このところ、スイムの感じが今ひとつとつ。練習が足りてないわけではないのですが、泳ぎ始めると直ぐに大胸筋が疲れてある程度のスピードでは長く泳げなくなっていました。これまで、調子が悪い時は胸、普通に泳げる時は特にどこも疲れず、極めて調子が良い時は広背筋が疲れる、というのが典型的な症状でした。

 昨夜プールで、隣で泳いでいる若い競泳経験者と擦れ違う時、彼の水中での掌が随分深いことに気づきました。自分を意識してみると、肘が90度以上に曲げられ、プルはかなり胸に近い(水面に近い)所で水を撫でているような感じになっていました。
 そこで、今日は、少し肘を伸ばし(感覚的には100度位)キャッチからプッシュを深めにやってみました。かなり良い感じでした。掌だけでなく、手首から肘の辺りでも水を押せているのが良く分かりました。ただ、この位置ですと、ストロークごとの負荷も重くなりますし、プッシュも少し深い位置から押し上げる感じになるので、少し筋力をつけるために、しばらく泳ぎこみをしなければ成らないとは思いますが。

 その練習をした後、昨日までと同じくらい肘を曲げてみると、やはり大胸筋が痛いくらい疲れます。よくよく考えてみると、キャッチしてから胸の近くまで肘を深く曲げる動作は、水中で腕立て伏せをやっているようなものだと、思えてきました。疲れる訳です。

 1500m22分台へ向け、踊り場状態が続いていますが、何なく脱出できそうなきっかけが掴めました。今、とても肩甲骨の間がとても痛いです。

 *******************************

 今日の練習はスイム3,000m。昨日よりは少しスピードを意識しました。
 2日連続で3,000m以上泳いだのは、久しく記憶にありません。
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/57-7adea621