2020年に開催される予定のオリンピックでの実施競技の選考が行われています。元々、専攻されなかった競技8種目の中からレスリング、野球・ソフトボール、スカッシュが残り、その中からまた最後の一つが選ばれるとか。どの種目が選ばれても(外れても)それぞれのファンは一喜一憂でしょうがが、何故、時間をかけて、何度もの手続きを経て決めるのでしょう。最初に全てを決めていれば手間も暇もお金もかけずに良さそうなものに思います。うがった見方をすれば、段階的に選択する時間の中で、各競技団体がIOC委員への働きかけ(悪く言ってしまうと付け届け)、またはオリンピックへの拠出金の増額、その他?をする機会が増えていくだけのような気もします、が、それはさておき。

 スポーツの起源らしきものも切手に描かれています。いずれも、イエメンが1972年のミュンヘンオリンピックを記念して発行したものです。

先ずは話題の渦中にある Wresling
コスチュームからすれば、戦闘ではなくあくまでもスポーツでしょう。
20130602 (3)

Tennis 
ラケットを使わず手でボールを打ち返していますね。ネットもないようです。
20130602 (6)

Spear Tournament 
spear とは 槍(尖ったもの)で突くという意味があるようなので、刀で切りつけ合っているというより、馬上のフェンシングでしょう。tournamento なので1対1の対決ですね。ただ、着飾った衣装や馬の飾り付けからすると、これもまた実際の戦と言うより、スポーツ(または儀式)なのかも知れません。
20130602 (4)


Walk 
文字通り(図柄通り)、ひたすら森を歩いている? 競い合っているというより、みんなで何かを目指しているような感じがします。
20130602 (2)

Walking and Throwing
直訳すれば歩いて投げる。
ただ、上の4枚と比べると、石を投げようとしている人の顔がとても悲しそうで、向かって右わきには棒をもって監視しているかのような人、左へ向かって歩いて行く二人は石を投げ終わったのでしょうか、人間らしからぬように描かれています。もしかしたら刑罰か何かで、罪人に向けて石を投げつけている光景かもしれません。この一枚だけは雰囲気が違います。
20130602 (1)

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
(
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/488-a7cfe72f