中島のランコースは片道5㎞を1往復。スタート地点から3㎞近くまでは島の中心部を走るので、沿道の応援が多い。パンフレットを見ながらゼッケンと突き合わせ名前で応援してくれる人もいる。歩いていると、恥ずかしい。結局、その一番賑やかなところを歩くこと往復6㎞。ゴール地点脇に戻ってきた時は、制限時間まで残り丁度1時間…。

 レース当日の朝。ウォーミングアップのスイム練習。自分でも驚くほど調子が良かった。
ただ前日の練習の時から、どうしてもコースから左にずれてしまうのが気になっていた。泳ぎながら右斜め前を意識するのだけれど、どうしても修正できなかった。多分、痛めた左肩を庇うため左右のバランスが悪く右の掻きの強いためだろう。実戦では文字通り、肩の力を抜けばいいのだろうが、レースが始まってみると調子が良すぎるがために前に行こうと力が入ってしまう。右斜め前に向かって泳ぐ意識をし続けるが、気づくたびにコースから左に逸れている。なかなか万事うまくはいかない。泳いでいる間はそればかりに意識が行ってしまい、アップ時の調子の良さを感じることもなくスイム終了。浜辺に上がった時は31分を越えていた。それでもタイムほど順位は悪いような気はしない。中島大会は潮の流れによってその時々タイムは変わるのであまり気にはしなかった。
 バイクトランジッションに着いた時、ヨーコの姿は既になかった。良い位置でバイクに移っているようだ。バイクコースは片道10㎞を2往復。海岸沿いのため、いつもは小さな岬を回る度に風向きが変わり苦労させられる。今年は殆ど風を感じなかった。1往復目の折り返し手前でヨーコと擦れ違う。女性では1位のようだ。
 私はバイクに移っても、思っていた以上に体は動いている。調子に乗って少し重いギアで回し続ける。多分、これが悪かったのだろう。何事も、調子に乗りすぎては後でツケが来る。幾つになっても後先を考えられない。成長しないね。バイクが終わった時には足を上げる力は残っていなかった。

 歩いてもゴールすることに意義があるのか、歩いてゴールしても意味はないのか。来年は中島大会30回目の節目。今年は中島の神様に叱られた、として気を入れ直して精進しよう。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/580-dcd14abf