下の4枚は「Budapesti Allatkert=ハンガリーにあるブダペスト動物園」=の切手。1961年の発行で全部で10種類あるようですが、私の手元にあるのはその内の4種類だけです。ブダペスト動物園は1866年開園です。ただこの当時、ハンガリーの地はハプスブルグ家で知られるオーストリア帝国の支配下にあり、そのオーストリア帝国は翌年、プロセインとの戦争に負けるような状況でしたので、そのような時に動物園が開園されたというのも何か不思議です。因みに日本は江戸幕府末期で、この年、薩長連合が成立、江戸幕府最後の将軍となる徳川慶喜がその座につきました。世界各地で近代へ向けての動きが始まりつつある頃でした。

ブタペスト動物園1 ブタペスト動物園2
ブタペスト動物園3 ブタペスト動物園4

下の2枚は同じハンガリーの切手ですが、狩猟協会に関する物です。発行は1964年。
左は「Sus acrofa=いのしし」
右は「Ovis Musimon=大角のヒツジ」
発行の趣旨として、「これらの動物は貴重なので捕獲しないようにしましょう。」というのか、「捕獲したことがありますよ。」ということなのか、分かりませんでした。
ハンガリー狩猟1 ハンガリー狩猟2

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/398-62577d1f