「憲法は、意に反する苦役は禁止している。だから徴兵制は明確な憲法違反であり、解釈で変える余地はない」。徴兵制の復活を懸念する声に対し、「それはない。」と言い切る政府。本当にそうなの? 理解力のないキヨタは納得できません。
11787479_446369348821510_1992262737_n.jpg


意に反する苦役を禁じているのは日本国憲法第18条。
『何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いてはその意に反する苦役に服させられない。』

 この条文が徴兵制復活はない、とする根拠。しかし、キヨタの考えるポイントは『意に反する苦役』というところ。言い換えれば自ら進んで自らの意思で苦役に服するのは憲法違反ではない、というのは単なる屁理屈なのでしょうか。自分の国や友好国、そしてその周辺の紛争を解決するために護身用の武器を持って活動することは国民としての当然の義務であるばかりか美徳である、となればどうなるのでしょうか。活動に参加することで経済的に、また社会的地位で厚遇されるとなればどうなるでしょうか。自ら進んで苦役に参加する人が増えてもおかしくないでしょう。
これは決して絵空事ではない、と思うのです。僅か70数年前まえの日本の学校教育や世情、さらに報道はどうだったのでしょうか。自ら志願して国や家族を守るために命を投げ出すこと、そればかりか他国民を害することも厭わなかった若者を導いたのは誰でしょう。

11787433_446369325488179_1687423287_n.jpg

これから先の世情操作や教育次第では、紛争地帯へ国境を越えて自衛のための武器を持って出て行くことは本人の意に沿ったことであり、憲法の禁止する意に反する苦役には当たらない。さらに徴兵制、それ自体が苦役そのものには当たらない。となれば、憲法解釈を変更するまでもなく、徴兵制は日本国憲法第18条違反ではなくなります。

11802009_446365998821845_132968965_n.jpg

11798017_446366195488492_2098219416_n.jpg

 平和を保つことは大切なことです。対岸の火事を黙って見過ごせ、と言う気持ちもありません。ただ、武力に頼らなくても国際紛争を解決し、また必要以上の刺激を他国に与えないことで紛争当事者にならない道は残されているはずです。

11749590_446369338821511_988291817_n.jpg
11787231_446366325488479_1414741460_n.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村

 
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/639-af69502b