日にちは遡りまして2013年12月30日午後6時過ぎ。その年最後の仕事を終えJR新宿駅から四国今治を目指して最初の乗り換え地、国府津(こうづ)行きの快速電車に乗りました。その日は青春18切符で東海道線を乗り継ぎ浜松まで。そこから夜行バスに乗り換え翌朝京都に5時到着。そこから再び18切符で東海道、山陽、予讃線を乗り継ぎ、今治到着予定は後2時過ぎ。凡そ20時間の旅です。
14011120.jpg

2013年12月20日に予讃線は開通100年を迎えました。予讃線とは伊予(愛媛県)と讃岐(香川県)を結ぶ路線ですが、当初は香川県内の多度津(たどつ)と観音寺(かんおんじ)間で愛媛県までは通じてなかったのですね。
14011123.jpg

14011117.jpg

記念の入場券セットが発売されていました。上から順に、高瀬駅、本山駅、観音寺駅。
14011124.jpg

多度津駅脇には鉄道遺産とも呼べるような建物や静態保存された蒸気機関車があります。
14011115.jpg

14011116.jpg

かつて蒸気機関車が使っていた給水塔が残されています。
14011122.jpg

給水塔の脇に「構内食堂」があります。鉄道員や地元の方が利用されるそうです。ここでお昼を食べたくて時間調整していたのですが、生憎の休業日。お楽しみは次の機会にとっておきます。
14011121.jpg


予讃線の車窓から。多度津からさらに西へ。短い区間ですが、線路は瀬戸内海沿いを走ってます。大晦日の瀬戸内は穏やかな天気でした。
14011118.jpg


観音寺で最後乗換。観音寺は毎夏、日本学生トライアスロン選手権が開催されており、全国の予選を勝ち抜いた大学生トライアスリートが集います。応援で4回来たことある思い出の地です。
14011111_20140111165449c24.jpg

なお、タイトルの「ほうじゃ、四国へ行ってこうわい。」とは、「そうだ、四国へ行ってきます。」の意味です。
今年の四国は、以前ご紹介しました、四国遍路開創1,200年です。また3月~10月まで、広島県と愛媛県の間の島々を舞台に「瀬戸内しま博覧会「瀬戸内しまのわ2014年」が開催され様々なイベントが企画されています。是非、お越しください。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/538-bf25b59b