脾肉の嘆

1410253.jpg

1410252.jpg

1410251.jpg


 トレーニングコース脇の鶴見川河川敷もすっかり秋の気配。それでも半袖Tシャツとハーフパンツでも走り始めて5分も経たないうちに汗が出てきました。何か月かぶりの10㎞走。起き抜けの朝食前とは言え1時間4分もかかりました。5日前にプールで泳いだ3,800m1時間8分47秒とほぼ同タイム。この時は終始気持ち良く泳げたのですが、今は10㎞走る方がキツイ。

 シーズンオフのこの時期、何故かスイムに力が入っています。今月になって1日に4㎞以上泳いだ回数4回。今は、「速く」よりも「長く」を、意識しています。長く泳ごうとするとストローク数も25mを26~27になります。因みに普段の500m単位のインターバルでは22~23です。数が増えるとタイムは遅くなりますが1ストローク当たりの負荷を減らさないと長く泳げません。スイムの得意な人からは「大きく伸びて泳いで。」と言われますが、上半身の筋肉量が少なく本格的なスイム歴もないキヨタには難しいです。ですからランニングにストライド走法とピッチ走法があるように、スイムにもストローク泳法とピッチ泳法があっても良い、と勝手に思っています。それぞれの身体的特徴や適性によって見合った動きができれば良いと思っています。余計なことを考えず全身に無駄な力が入らず、楽しくおいる方がタイムも良いです。それに引き替え、ランニングはいつになったら元のように走れるのでしょう。「元」とは10㎞45分が楽しく感じられるペース。

先日、古くなったスラックスを処分しようとして最後のお別れに穿いてみました。胴回りはぴったりでしたが太腿の部分がきつくて穿けなかったスラックスでした。ところが今穿いてみると、胴回りはキツイけれど太腿の部分には余裕ができていました。こんなところで体型の劣化を実感するとは。
脾肉の嘆。中国の三国志の頃、劉備が長期間戦場に出なかった間に腿に無駄な肉がついてしまったと嘆いた故事から来ている言葉のようです。劉備と比べるのはおこがましいですが、腿の筋肉が落ちて胴回りに無駄な肉が増えた。これでは元のようには走れません。当分レースの予定はありませんが、お正月には恒例の今治市内の札所6か所巡りができるようにはしておきたい、と思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR