に関する力を磨き続ける楽しみもあります。

 先日、タイトルに関するコメントを書きましたが、今まで自分で書いた記事を読み返してみると、タイトルと結論が繋がっていないことや、記事の途中で方向が変わってしまっていることが多いのに、改めて気づきました。結局、今日も、そんな感じですね。
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/34-e4ab94ab