6月10日、第52回多摩川堤マラソン大会に二人で給水係として参加して来ました。前日までの天気予報と打って変わって朝から強い日差しが照りつけ、スタート前には気温が25度を超えているのではないかと思いました。給水係は忙しくなるぞ、と言う予感がしました。

 この大会は8㎞で、多摩川河川敷の未舗装道路の片道2㎞を2往復します。レースは2組に分かれ、男子29歳以下~40歳代までが9時50分に、男子50歳以上と女子全員が11時10分にスタートします。それぞれの組の参加者は概ね750人。ですから1か所の給水所に750人×2往復×2組で延べ3,000人が通過することになります。
 
 私たちが担当した給水所は私たちの他に78歳のベテランの方との3人。最初の組の時は人手が足りず、近くでご主人の応援に来ていた女性が手伝ってくださいました。

 多少のご不便はおかけしたとは思いますが、脱水で倒れる人もなく、無事終えられたことは良かったと思います。ただレース後、散乱した紙コップの回収作業は多少骨が折れました。

 この大会は、私たちがランニング練習でお世話になっている多摩川クラブが主催しています。この大会だけでも52回目の開催と言うことでもお分かりの通り、伝統のあるクラブです。ただ、大会役員や主だったボランティアの方々はかなりご高齢です。70歳代の方々も多くおられるようです。私達なんか洟垂れ小僧にすらなりません。それを考えますと、これから10年、20年先まで大会を続けて行くには、もっと若い人たちが積極的に関わっていかなければならないかもしれません。

 先日参加した新島トライアスロンでは、宿泊先の確保が大変だったようです。島の民宿の経営者が高齢で営業を止めていく所が増え、それに対し大会参加者が一気に増えたことが要因のようです。

 トライアスロンやマラソンのブームで、人気のレースでは参加することすらも困難になっていますが、運営自体もこれから困難が増していくかもしれません。

 どうしてもレースには参加したい、と言う気持ちが強いですが、時には大会を支える側に回ってみる人も増えないことには、レースの開催も出来なくなるかもしれません。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/343-581031ba