第24回新島トライアスロン大会 その5
TriathonTeam Big Lake編(来い来いサギと言われても…)
201506042.jpg


 今年の新島にはビッグレイクから『きっこ』さん、『おたべ』ちゃん、『河童(ヨーコ)』の女性3人、男性は『いわっちょ』と私『四パー』の2人が参加しました。新島大会には3人一組でエントリーする「チームの部」があります。一人ひとりのタイムを合計し競う団体戦です。チーム戦には男子、女子、混合の各部があり、ビッグレイクは女性の部にエントリーしました。河童の不調を他の二人の健闘でカバーし、3位に入賞することができました。来年は、男性も含め複数のチームでエントリーできれば、と思っています。

201506041.jpg

201506043.jpg

BigLake1_2015060310081758a.jpg

 その『いわっちょ』と『河童』、そして私は、ビッグレイクに入会する前からのトライアスロン仲間です。付き合いは10年余りになります。 『いわっちょ』と『河童』が同い年ということもあり親しくしていますが、これまで同じレースに出たのは2,3回しかありません。実力は『いわっちょ』の方が上。特に、長いレースではバイクが得意な『いわっちょ』に私は全く歯がたちません。同時スタートとなった今年、レース展開としては、スイムが得意な私が先行し、『いわっちょ』がバイクのどの地点で追いつくか、そしてランで私がどこまで粘れるか、という予測です。

 スイムを終えトランジッションの場でも、『いわっちょ』の姿を見ることはありません。今回の私のスイムの調子なら少しは引き離せただろうか、と思います。1周約13㎞を3周回するバイクコースでは、各周回の最初の方に往復3㎞ほどの折り返しがあります。ここで4,5分ほどの差なら先行・後続の参加者と擦れ違います。バイク1周目の折り返しでもまだ見えません。その内追いついてくるだろうな、と思っていましたが、2周回目の折り返しでもまだ確認することができません。このまま2周回目が終わるまで逃げ切れるかな、と思いつつペダルを漕ぎ続けます。ところが3周回目の折り返しでもまだ姿が見えません。そのまま追いつかれることなくバイクを終え、ランへ。

 ランは一部周回になっている5㎞の折り返しコースを2往復。コース中、往復凡そ3km弱が折り返しのため、バイク以上に擦れ違う時間は長くなります。そのラン1往復目の折り返しを過ぎて漸く『いわっちょ』の姿が見えました。差は凡そ7~800m。このまま逃げ切れるかどうか、まだ自信はありません。
 そして2往復目の折り返しを過ぎて再び『いわっちょ』発見。差は400m位まで縮まっているでしょうか。それでも後2㎞。このままなら逃げ切れるだろうと思った私は『いわっちょ』と擦れ違う時、「ここまで追いついて来い。」と声を掛けました。勿論、本音は「追いつけるはずはない。」との余裕の気持ちです。その後、ややペースダウンをしながらもゴールまで残り200mくらい。自分の目標はクリアできる、と思ったところに、後ろから聞こる『いわっちょ』の声。「キヨさん、追いついたよ。」

 振り返ると僅か20m程後ろに『いわっちょ』が。本当に追いついて来るとは思わなかった私。一瞬、二人並んでゴールしようか、との思いも横切りました。しかし、そんな刹那の思いとは裏腹に私の体はラストスパート。今回のレースの中で一番心拍の上がった200mでした。『いわっちょ』が後ろから声を掛けないまま私に追いついていたなら、二人並んでゴールしていたことでしょう。しかし、『いわっちょ』は多分追いついた嬉しさに思わず声が出てしまったのでしょうね。最後は心優しい『いわっちょ』と意地の悪い私の差がでたのでしょう。
 『いわっちょ』によると、「追いついて来いよー!って言うから頑張ったのに。来い来いサギに引っ掛かったw」。いえいえ、例え大人げないと言われようが、どのようなレベルであれ、そして相手が誰であれ、レースである以上は最後まで競い合いなのだ。来年はチーム戦にエントリーしようね。
 
 (年齢編に続く)

宜しければ1ポチ、お願いします。
 ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/630-4f526c5a