スイム1,500mタイムトライアル

 キヨタの泳ぎ方はヨーコに言わせると「でんでん太鼓みたい」だそうです。自分で自分泳ぎは見れないので良く分かりませんが、左右にブレて伸びがないことから、そう表現するのだそうです。確かに自分でも、疲れてくるとバタバタしてくるのは感じています。そのような時は、私の息継ぎは右側なので、左手を入水した後、息継ぎまでにほんの少しの間を入れることを意識するだけでも多少は違うのですが、なかなか続けられません。あと最近意識しているのは、水中の腕(掌)の動きです。キャッチしてから真っ直ぐ顔の下に引き寄せ脇を通って後ろにプッシュすることを心がけています。スイミングスクールのコーチなどからはS字の方が水中で長く水を掻くことができると教わっていたのですが、水の中で掌をこねくり回す癖もあったのでしょうが、直線的にプッシュすることで一掻き毎の力強さは増すようで、25mプールでのストローク数も減ることはありません。またS字に動かすことで体のブレが出てしまうような気がします。それと、プッシュの、特に水中から上げる最後の時に、掌がななめでも上を向いてしまうと反作用として下半身が沈んでしまうはずなので、真っ直ぐ後ろ、というのも強く意識しています。それでもなかなか、2年前の自分でも驚くような楽に早く泳げる状態までは、もう戻れないかも知れない、と言う不安も増してはいます。

 そんな状態の中、3月21日、今年初めてのスイム1,500mタイムトライアルを行いました。結果は25分47秒。練習用水着で、現状ではこの程度かな? 最近のタイムトライアルでは、3月10日は1,000m16分47秒、3月14日は400m6分27秒だったので、何とか25分切りを目指しました。500mを8分20秒、丁度目標タイムで通過。その後少しバテはしたもののの、何とか粘り1,000mは16分43秒で目標よりマイナス3秒。ただ最後の500mは半分溺れかけで9分4秒もかかってしまいました。

 今後は、1回当たりの距離を伸ばすことと、適度に短距離のスピード練習を入れること。当たり前と言えば、余りにも当たり前のことですが、それが課題です。5月の新島大会までには最低でも25分切りまでには回復しなければなりません。

 ヨーコは相変わらず、500m7分前後を維持しています。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR