生麦魚河岸通りまつり

横浜市の北東端、鶴見川が東京湾に流れ込む河口近くに、鶴見区生麦があります。生麦というと1862年に薩摩藩士がイギリス人3名を殺傷し後の薩英戦争のきっかけになった事件の舞台です。生麦は江戸時代の東海道筋にあり2番目の川崎宿から多摩川を越え、3番目の神奈川宿(今の横浜駅の少し北東)の間にあります。場所柄、東京湾(江戸前)の新鮮な魚介類が豊富に獲れ、江戸時代には幕府に魚を献上する御菜8ケ村の一つだったそうです。最盛期には150軒の魚介商店が立ち並んでいたそうです。今では埋め立てられた工場地帯が近接していて、当時の面影を偲ぶことは余りできません。それでも、今でも当時の名残で旧東海道に面し魚屋さんが10件ほど残っており、凡そ500mほど通りは「生麦魚河岸通り」と呼ばれています。その魚河岸通りで毎年11月23日に「生麦魚河岸まつり」が開催されています。魚河岸の人情と技を残すために始められたそうです。ただ、今はその正式名称は「旧東海道まつり」と名称が変わっているようですが、魚河岸という響きの方が好きでし、名前からもお祭りの様子も覗えます。通り沿いに鮮魚やイカの丸焼き、そして青果を売る出店が多数出ることを知り、そしてこのお祭りの目玉である地元で採れた穴子の天ぷらと生麦丼を目当てに小春日和の鶴見川沿いをのんびりサイクリングで訪ねてみました。私たちの現居から6㎞程です。

 お祭りは9時からと聞いていましたが、お昼前に着いて軽く食事をしようと10時半過ぎに出かけました。しかし現地に着いてみると既に買い物を済ませ両手に大きなポリ袋をぶら下げた人たちが帰路についていました。通りには多くの人並が見えます。出遅れ? そして一番の目当てだった穴子の天ぷらを売るお店に着いてみると、100m程の列。順番を待っている間に品切れになってしまいそうです。生麦丼も魚料理も既に売り切れ。マグロの解体ショーもあったらしいのですが。地元の方にお伺いすると、9時から始まるから8時半頃には来てなきゃだめだ、と言われました。その方は美味しそうな長さ30センチほどの穴子の天ぷらの乗ったお弁当を買われていました。「見せてあげるけど、あげないよ。」と言われました。来年は8時半に来なくっちゃ。
1411232.jpg 1411236.jpg

1411239.jpg 1411237.jpg

1411238.jpg 14112310.jpg

 それでも、タコ焼きに鯵の開きと鮭のフレーク、高級梅(何故か和歌山産)を手に入れました。ただ、どうしても穴子が食べたかったキヨタのために、帰り道、丼専門店で念願の穴子丼を堪能しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

江戸前のアナゴ、房総側でも有名で、富津では名物料理になってます。アクアラインで是非どうぞ。

とはいえ、僕は瀬戸内海のアナゴが好きです!

J.Aガビーさん。
富津、一度行ってみます。

正月休みは今治で魚を堪能して来ようと思っています。
プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR