『日本国民は(中略)政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し(後略)。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全生存を保持しようと決意した。われらは平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。(中略) 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。』

これは、日本国憲法前文の一部です。キヨタには、哀し過ぎるほどの性善説によって成り立っているとしか思えません。日本を含む世界中の人々が平和を愛し、他国を攻撃することがない、と信じています。その中で、日本国民が占めたいと思う名誉ある地位とはなんでしょうか。

 これを表したのが第9条でしょう。
『日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。』
単に、武力を行使しない、国際紛争の解決に寄与しないという消極的な態度ではありません。国際紛争を解決するためには、武力以外のあらゆる方策と叡智を駆使しなければならない。これこそが本当の積極的平和維持活動ではないでしょうか。

なお、この憲法前文を改正するとすれば、憲法改正手続きによらなければ改正できない、とするのが通説・判例です。

平和を願う気持ちは誰にでもあるのでしょう。

1508064.jpg

1508063.jpg

1508062.jpg

1508061.jpg
若き日のガンジーの肖像画です。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 今治情報へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://kiyoandoyoko.blog137.fc2.com/tb.php/641-d17a6f3b