今日は予定を変更して、琉球郵便に描かれた女性の切手です。日本に復帰する以前に発行されたものです。
SN3R0026.jpg SN3R0027.jpg


キヨタのFacebookの友達が、オバマ大統領のFacebookに、先日発生した米兵による女性暴行事件に関し投稿したけれど、アメリカ人の反応がなかったとのことでした。一人でできることへの悩みなども持たれたようですが、大統領のFacebookに投稿できる行動力と意思には強く感動しました。

 更に思うに、この事件に対して、沖縄県民以外の日本人の反応も薄いのではないか、ということです。沖縄県の米軍に対する負担の重さは言われて続けていますが、その重さをどれ程の他都道府県民が同じように感じているか、と考えますと、アメリカ人の関心の薄さも想像できます。

 キヨタは沖縄が本土復帰する前に渡航した経験があります。まだ中学生でしたが、ガイドの方が仰った言葉で今でも残っているのは、「沖縄は、町の中に基地があるのではなく、基地の中に町がある。」とうことです。

 沖縄県にとって観光は大きな産業です。沢山の人が訪れています。人気の高いトライアスロン大会も開催されています。沖縄へ行った人たちには、「海が綺麗だった。」「人情に篤かった。」「泡盛が美味かった。」「完走できて良かった。」だけでなく、実際に目の当たりにした沖縄の姿も合わせて持ち帰り、周りの人に伝えてもらいたいものだと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/406-2254d2b0