働きかける力=LEADER

 毎週水曜日の朝日新聞朝刊で、天野祐吉氏が『CM天気図』というコラムを連載されています。11月17日は「ことばが浮いてますよ」というタイトルでした。
 近頃の社会問題に対するセンセーショナリズムなマスコミの批評的な報道に対し、誇大な表現のハンランすると読者は不感症になり、また言ってらぁ、という反応しかしなくなるのだそうです。そうなると、国が滅びてしまうのではないか、と心配されています。
 また、マスコミにとって批評は大切な仕事ではあるが、批評の本質はホメたりケナシたりすることではなく、「つくりかえの提案」をすることだと言った人がいる、と紹介されていました。

 確かに、人は(勿論、私も)他者を批評し評論する時、「私ならどうする。」「どうしたら良くなるか。」と言うことを忘れがちかもしれません。さらにそれを行動に移すことは極めて少ないのだろう、と思います。

 私は今、趣味を共通とするある団体で事務局という立場にあります。団体の運営に対し、企画を出したり、取りまとめをしたり、というのが役目です。事務局に対し、「ああして欲しい。」、「これはどうなんだ。」という話は出てきます。
「こうしたらどうだろう。」とまでは出てくるのですが、「ここは自分がやりましょう。」と言う言葉は聞かれません。私も、事務局と言うのはそのような立場であることは理解しています。しかし、メンバー一人ひとりの主体的な取り組み姿勢がないことには、団体としては成り立っていきません。残念なことです。

 ただ、そんな愚痴をこぼしているだけでは、私もまた批評家の一人に過ぎなくなってしまいます。事務局として、一人で動きすぎたかなぁ、という反省をしています。これからは、自分で動くのではなく、働きかけることをより意識していこうと思います。
 「働きかける力」とは、提案し、人を巻き込み、賛同してもらうことだ、と言われています。そのためには、傾聴(Listen)、説明(Explain)、助力(Assist)、討議(Discuss)、支援(Empower)、遂行(Respond)が求められます。頭文字をつなげると「LEADER」=リーダーの要件になるようです。どこかの国の内閣のように、有言実行が言葉倒れにならないよう、働きかけを続けていこうと思います。

 さて素人トライスリートとして、昨日(17日)の練習は、スイム2.400mでした。メインは500m×4本(7′34″,7′50″,7′48″,7′28″)でした。2,3本目は多少落ちましたが、4本目はヨーコにペースメイクしてもらい、満足な結果でした。ヨーコの昨日のベストは7′13″で余り調子は良くないようです。
 昼間予定していた、横鉄の入会予定者との若葉マーク自転車練習会は雨のため、中止になりました。
 18日は横浜みなとみらいランニングステーションでのラン練習日です。大田原に向け、レースペースより速いペースでの5KMです。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR