ハンガリーの動物に関する切手

 下の4枚は「Budapesti Allatkert=ハンガリーにあるブダペスト動物園」=の切手。1961年の発行で全部で10種類あるようですが、私の手元にあるのはその内の4種類だけです。ブダペスト動物園は1866年開園です。ただこの当時、ハンガリーの地はハプスブルグ家で知られるオーストリア帝国の支配下にあり、そのオーストリア帝国は翌年、プロセインとの戦争に負けるような状況でしたので、そのような時に動物園が開園されたというのも何か不思議です。因みに日本は江戸幕府末期で、この年、薩長連合が成立、江戸幕府最後の将軍となる徳川慶喜がその座につきました。世界各地で近代へ向けての動きが始まりつつある頃でした。

ブタペスト動物園1 ブタペスト動物園2
ブタペスト動物園3 ブタペスト動物園4

下の2枚は同じハンガリーの切手ですが、狩猟協会に関する物です。発行は1964年。
左は「Sus acrofa=いのしし」
右は「Ovis Musimon=大角のヒツジ」
発行の趣旨として、「これらの動物は貴重なので捕獲しないようにしましょう。」というのか、「捕獲したことがありますよ。」ということなのか、分かりませんでした。
ハンガリー狩猟1 ハンガリー狩猟2

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

何時頃のことでしょうね。この様な切手を手に入れたのは、と思っています。小学生のころに
 「世界の切手」を通信販売で蒐集していたのは知っていますが、こんなに広範囲なものであったかなー?です。
 しかし、よく読んでいますね。
      楽しませて貰っています。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR