第24回新島トライアスロン大会 その2

1505265.jpg

第24回新島トライアスロン大会 
 その2スイム編「初めチョロチョロ、中パッパ作戦」

 キヨタ、レース前から考えていたこと。3時間以内完走に向けての第1関門はスイム1.5㎞。目標タイムは30分。トランジッションの時間(スイムを終えてバイク置き場へ移動し、更にバイクスタート地点を通過するまでの時間)を含めて30分と考えていますので、スイムをスタートして泳ぎ終わり砂浜へ上がるまでの時間は25~26分が目標。このタイムであれば、今のスイムの仕上がり状態ならそれほど釈迦力になって泳がなくてもクリアできるでしょう。昨年は、最初から全力で突っ込み、途中で息が上がってしまいました。その反省もあって、今年は「初めチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても力任せになるな」を心がけます。最初の500m位は準備体操の感じで入って行って、感覚を掴めたら少しペースアップするつもり。それでも最後のランの余力のためにも力まず終始リラックスして泳ぐことは意識しようと思っています。
結果からすると、タイムはほぼ目標通りの24分27秒(完走者418人中71位)。ただ「もう少しガシガシ泳げたかな。安全運転しすぎたかな。」との思いも。そう感じられるくらい、これまで参加した50回ほどのトライアスロンレースの中でも、ベスト5に入る良い感じで泳ぎ切ることができました。
 
 
スタート20分前。海水温は17度。ウェットスーツを着るかどうか、ぎりぎりまで悩んでいました。しかし海に入ると足先が刺されるように冷たい。ウェットスーツ着用義務のないレースではできるだけ着ないようにしていますが、流石に今年は水着だけでの挑戦は諦めました。今までウェットなしで泳いだ最低海水温18度で下が1度だけでも体感は随分違いました。ただ、今日の新島、波はほとんどなく、海のプールのように見えます。

 新島のスイムコースは1周約0.75㎞の三角形を反時計回りに2周回します。スタート後、ほぼ砂浜に並行して泳ぎます。その先の第1ブイを左に回り第2ブイへ向かうことになりますので、第1ブイ近くでの内側の混雑に巻き込まれないよう右側からスタート。少し大回りになりますが第1ブイを外側から回って行こうと思っています。新島大会のスイムは年齢や部門別で5つのグループに分かれて、それぞれ2分おきにスタートします。キヨタは第3グループ。46~67歳の男子約100人のグループです。この年代層でなら前の方で泳げるでしょう。

※冒頭の写真上、スタート地点から右へ向かい第1ブイを目指します。その後、右に見えるテトラポットと左に見える岸壁の間に設置される第2ブイを回りスタート地点に戻ってきます。

スタート直後にこのグループから3,4人先行して行きましたが無理に追うこともなく、スタート直後のバトルに巻き込まれることもなく思った以上にスムーズに第1ブイを回り終え第2ブイを目指します。例年、ここは潮の流れに逆らって泳がなければなりません。時には第2ブイが見えないほどの大きな波に見舞われることもありますが、今年は物足りないほどの穏やかさ。透明度も高く、心地よく泳げます。この辺りから2分前にスタートしたウェーブの中でスイムの苦手な人たちに追いつき始めます。ここでの注意は平泳ぎのキック。透明度の低いコースでは、目の前に突如、平泳ぎのキックが現れ、時には頭や腕を蹴られることもあります。今回は水中でも十分に前が見通せますから、余裕を持って避けて追い越して行けます。波がないので右にテトラポットを見ながら進めば、前に確認するためのヘッドアップをしなくてもコースアウトはしなくて済みそうです。予定通り「初めチョロチョロ」のペースで泳いでいます。

ただ、少し気になるのは私の直ぐ後ろを泳いでいる人の手が私の足の裏に何度か当たること。スイムでは人の直ぐ後ろを泳ぐと流れができるので楽になります。ですから、普段の練習やレースで、技術や戦術として人の後ろを泳ぐことを勧め、実践している人も見かけます。しかし私は、そんな小手先のことよりもしっかりとした泳力をつける方が先決だと思っています。ですからこのような状態になると、いつもなら結構イラッとするところですが、今は泳ぐペースだけでなく気持ちも落ち着いているのでしょう。「私の前に流れはない。私の後に流れができる。付いてくるなら付いていらっしゃい。」と余裕の泳ぎです。    
そんな感じで第2ブイも問題なく左折。ここは第1から第2ブイの逆で、例年は強い追い波に乗れるコースですが、今年はそれほど強くはありません。ここでは右手にある新島港の岸壁を目安に泳いで1周目を終えます。

一度砂浜に上がり、息を切らせることもなく2周回目へ。ところが2周目の第1ブイ手前でコースの左側(内側)に入ってしまいました。私の更に内側斜め前に1人、そして外側斜め前では2,3人が泳いでいます。このままの位置では第1ブイを回る時に外側から回り込まれて押さえられてしまいそうです。この時だけ少しダッシュして何とか前へ出て無事、ブイを回り終えました。今回最初の「中パッパ」でした。

ペースを戻し第2ブイへ。気持ち良く泳いでいたら、また足の裏を後ろから何度か突かれました。振り向けるわけでないので感覚的には1周目と同じ人でしょうか。周囲にはそれ程人はおらずスペースは十分あるので、その人は意識的に私の後ろを泳いでいるのでしょう。またか、と思いつつも多少のゆとりを持ちつつ泳いでいます。ところが突如、後ろから足首を掴まれました。さすがにカチンと来ました。海で泳いでいる人の足首を後ろから掴むなんて、未必の故意ですよ。まぁ、そんな人は相手にせず2度目の「中パッパ」で引き離しました。

そんなこともありましたが、今回は終始、全身に無駄な力が入らず気持ちよく泳げました。今から思えば、レースとしては「中パッパ」の距離をもう少し長くするべきだったかも知れませんし、その余力もあっただろうと感じています。ただ、ランに不安が残る状態では、これで良かったのでしょう。
      (バイク編へ続く)

宜しければ1ポチお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyo & yoko

Author:kiyo & yoko
努力は必ず報われるとは限りません。しかし、努力をしないと何も始まりません。いくつになっても努力を続けステップアップしていたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR