2012年夏、第1弾。しまなみ海道合宿その4(今治から弓削島編)

 8月4日早朝、最後の合流者が大阪から駆け付け総勢7名が揃いました。今回のメンバーは例年とは異なり、大酒飲みがいません。3日夜もアルコールを口にしたのは4人で、それぞれ生ビール中ジョッキ1杯と180㏄の日本酒を3人で飲んだだけ。23時前には就寝しました。ですから翌朝にはアルコールは全く残っておらず朝飯前に先ず、来島海峡大橋でラン練習もこなしました。健全な合宿です。
 
 今治港9時発の高速船で瀬戸内の島々を経由して弓削(ユゲ)島へ向かいました。
SN3R0146.jpg
弓削島へは凡そ1時間の船旅です。

船上から来島海峡大橋を見渡せます。
SN3R0095.jpg

最初の寄港地は大島の友浦港。村上水軍の拠点にも近い港です。大島は水産業、特に春の鯛網漁は有名です。他に石材業も盛んで、島内で切り出された石は大阪城の石垣にも用いられたそうです。今でも墓石などを中心に作られています。
SN3R0102.jpg

高速船の2階はオープンデッキになっていますので、潮風を受けながら長閑な瀬戸内の海の景色を楽しめます。
SN3R0105.jpg

SN3R0107.jpg

SN3R0119.jpg


2番目の寄港地は、伯方(ハカタ)港。伯方の塩で有名ですが、造船所もいくつかあります。
SN3R0111.jpg

伯方港を出て更に北へ向かいます。右に見えるのが広島県の生口(イグチ)島。多々羅(タタラ)大橋を挟んだ左は愛媛県の大三島(オオミシマ)。橋の上が両県の県境になっています。この辺りも潮の流れは速いです。
SN3R0118.jpg

3番目は岩城(イワギ)島。「青いレモンの島」と呼ばれ、レモンやライムの栽培が盛んです。
SN3R0124.jpg
SN3R0128.jpg

4番目は佐島(サシマ)。
SN3R0134.jpg

佐島と生名島(イキナジマ)を結ぶ生名橋を潜って弓削島に到着です。
SN3R0137.jpg

SN3R0201.jpg

SN3R0143.jpg
弓削島の地名は、中世、物部氏の一族の弓削部の荘園があったことから名づけられたというのが通説です。一方で島内には知る人ぞ知る弓削道鏡も祭られていたといわれる弓削神社があります。これは弓削部と同姓だったっことから後付されたとも言われています。ただ、神社の境内には「道鏡の金玉石」も残っているそうです。

港の直ぐ前にある施設です。島内の観光案内をしてくださったり、レンタサイクルもあります。ここを拠点にして、真昼間のラン練習に出かけました。
SN3R0148.jpg

先ほど、高速艇で下をくぐった生名橋より、瀬戸内海を眺めています。
SN3R0153.jpg
多少暑さでバテてきました。
SN3R0157.jpg
橋の上からは、こんな景色が眺められます。
SN3R0150.jpg
SN3R0154.jpg

弓削島と佐島を結ぶ弓削大橋。
SN3R0162.jpg

弓削島には松原海水浴場と言われる、とても綺麗な砂浜がありスイム練習をする予定でしたが、余りの暑さに予定変更。14時には4日夜の宿泊先である豊島(トヨシマ)へ向かいました(続く)。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

honey島へようこそ♪
(私物化しているわけではないですが・・)
次は島1周なんてのはどうでしょうか??
バイク練にはいいと思いますが・・・

わたしたち母娘はすっかりバリィさんファンです。

>honeyさん。
 キヨタは、40数年ぶりに訪ねました。他のメンバーは初上陸。とても楽しい時間を過ごせました。次回はバイク錬、目指します。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR