2014.07.12 5+4=9
 今年も早いもので半年が終わり、各地で夏の甲子園を目指した予選が行われています。神奈川県も7月12日に開会式が行われ、190校によるただ一つの代表の座を目指しての戦いが始まりました。ただ190校とはいえ強豪私学の多い神奈川では、本音で甲子園を目指せる学校を挙げると両手の指でも余ってしまいます。それでもわずかな望みや各校の目標を果たすための試合が続くでしょう。昨夏の開幕試合で敗れた海洋科学高も2か月半の航海実習を終えた部員も合流しての参加です。夏の大会未勝利の旭丘高は1年生がたくさん入ってチームが生まれ変わったそうです。
 
ところで、 
8+2=10
8+3=11
7+3=10
5+6=11
5+7=12
算数の問題ではありません。野球は9人揃わなければチームを組めませんが、190校の中でも登録選手の少ない学校もあります。上の足し算は、2,3年+1年生=登録メンバーです。1年生が入ってきたことで漸く単独のチームとして参加できる学校であり、今夏で3年生が引退してしまうと秋の大会には9人揃わないかもしれない学校でもあります。そして私たちが応援するものの初戦で負けてしまうだろう学校でもあります。

タイトルの、5+4=9。大会当日まではもとより、試合途中に一人でも欠けてしまうと棄権または放棄試合となってしまいます。三浦臨海高校。単位制の学校だそうで部員の練習時間が合わないことが多いのだとか。それでも1勝した昨夏以上を目指しています。

殆どのインターハイ種目は地区予選を終え、大半の3年生が運動部活動を引退してしまっているこの時期、少しでも長い夏を戦ってほしいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
 
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/572-87611020