今日は今治から一気に横浜までの乗車です。

今治発6時02分 510M 伊予西条6時40分着
伊予西条発6時48分 118M 坂出8時55分着。


今治から坂出の間の車窓風景です。
四国中央市にある川之江城。四国中央市は旧川之江市、伊予三島市が中心になって合併してできましたが、市の名称にはいろいろな意見があるようです。愛媛県の最東部にあり、香川だけでなく、徳島、高知の各県との県境にも近いです。中世から戦国時代にかけてもその立地から重要な地であり、川之江城は南北朝時代に伊予(現愛媛県)の河野氏が讃岐(現香川県)の細川氏に対する守りの場として築城されたそうです。
13010310.jpg

予讃線は海岸線と接して走っている所もあります。ここは海岸寺駅付近です。
13010309.jpg 13010308.jpg

多度津(たどつ)駅構内です。
多度津駅はJR四国の中で一番早く明治22年に開設された駅です。
毎年、鉄道記念日前後の週末に「きしゃぽっぽまつり」が開催され、操縦体験や保存されている車両に触れることができるそうです。

左:蒸気機関車に水を供給するための給水塔。給水塔の脇にあるのは「多度津駅 構内食堂」。本来はJR社員食堂ですが、一般の人も利用できるそうです。
右:ディーゼル機関車DE10-1。写真には取れませんでしたが、C58-333や旧式の客車や貨物車も保存されているそうです。
13010306.jpg 13010307.jpg

丸亀城。車窓からの写真では分かりづらいですが、高い石垣の上に築かれた天守閣は、国内に12しか残っていない現存天守(建てられた時から一度も壊されず、そのまま残っている天守閣)の内の一つです。
13010305.jpg

これも車窓からの遠景ですが、遠くに写っているのは「こんぴら船々」でお馴染みの象頭山です。山の向って右上が頭でそこから顔から鼻のように緩やかな斜面になっています。頭の左が大きな体のように見えます。
13010304.jpg

別名、讃岐富士と呼ばれる飯野山。標高は422m程です。岡山から瀬戸大橋を四国に向け渡ってくると最初に目に入る山です。讃岐平野にはこのように、ぽこっと盛り上がった山がいくつもあり、讃岐七富士とも言われています。
13010303.jpg

坂出で瀬戸大橋線に乗り換え、本州に向かいます。
坂出発9時09分 3116M 岡山9時47分着
この日は天候は極めて良かったのですが、混雑のため瀬戸内海の眺めを撮影することができませんでした。

岡山発10時13分 1310M 相生11時19分着
相生発11時20分 952M 姫路11時39分着
姫路発11時57分 3460M 
米原14時23分着

往きは夜明け直後の為、良く見えなかった明石城。
13010302.jpg

米原発14時30分 224F 大垣15時02分
関ヶ原付近は雪景色。この冬初めて雪を観ました。
13010301.jpg

大垣発15時10分 5338F 豊橋16時37分着
豊橋発16時42分 968M 浜松17時15分着
浜松発17時20分 456M 熱海19時52分着

 
岡山以降、かなり頻繁に乗継をしなければなりませんでしたが、ずっと座っていることはできました。

熱海発19時56分 940M 横浜21時15分着
最後の乗り換えも無事済ませました。

今治から横浜まで15時間13分、878.2㎞の乗車でした。
鬼の大笑いを気にせず、次の年末年始休暇はカレンダー通りなら9連休。もっと有効に青春18きっぷを使えそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/443-fcb7761b