夜明けの瀬戸内。波は穏やかながら曇り空。この時間帯に瀬戸内の船上から海や四国の山並みを眺めるのは何十年ぶりでしょう。スカッとした夏空でないのは残念です。せめて雨さえ降らなければ、との思い。  

oka30.jpg

oka31.jpg
真ん中の一番高い山は、西日本最高峰の石鎚山です。地元の多くの学校の校歌にも出てきます。

 昨夜22時に大阪南港を出航したフェリーが、愛媛県西条市にある東予港に入港したのは朝6時。今夏、高校野球の甲子園に春夏通じ初出場した小松高校はこの近くです。東予港から今治市街地へは連絡無料バスで凡そ1時間。今治駅構内で朝食後、港へ移動、今治港からフェリーで岡村島を目指します。この航路は来島海峡を横断するので、時間帯や季節によっては、大きく巻いている渦や、急流下りの川の流れを思わせるような潮流を目の当たりにでき、小さな船ですとその潮に揉まれるスリルも味わえます。この日の朝は残念ながらめぐり合うことはできず、早くも楽しみの一つが無くなってしまいました。1時間ほどで岡村島へ到着。高齢過疎化の悩みを抱える島ですが、旅人には、ほっとした気持ちを抱かせる町並みです。海沿いの道を南へ歩いて10分ほどで宿に到着。そこは島の方が営んでおられる定員10人程の民宿。もともと小さな喫茶店だったのを、今のご主人が手作りで宿泊棟を増設されたとか。初日は私達だけの貸し切りです。

oka33.jpg
しまなみ海道の下を潜る航路。

oka34.jpg
今治は造船の町でもあります。

oka26.jpg
岡村港に近づきます。

oka19.jpg

oka18.jpg

oka27.jpg
私達がお世話になる宿です。

 一休みして、いよいよ岡村島探訪の始まり。地図上からは1周5キロくらいだろうと目測してランニングスタート。島の南東端から時計回りに走ります。左手には瀬戸内海と安芸灘に浮かぶ島が望め、右手の山の上にはミカンや柑橘類の樹木が見えます。2㎞程走ると、愛媛県岡村島と広島県大崎下島(オオサキシモジマ)を結ぶ越境の橋が見えてきました。明日、天気が良ければ、この橋を渡り県境を超え、大崎下島巡りもするつもりです。その橋の下を潜り岡村島の北側へ回りますと、今度は大崎上島(オオサキカミジマ)が見えてきます。この島は安芸灘の中でも大きな島で、漁業や農業だけでなく造船所もあります。
oka28.jpg

oka17.jpg

 この辺りまで来ると、どうやら岡村島一周は5㎞より遥かに長いのではないか、と思えるようになりました。既に3,4キロは走っているはずなのですが、漸く島の左半分を終えたところのようです。島の北端に来たところで目に入ったのは「正月鼻古墳公園」の看板。5世紀当初の箱型石棺4基が見つかり今は公園として整備されているそうです。この島に当時それだけの墳墓を造れる豪族がいたのか、と不思議に思えます。因みに正月鼻の謂れは、壇ノ浦の戦いで敗れた平家の残党が毎年正月になるとここに現れ、壇ノ浦の方角へ向かい一門の冥福を祈ったとことから、とのことです。鼻は、その名の通り、海に突き出た小さな岬(突端)を表しています。今治市は美人の街で、島内外だけでなく何か所も風光明媚な高い鼻がある街です。この古墳も天気が良ければ、明日の午後、詳しく探訪予定。

oka29.jpg


 ここから更に東進。崖と海に挟まれた細い道が続きます。途中、一人の釣り人と出会った他は、車はおろか人影すらも見かけません。7,8キロで小さな峠を越えると、漸く港のある街並みが見えてきました。なんとか雨に降られることなく、10㎞弱、1時間ほどの島一周の探訪を終えました。

  昼は、港近くにある最近できたばかりの「まるせきカフェ」で、島で採れた野菜たっぷりのそうめんで、腹ごしらえをします。このカフェは、島おこし隊の方々がはじめられたお店です。この

oka9.jpg

oka8.jpg


 宿に戻り、一服した後は砂浜へ海水浴に。ところが今にも雨が降りそうな雲行きで気温も海水温も上がらず、折角の綺麗な砂浜と海には人っ子一人いません。良く言えばプライベートビーチともいえましょうが、流石に冷たい海に長時間入っていることもできず、ものの10分か20分ほどで引き揚げ、お楽しみの夕食を待つことにします。

oka20.jpg


夕食のテーブルの上には地元の海産物が並べられていました。一際目を引いたのはアコ
ウの舟盛り。アコウは白身の魚で、漁獲量も極めて少ない高級なおさかなです。それだけも贅沢ですが、手のひらより大きな岩ガキやサザエ。そして棚に並べられた日本酒の一升瓶。天気の悪さを補ってもなお余りあるほどの心地よさを味わうことができました。

oka21.jpg

oka24.jpg

oka23.jpg

oka21.jpg

oka7.jpg

oka16.jpg

 明日は良い天気になるかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/577-4d68790d