メキシコオリンピックの切手

 1968年にメキシコシティで開催されたオリンピックの記念切手です。東京オリンピックの次の大会で、日本選手では、体操や、レスリング、重量挙げ(三宅宏美さんのお父さんや叔父さん)、マラソンの君原選手それにサッカーチームが活躍しました。切手の図柄にはメキシコ島南部にあるユタカン半島にあるマヤ文明やメキシコ中央部のテオティワカンの遺跡などが用いられています。

1212231.jpg 1212238.jpg

1212237.jpg

1212236.jpg 1212235.jpg

1212234.jpg 1212233.jpg

1212232.jpg

 2012年12月22日の朝を迎えました。マヤ文明の暦に基づいたとして、2012年12月21日に人類が終末するなどとの話も飛び交っていましたが…。 マヤ文明は、紀元前2,600年頃に興り、ピラミッドや神殿などの石造建築物を残したり、高等数学や天文学にも極めて秀でた知識を有していたそうです。ところがコロンブスがアメリカ大陸を発見した15世紀終盤には既に消失してしまっていたようです。密林地帯に発生した経緯や消滅の理由など、解明されていない部分も多いようです。
 
 因みに紀元前2,600年頃、日本は縄文時代の晩期です。精度の高い縄文模様の土器や漆を塗られた土器が作られていました。縄文時代の著名な遺跡の青森三内丸山遺跡は紀元前5,500~4,000年頃のものとされています。集落跡として竪穴式住居や大型掘立柱建物、墓地などが残されています。エジプトでは統一国家が形成されたころでもあります。

 ただ今回のマヤの終末論。単なる妄言や迷信として片づけてしまっていいのか、と考えてしまいます。身の回りや世情を振り返ってみますと、必ずしも穏やかなことばかりではありません。民族や国家間の争い事だけでなく、環境問題や相次ぐ犯罪等々、私たちの日頃の行動に対する警鐘ととらえてもいいのかも知れません。世界中を見れば、様々な状況の中で「明けない夜はない。」と、言い切れる人ばかりではないでしょうから。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR