201507272.jpg


「町内会で戸締りをちゃんとして未然に戦争を防ぐ法律」が安保法案だ、とのこと。 「集団的自衛権を行使すること」が何故「町内会で戸締りをすること」なのか、理解力の足りないキヨタにはどうしても納得に至りません。「戸締りをする」とは招かざる客が外から自分の家に侵入してくることを防ぐために中から鍵を掛け、雨戸を閉めることだと思うのです。町内会でなく、一人ひとりが個別に行うことだと思うのです。

201507271.jpg

勿論、地域全体の安全や景観を保つために地域ぐるみで活動することは必要です。しかし、安全パトロールと、近所に出没している不審者を町内会の人と一緒に追い返す(退治する)ために護身用の刃物を持って自宅を出て行くこととは異なると思うのです。ましてやそれを「戸締り」と言う言葉に置き換えることは違うのではないかな、と感じます。
私たち個人は法律に基づく以外に銃刀を保持することはできません。例え護身用としても街中で銃刀を持ち歩いていると、銃刀法違反で逮捕されかねません。外敵から攻められた場合に備え国家として自衛手段を持つことと、個人が通り魔や不審者に備えて銃刀を持ち歩いて良いこととは異なる次元と思うのです。ですから、「戸締りをする」という表現にすり替えるしかないのでしょう。

201507273.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/638-cac9bc2d