ここ数日、左肩と肩甲骨周りに痛みがあり、疲れが溜まっているなぁと感じていました。泳いでいても違和感がり、ランニングの腕振りもしづらいくらいでした。行きつけのマッサージ店に行こうと思っていました。ところが、昨日行った、これまた行きつけの床屋さんで、散髪の後、ほんの2,3分だけでしたが、肩をも揉みほぐして貰え、随分楽になりました。お蔭で、昨日と今日、スイム500mのインターバルで、プルブイ付ながら8分丁度で泳げました。ラン練習でも普通に走ることができました。

 最近は言葉使いも難しく安易に使うと、差別用語とか職業蔑視とか言われかねないので、「散髪屋さん」と言う言葉を使ってもいいのかどうかわかりませんが、キヨタの行きつけの床屋さんは当に散髪屋さんという表現がぴったりの所です。ヘアサロンというような場所はどうも苦手で、なかなかお気に入りの散髪屋さんを見つけるのは難しいのですが、今の住まいに移って直ぐ見つけた店で、もう6年余り通っています。60歳代のご夫婦が営んでいて、主にご主人が対応してくださいます。忙しい時に奥さん、そして極めてまれに義理の娘さんが手伝っておられます。初めて行った時から思い通りの長さと形にしてもらえ、以来、阿吽の呼吸と言うのでしょうか、今では店を訪ねて顔を合わせれば後は「ああして欲しい」とか「長さはこれくらいに」と言う言葉を交わさなくてもいつも通りに刈り揃えて下さいます。因みにキヨタは裾を借り上げてもらっているのですが、バリカンは6ミリで調整し、薄さが気になる前頭頂部は少し長めに残してくれます。

 さらに気に入っているのは、ご主人が調髪中に必要以上に話しかけてこないことです。お店の人との会話も一つの楽しみかも知れませんが、球の休みの散髪中、物思いに浸りながら寛いでいたい気もしますので、余りあれこれと話しかけられ続けても疲れることもあります。その点でも意気投合している感じです。
 
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
 
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/463-cb3b83fa