4月4日

140402.jpg

今日の話題は「悪意はありませんでした」。

その前に、これは4月1日の写真です。横浜市の鶴見川沿いのラン練習コースにある桜。この時はまだ8~9分咲きで週末が見ごろかなと思っていましたが、その後の雨で満開になる前に既に散り始めています。雨に悪意はありません。
140403.jpg

練習コースのスタート地点近くにある『一本桜』(勝手に名付けました)。
140401.jpg

隣接する団地の灯りに映えるので夜桜見物には最適です。
140405.jpg

水温む鶴見川の照り返しも、春の陽光。
140404.jpg

 さて、本題。例えば…。
ある人から品物を買いました。ところが後になって、その品物はその人が盗んだ物だったと分かりました。盗まれた元の持ち主が、「それは盗まれた物だから、本当の持ち主の私に帰して下さい。」と言ってきました。さて、あなたはその品物を返さなければならないのでしょうか。

 近頃の話題に絡んで「悪意はなかった。」という言葉を聞きましたので少し気になりました。日常、悪意と言うのは、周囲に害を与えようとする気持ちに対して使われます。それで言えば「悪意がなかった」というのは、わざと人をだまそうとしたのではない、ということになります。多少の情状酌量の余地があるかも知れません。ただ、法律上での『悪意』は日常の悪意とはやや異なります。これは悪意に対する善意と言う言葉も同じです。日常使われる善意は、周囲のことを思い善い行いをしようとする気持ちや、周囲の言動を善いようにとらえようとする時に使われると思います。

 ところが法律上では、悪意と善意は、「知っていたか」、「知らなかったか」で分けられます。知っていたなら「悪意の第三者」、知らなかったなら「善意の第三者」として使われます。先の例で言えば、あなたが、その品物が盗品と知っていながら買ったとしたら、あなたは「悪意の第三者」となり品物を返さなけえればなりません。一方、盗品とは知らなかった(普通に注意していても気づかなかった)場合は「善意の第三者」となり返す義務はありません(勿論、日常使われる善意と言う意味で返すのは別です)。(※ご参照)

 今回の騒動。弁護士が「悪意はなかった」と言っているので、法律上の悪意として使っている言葉だと思います。日常の悪意とは区別して受け止めた方がいいのかもしれません。ただ、知っていながら過ちを犯したのか、本当に気づかなかったのか(普通の注意を払っていても間違えたのか)、またどの時点で誤りに気付いたのか。ご本人にしか分からないことでしょう(若しかしたら、ご本人にも分からなくなっているのかも知れません)。冷静に客観的な判断を待ちたいものです。

 (※)これはあくまでも、大まかな解釈としてご理解ください。裁判に限らず、テレビなどの法律相談でもありますように、同じ行為でも法律家一人ひとりによって、法律の解釈や考え方、またその時々の状況で結果は異なりますので、全ての場合に当てはまるものではありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR