「春なのに」

 マスクは冬の季語でしょうか、春の季語でしょうか。旧暦での春は、今の1~3月らしく、それなら春の季語でもいいのでしょうが、現代はもっと現実的に春のマスクも珍しくはなくなりました。
 
 2月28日の横浜地方は穏やかな陽気でしたが、気のせいか吸い込む空気が生ぬるいというか、なんか妙なにおいがするように感じました。春霞と言う長閑な空ではなく、黄ばんで見えたのも気のせいでしょうか。
 3月1日は月も変わり春一番が吹き荒れました。朝から砂埃混じりの強い風で前日とは異なった空気の汚れを感じました。そしてキヨタの花粉症も本格的に発症しました。鼻はグズグズ、目頭は痛痒く、くしゃみも止まらず、まさに花粉症のデパートのような感じでした。こんな風なら、鶴見川ランニングコースの寒風の方がまだ、ましです。
 
 「春なのに」という、中島みゆきさんが作詞・作曲され、柏原芳枝さんが歌った曲があります。1983年に発表されました。今でもこの季節になると懐かしのメロディなどで時々耳にすることがあります。卒業がテーマです。その歌のテーマとは全く違いますが、キヨタの悩みも「春なのに…。」です。早く梅雨が明けて夏が来ないかな。

 3月2日は港区SCランニングクラブの仲間と、観梅ジョグ&綱島温泉を楽しみました。梅の名所「大倉山公園」から鶴見川、そして綱島公園を回り凡そ10㎞を走りました。その後は、恒例の綱島温泉で体を温めた後、宴会。温泉には電気風呂があります。若いころは電気風呂には高齢者の方が入る者と思っていましたが、入ってみるととても気持ちが良かったです。そんな年になったのかなぁ。肩の痛みも取れました。

 3月3日は鶴見川ラン練習12㎞。二日酔いもなく、冬の風の中、気持ちよく走りました。
 
大倉山公園の梅は見ごろでした。
1303035.jpg
1303034.jpg
1303031.jpg

綱島公園の桜の蕾はまだ固い。
1303032.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

成田の僕も、一昨日までは、あれ、ひょっとして花粉症軽くなった?なんて思ってたのに、昨日から花粉症本格化で、もう目は痒いわ、鼻も機能しないわ、でしんどいです。な〜んにもしたくなくなっちゃいます。春なのにw。

僕は昔、横浜の綱島に住んでいて、大倉山公園は
よくいきました。とても懐かしい昔を思い出す記事です。昔から梅は綺麗でしたよ。

>J.A.ガビーさん。
  本当に辛いですね。飛散量はまだまだ増えるのでしょうね。憂鬱です。瀬戸内ではめばるや鯛の季節なのですがね。

>Hさん。
  私たちは綱島に引っ越してきて6年目になりますが、梅園には初めて行きました。今週末には梅祭りが開催されるそうなので、もう一度行ってみようと思っています。鶴見川沿いの桜並木も心待ちにしています。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR